小林礼奈が前田敦子の悪意あるものまね披露しブログが大炎上!!謝罪するも批判コメント止まず!!『ものまねグランプリ』の動画あり

アイドル テレビ番組・映画 事件・事故・トラブル

小林礼奈 炎上

タレントの小林礼奈さん(こばやしあやな 22歳)が、今月22日に放送された『ものまねグランプリ ご本人も!あのライバル同士も!史上最強のコラボ祭SP』(日本テレビ系)で、元AKB48の前田敦子さん(22)のモノマネを披露しブログが大炎上する騒動となりました。

なぜ小林さんが前田さんのモノマネを披露し、ブログが大炎上してしまったかと言うと、モノマネの内容が前田さんを扱き下ろすような悪意あるものであったためで、小林さんはこの炎上を受けて新たにブログを更新しましたが、その内容が更に火に油を注ぐかたちとなり、現在も非難するコメントが殺到しています。

放送で小林さんは、包丁を紹介する通販番組風の設定で、「え~前田敦子です」と不機嫌そうに登場すると、鼻にかかるような前田さんのしゃべり方で、
「え~、なにこの包丁、すっごいよく切れる!」「こうやってたまねぎを切ってると、たかみなのこと思い出したり、私女優なのに演技が下手とかってネットでたたかれたりとか、女優人生お先真っ暗…」と泣きそうな声で語り、「AKB48の卒業メンバーが全然パッとしない今、せめて私がこの包丁を大ヒットさせないと秋元さんに申し訳ないので…よろしくお願いします」といネタを披露しました。

小林さんは放送の前日にブログで番組の告知をしており、「今回はかなり、過激なネタにした」「あっちゃんとは、同じ事務所だし、本人の前でも見せたこともあるし、多分大丈夫でしょう」と書き込んでいましたが、放送後ブログには「AKBとあっちゃんに失礼」「もう二度とやらないでほしい」「悪意があって見ていて不愉快だった」などの批判コメントが300件以上書き込まれました。

放送日の翌日23日に小林さんは「げげげ、なんじゃこりゃあ」とブログを更新。

コメントの多さに驚きつつも、「悪意くらいあるよ、少しは」「炎上したいわけないだろー!」「普通に傷つく」と心境を吐露。

これに対して「仕事でやってるんだからね」「ものまねの完成度は高かったですよ」と小林さんを擁護する声のほか、「傷ついたアピールがうざい」「話題づくりですか」と相変わらず非難の声が上がってしまった。

小林さんは前田敦子さんに憧れて太田プロに入っており、この他にも沢尻エリカさんや石原さとみさんのモノマネをしています。

そして、前田敦子さんのモノマネといえば、キレッキレッのダンスをするキンタロー。さんも最初は大炎上し、殺害予告まで飛び出しており、今でこそ本人公認と言われていますが、この先も小林さんが前田さんのモノマネを続けていくのであれば、この炎上は避けては通れない道なのかもしれません。

これにネットでは、

  • 前田が怒ってなければいいんじゃないの
  • モノマネにいちいち目くじら立てなくても、と思ったけど、炎上後の対応を見るとなんか性格悪そう
  • キンタローも最初炎上していた。毒舌ネタも炎上狙いだろ。キンタローと違ってリアルに似てるし、かわいいから期待してる
  • コロッケも今の時代だったら大変なことになってただろうね
  • ものまね位で叩く人って無粋だと思うわ

などのコメントがありました。

この批判を受けて今日24日にも小林さんはブログを更新し、そこで番組で披露したモノマネに対しての釈明をしており、あのモノマネは決して本心から来ているものではなく、ネタとして特徴的な部分を強調しているだけで、モノマネするタレントのことは大好きであると綴っていますが、これに対しても多くの批判コメントが寄せられています。

小林さんが言うように、本当に前田さんのことが好きでモノマネをしているのかもしれませんが、そうであるならば悪意を感じるモノマネだけでなく、今後はリスペクトしていることが伝わるようなモノマネを披露してもらいたいものですね。

コメントを残す

前の記事次の記事
芸トピの最新ニュースをお届け!