山口真帆がNGT48卒業発表、菅原りこ&長谷川玲奈も同時脱退…最悪の結末迎えAKSバッシングさらに強まる

山口真帆

昨年12月に、自宅マンションで男2人から暴行被害を受けたNGT48の“まほほん”こと山口真帆さん(23)が21日、新潟・NGT48劇場で行われたチームG最後となる「逆上がり」公演に出演しました。

山口真帆さんが公の場に姿を現したのは、事件がニュースで報じられた直後に行われた1月10日の劇場公演以来101日ぶりで、自己紹介する場面ではファンから大声援を浴び、「ありがとうございます…まほほんこと山口真帆でーす!ありがとうございます」と挨拶しました。

続けて、「本当にこの度は、ご心配をおかけして申し訳ありません」と一連の騒動を自ら謝罪して頭を下げ、「本日はチームGの最後の千秋楽ということで、チームGの一員になれて本当によかったなと思う毎日で、とてもチームGになってから、アイドル生活が楽しかったです。こんなチームGのメンバーと迎えられる最後の公演になりますが、今日の千秋楽を思い切りみんなと楽しんで、忘れられない公演にしたいと思います。よろしくお願いします!」とファンに語りかけていました。

<↓の画像が、チームG千秋楽公演に出演した山口真帆さんの写真>
山口真帆の千秋楽公演の姿

山口真帆さんは公演中、笑顔を見せながらパフォーマンスを披露していましたが、今回の公演の最後では「NGT48を卒業します」とグループからの卒業を発表し、山口さんと親しい菅原りこさん、長谷川玲奈さんも卒業することが明らかになりました。

<↓の画像左が長谷川玲奈さん、右が菅原りこさん>
長谷川玲奈&菅原りこ

山口真帆さんは公演終盤に卒業を発表し、「残り1ヶ月もありませんが、最後まで1人の人としても、NGT48として皆さんに今度は笑顔でまたお会いできたら嬉しいなと思っています。あと少しの間ですが、どうぞよろしくお願いします。」と語り、5月5・6日に行われる握手会が最後の参加で、5月18日に山口さん、菅原りこさん、長谷川玲奈さんの卒業公演が行われると発表しています。

以下が山口真帆さんが語った卒業発表コメントになります。

私、山口真帆はNGT48を卒業します。

今日はちゃんと紙に書いてきたので、皆さんへ今まで黙っていた思いを言いたいと思います。

私はアイドル、そしてこのグループが大好きでした。

だからこそ、このグループに変わって欲しかったし、自分が辛かったからこそ、大切な仲間たちに同じ思いをしてほしくないと、全てを捨てる覚悟で取った行動でした。

事件のことを発信した際、社長には「不起訴になったことで事件じゃないということだ」と言われ、そして今は会社を攻撃せず、加害者だとまで言われていますが、ただメンバーを守りたい、真面目に活動したい、健全なアイドル活動ができる場所であってほしかっただけで、何をしても不問なこのグループに、もうここには私がアイドルをできる居場所はなくなってしまいました。

目をそらしてはいけない問題に対して、そらさないなら辞めろ。
新生NGT48を始められないというのが、このグループの答えでした。

だけど、この環境を変えなければまた同じことが繰り返されると思い、今日までずっと耐えて最善を尽くしましたが、私にできたことはほんの僅かなことでした。

私には人の命より大切なものがなにか分かりません。

大切な仲間たちが安全にアイドルをできる毎日になってほしいと、心から願っています。

そして、私がこうして世間に発信してからも、寄り添ってくれたのは、(長谷川)玲奈と、(菅原)りこと、もふ(村雲颯香)でした。

みんなの今後が決まったらこの発表をすると決めていました。

今の私にNGT48のためにできることは、卒業しかありません。

ファンの皆様には、本当に申し訳ないと思っております。

(中略)

正しいことをしている人が報われない世の中でも、正しいことをしている人が損をしてしまう世の中ではあってはいけないと、私は思います。

(中略)

私がこれからできることは、今の苦しい姿ではなくて、笑顔で幸せな姿を見せて、皆さんに元気を与えることだと思います。

みなさんが私を助けてくれたように、私も困っている人に手を差し伸べられる人でありたいなと思います。

そして、今回のことで私はNGT48にならなきゃよかったんじゃないかって、思うこともありました。

だけどやっぱり、こうやってみんなでステージに立って、みんなで公演をして、ファンの方に声援を頂いて、メンバーのみんなやファンの皆さんと出会えたことが幸せです。

NGT48になってよかったと思います。
メンバーのみんなにも、ファンの皆さんにも、これからの人生を真っ直ぐに生きて、みんなには笑顔で笑っていてほしいなと思います。

