嵐の活動再開時期はいつ? 櫻井翔が復活明言の理由、極秘計画をジャニーズ事務所と取り決め大野智も了承か

嵐

2020年末をもって活動休止することを発表した嵐が、復活への“極秘シナリオ”をジャニーズ事務所と取り決め、これには2021年から芸能活動を休止するリーダー・大野智さんも了承していると週刊誌『週刊女性』が報じています。

嵐は1月27日にジャニーズ事務所のサイト上で活動休止を電撃発表し、同日夜にメンバー5人で行った会見では、2020年末をもって嵐の活動を休止とすることや、活動休止を望んでいた大野智さんが2021年から芸能活動自体を休止することが明らかにされたものの、メンバーの不仲やグループの解散などはキッパリと否定しました。

また、同28日放送の『news zero』(日本テレビ系)に出演した櫻井翔さんは、メインキャスターの有働由美子アナウンサーから嵐の復活について聞かれると、「ありますよ!あります!いつかまた5人でそろってパフォーマンスというのを頭の片隅におきながら、2020年12月31日以降はそれぞれが準備して、活動していくことになります」と答えており、グループ復活を視野に入れた前向きな活動休止であることを強調していました。

『週刊女性』によると、櫻井翔さんのこうした発言は単にファンを喜ばせるだけのリップサービスではないといい、水面下では嵐の復活計画の青写真が描かれているといいます。

芸能プロダクションは嵐復活計画について、「大野クンの胸中は、キャンディーズが“普通の女の子に戻りたい”と言ったのと同じ。ただ、日本にいても一般人にはなれないので、海外留学という選択肢も考えられます。それでも、しばらくすれば、戻ってくるでしょう。“特定の期間を休んだら必ず復帰する”という取り決めになっていると思いますよ。嵐がなくなってしまうことがどれだけマイナスになるのか、本人もわかっているでしょうからね」と語っています。

2021年から芸能活動を休止する大野智さんは、3年ほど前から「自由に生活がしたい」という気持ちが芽生え、当初はメンバーに「活動を終えたい」と伝え、「事務所を辞めないとケジメがつかない」とまで考えていたことを明かしていたのですが、最終的には事務所に籍を残したまま活動を休止するという形で話がまとまったとしていました。

しかし、活動休止後は具体的にどのようなことをするのか、どれほどの期間活動休止するのかは明言せず、大野智さんがいつ復帰するのかは不明なのですが、前出の芸能プロ幹部は「休止期間は2年~3年ほどだと思いますが、その期間に稼げるはずだった売り上げは’20年までに先取りするつもりでしょうね」と推測しています。

また、大野智さん以外のメンバー4人は2021年以降、ソロ活動をしていくことになるわけですが、嵐を離れることによって新たな活動を始める可能性もあるといい、「派生ユニットを結成してCDを出すということは大いにあるでしょう。KAT-TUNの亀梨和也さんや山下智久さん、NEWSのメンバーとは関係性も深いですから。そこに、“タッキーがプロデュース”なんて付加価値もつければ、話題性もバッチリですからね」とレコード会社関係者が語っています。

『週刊女性』はこのように嵐の今後、復活時期について報じているのですが、これに対してネット上では、

  • 本当ならばファンの方々は嬉しいでしょうね。ただ、信憑性がどれだけあるのかは不明ですが。
  • まだ活動休止もしてない内からそんな青写真な話しやめてあげればいいのに
    とりあえず突っ走ってきてそれを一度リセットしたいのだから 今はそっとしておいたらいいのに
  • まだ2年後の休止が発表されただけなのに、もう復活の話なのか…
  • 2~3年後ならメンバーのほとんどが40代。誰かしら結婚もあるかもしれないし、現在の人気とは事情も変ってると思う。
    その時に復帰して、今の嵐のような価値があるかは微妙な気がする。
  • ゆっくり休んで欲しいとも思うし、復活して欲しいとも思う。やっぱり嵐が揃ってるとこ見たいもん。

などのコメントが寄せられています。

嵐のメンバーは活動休止発表会見でも笑顔を見せながら、いつもと変わらない様子でグループの活動休止や2020年末までの活動について語っていました。

また、大野智さんも活動再開はいつなのか明言は避けつつも、「一応、所属という形なので、個人的に思っているのはビジュアルだったり、体型だったりはキープしていこうと思っています。テレビに出なくなるといきなり、老け込んだりするじゃないですか。それは正直、怖い…。4人以上に気をつけて休もうと思います」と語るなどしており、仕事復帰やグループの活動再開を視野に入れた活動休止であることが感じられました。

しかし、『週刊女性』が報じるように、活動休止期間2年~3年程度でグループ復活となるとは思えない部分もあるのですが、嵐は年間数百億円を稼いでいるジャニーズ事務所の稼ぎ頭で、活動休止までの2年で3000億円以上の経済効果があるとみられているトップグループであるため、ジャニーズ側も5年以上の活動休止とはせず、メンバーの状況を見て少しでも早く復活させるために動きそうな気はします。

そして、活動休止中にはメンバーそれぞれが結婚の可能性があるとも囁かれており、特に二宮和也さんとフリーの伊藤綾子アナが最初に結婚となるのではないかとも予想されているのですが、2021年以降のそれぞれの活動とともに、私生活はどのような変化があるのかも楽しみなところですね。

参照元
  • https://www.jprime.jp/articles/-/14411
コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について