塩対応の島崎遥香がキャラチェンジ、AKB48卒業で仕事が危機? 反省態度もネットでは冷ややかな反応

島崎遥香

昨年12月末をもってAKB48を卒業し、現在は女優として活動している“ぱるる”こと島崎遥香さん(23)が、キャラチェンジを試みているようで注目を集めています。

島崎遥香さんと言えば、ファンらに対して素っ気ない態度を取る「塩対応」が代名詞となっており、塩対応によって注目されブレークしましたが、卒業直前ごろから塩対応が減り、卒業後は対応に大きな変化がみられ、現在は「甘対応」と呼ばれているといいます。

『ドリームジャンボミニ1億円』のCMに出演中の島崎遥香さんは、10日に行われたイベントで『宝塚歌劇団』星組トップスター・紅ゆずるさんと共演し、その時に紅さんのファンへの対応を見ていた島崎さんは「本当にファンの方を大事にしている。私は反省しました。ファンの方に塩対応と言われていたので」「私のファンの方も少なからずいてくださる。もっと紅さんみたいにやればよかった。ファンの方に申し訳ないなって。大切にはしていたつもりなんですけど、それを伝えていけばよかったなって今、後悔しています」などと、今になって過去の塩対応を反省。

その上で、「あらためて1人になるとファンの大切さを感じる。たくさんの方に愛されるような方にならなきゃ」と語っていました。

<↓の画像は、『ドリームジャンボミニ1億円』イベント登場の紅ゆずるさん、役所広司さん、島崎遥香さんの写真>
『ドリームジャンボミニ1億円』イベント登場の紅ゆずる、役所広司、島崎遥香

別の日に行われたイベントでは、将来の夢について聞かれた際に「結婚してみたい」と答えたものの、「子どものころの描いていた予定では、もう結婚しているはずだった」「やっぱり性格に難があるんでしょうか…。モテないですね」と自虐的に語り苦笑いしていました。

島崎遥香さんはAKB48を卒業するまで、ファンを大事にしてこなかったことで知られており、テレビ番組で「仕事で嫌なもの見たら、イケメンで癒やされます」と言ったり、2015年に初出版したファッションフォトブック『ParU』については、お渡し会&握手会イベントの参加者を女性限定とするなど、メインの男性ファンをないがしろにしていました。

『ドリームジャンボミニ1億円』イベントに登場した元AKB48・島崎遥香

その結果、島崎遥香さんのファン離れは進んだと言われており、昨年出場した最後のAKB48選抜総選挙では、前年から1ランクアップして8位にランクインしたものの、前回から5,000票以上減少していました。

こうした目に見える変化があり、加えてAKB48という大きな肩書が無くなってしまうことで、さらに人気が低迷する恐れがあるため、島崎遥香さんはそれを懸念してキャラチェンジをしようとしているのではないかとみられており、その姿に対してネット上では「今さらキャラ変したって遅い」「AKBの看板を外して、焦ってるの?」「すぐに化けの皮が剥がれそう」冷ややかな反応が多く見受けられます。

ニュースサイト『サイゾーウーマン』の記事では、週刊誌の記者が「島崎はAKB時代、運営に対しても身勝手な態度を取っていましたよ。スタッフが島崎に対して、LINEで注意を送ったところ、アカウントをブロックされてしまったことがあったんだとか。運営上層部でも手がつけられないメンバーだったそうです」と証言し、かなりの問題児だったことを明かしています。

それでも島崎遥香さんは多くの仕事をもらえ、卒業後も女優として様々なドラマや映画に出演し活躍しており、今年は1月期放送の連ドラ『スーパーサラリーマン左江内氏』(日本テレビ系)、NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『ひよっこ』、『ブランケット・キャッツ』(NHK)などに出演しています。

これも大手芸能事務所『バーニングプロダクション』系列の『ビッグアップル』に所属しているためだと思いますが、人気が低いままでは先行きが不安であるため、イメージアップをするために事務所も必死になっているのではないかと思います。

現時点で急なキャラチェンジに対して冷ややかな声が多く、世間からはあまり良く思われていない様子なのですが、これからの活動でどこまでイメージチェンジを変えていけるのか、引き続き注目したいですね。

2件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MzQxMTU4ODE5

    塩キャラなら塩キャラ突き通せ

  2. 2
    匿名
    ID:MjA2MDYxNDg3

    こういうのマジいらない

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について