【引用元:ORICON NEWS

山口真帆さんは20日19時過ぎに、有料会員向けメール「モバメ」で「いやだ」というタイトルのメッセージをファンに送信しており、メッセージの内容は一言「明日が来て欲しくないな」と綴っていました。

日付が変わる直前の20日深夜にもモバメをファンに送信しており、その内容は「チームGの公演も明日が最後です」として、「チームGの解散もスタッフさんの間だけで決められて、私はラインの連絡で知りました。悲しくて、悔しかったです」と暴露していました。

また、昨年12月に暴行被害を受けて以降のことについて、「あの日から泣きながら公演をやってました」と明かし、「1年も経たない間にチームが解散してしまうことになってしまい、ごめんなさい」とファンに謝罪の言葉を綴っていました。

そんな山口真帆さんは3月に、運営会社『AKS』が第3者委員会による調査内容の説明を行った会見後に送信したモバメで、「『卒業するときに推してて良かったって思ってもらえるアイドル』私なれなかったね。ごめんなさい」と卒業を匂わす意味深な言葉を綴っていました。

そんな山口真帆さんをはじめ、仲の良かった菅原りこさん、長谷川玲奈さんも卒業することが発表されネット上では、

  • この問題の終結がこれでは悲しすぎる。このまま終わらせてはいけない。
  • 可愛そうに…彼女はアイドルとしての夢を見ていただけだろうに…不憫でならない。
  • 山口さんと彼女を支えてきた仲間たちを卒業させる。運営は一番楽で最悪な手を打ちましたね。
  • 卒業…覚悟はしていたが、やはりそうなるのか。強い者は何をしても許され、弱い者は泣き寝入りせざるを得ない。そんな世の中はもう終わりにしてほしい。
  • あれだけ腐りきった運営とメンバーしかいないグループ。所属する価値もないし意味もない。賢明な判断だったと思います。お疲れ様でした。
  • 結局、運営側の思惑通り。事件の全容は明らかにならず、加害者グループと関係のあったメンバーは、これまでと変わらず、活動ができる。でも世間は絶対に納得しないだろうね。
  • ただ真面目にアイドル活動をしようとしていた山口さんと、その山口さんを擁護していた2人が卒業。
    犯罪者の黒メンが残って、真面目な白メンが去っていく。
    アイドルグループとして本当にこれでいいのかね。気持ちの悪い幕切れだわ。NGTはもう終わりだね。

などのコメントが寄せられています。

『AKS』は当初から、被害者である山口真帆さんに寄り添うのではなく、なぜか加害者側の擁護を続け、第3者委員会の調査でも複数のメンバーがファンと繋がっていることが明らかになったにも関わらず不問とし、さらには事件が解決していない中でチーム解散、新たに1期生と研究生に分けて活動していくことを発表するなど、理解しがたい不条理過ぎる対応を取ってきました。

それだけにこうした結果になることもある程度想定内で、正直驚きはそこまでありませんが、このような結末にしてしまった運営にはただただ失望しました。

これでAKSは騒動が収束すると思っているのかもしれませんが、山口真帆さんらを卒業させるという最悪の結末を迎えたことにより、ネット上では運営批判がより強まっており、今後もNGT48は白い目で見られるでしょうし、AKB48グループ全体にも大きな影響を与えるのは確実です。

NGT48はすでに全てのレギュラー番組やCMを失っているほか、活動の本拠地である新潟からもスポンサー契約を保留とされている状況ですが、山口真帆さんらを切ることで失った仕事を取り戻せると思っているのでしょうか…。

19日に『産経新聞』が報じた記事によると、山口真帆さんの暴行被害事件をめぐって、新潟県や新潟市に合計約2000件の意見や苦情がメールで寄せられているといい、苦情の大半は「新潟県のイメージダウンになるので、NGT48を広報に使わないでほしい」「NGT48との関係を切ってほしい」といったものとのことで、再出発を図ったところで厳しい状況が続くのは間違いないでしょうね。

2件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MTc4MzE3MDQ2

    まほほん仲良しグループ美人だけ消えた
    もはや肉のない鍋

  2. 2
    匿名
    ID:MjA5NDc4MzE3

    グループに残っていても運営、メンバーともギクシャクするし、やめて正解だと思うけど、あまりにも可哀想。
    やめた後に女優さんとして大成功して、あの時辞めてよかったねって言える状況になることを願う。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について