今年の紅白・歌唱曲目発表。ビートたけしが歌手で初出演、浅草キッド披露へ。

第70回NHK紅白歌合戦

今年の『第70回NHK紅白歌合戦』(12月31日19時15分)に、ビートたけしさんが歌手として初出場することや、出場歌手の歌唱曲目が20日に正式発表されました。

NHKの発表によると、ビートたけしさんは「特別企画」の歌手として紅白に初出場し、自身が作詞・作曲を手掛けた1986年発表の代表曲『浅草キッド』を歌唱するとのことです。

<↓の画像が、紅白出場が決定したビートたけしさんの写真>
ビートたけし

ビートたけしさんは、2000年と2001年放送の紅白に演歌歌手・氷川きよしの応援でゲスト出演したことがありますが、歌手としての登場は今回が初となっています。

ビートたけしさん歌唱『浅草キッド』の映像

19日には、昨年紅組で出演した歌手の“ユーミン”こと松任谷由実さんが今年は特別企画で出演し、1984年発表の『ノーサイド』をテレビ初披露することや、ゲスト審査員が発表されました。

今年の紅白ゲスト審査員は、お笑いタレント・上沼恵美子さん、サンドウィッチマン、プロゴルファー・渋野日向子選手、競泳の瀬戸大也選手、プロボクサー・井上尚弥選手、陸上の中西麻耶選手、俳優の田中圭さん、長谷川博己さん、女優の戸田恵梨香さん、広瀬すずさん、ノーベル化学賞を受賞した工学博士の吉野彰さんが務めます。

そして、NHKは出場歌手の歌唱曲目も20日に正式発表し、以下が現時点で発表されている出演アーティストと曲目となります。

【第70回NHK紅白歌合戦 出場歌手・曲目】(五十音順・カッコ内は出場回数)

<紅組>

aiko(14):花火

いきものがかり(11):風が吹いている

石川さゆり(42):津軽海峡・冬景色

AKB48(12):恋するフォーチュンクッキー~紅白世界選抜SP~

丘みどり(3):紙の鶴

欅坂46(4):不協和音

坂本冬美(31):祝い酒 ~祝!令和バージョン~

椎名林檎(7):人生は夢だらけ~お願いガッテン篇~

島津亜矢(6):糸

Superfly(4):フレア

天童よしみ(24):大阪恋時雨

TWICE(3):Let’s Dance Medley 2019

乃木坂46(5):シンクロニシティ

Perfume(12):FUSION -紅白Ver.-

日向坂46(初):キュン

Foorin(初):パプリカ -紅白スペシャルバージョン-

松田聖子(23):Seiko Best Single Medley

MISIA(4):アイノカタチメドレー

水森かおり(17):高遠 さくら路 ~イリュージョンスペシャル~

LiSA(初):紅蓮華

Little Glee Monster(3):ECHO

<白組>

嵐(11):嵐×紅白 スペシャルメドレー

五木ひろし(49):VIVA・LA・VIDA!~生きてるっていいね!~

Official髭男dism(初):Pretender

関ジャニ∞(8):関ジャニ∞ 前向きにきばってこーぜ!OSAKAメドレー

Kis-My-Ft2(初):Everybody Go

King & Prince(2):King & Prince ~紅白スペシャルメドレー~

King Gnu(初):白日

郷ひろみ(32):2億4千万の瞳 -エキゾチック “GO!GO!” ジャパン-

GENERATIONS from EXILE TRIBE(初):EXPerience Greatness

純烈(2):純烈のハッピーバースデー

菅田将暉(初):まちがいさがし

DA PUMP(7):DA PUMP ~ONE TEAMメドレー~

氷川きよし(20):紅白限界突破スペシャルメドレー

福山雅治(12):デビュー30周年直前SPメドレー

Hey! Say! JUMP(3):上を向いて歩こう ~令和スペシャルバージョン~

星野源(5):Same Thing

三浦大知(3):Blizzard

三山ひろし(5):望郷山河 ~第3回 けん玉世界記録への道~

山内惠介(5):唇スカーレット

ゆず(10):紅白SPメドレー 2019-2020

RADWIMPS(2):天気の子 紅白スペシャル

そして、出場歌手の歌唱曲目発表やビートたけしさんらの出演決定に対してネット上では、

  • 今年を象徴する歌が少ないですねぇ
  • 相変わらずメドレーばかり。いっそのこと紅白は全歌手がメドレー限定にすればいいんじゃないか?
  • 嵐もキンプリも関ジャニ∞も3曲ずつくらいかなあ。キンプリと嵐は なんとなく想像つきそうなんだけど関ジャニ∞はなんの曲うたってくれるのかなあ。
  • 石川さゆりにたまには新曲歌わせてもいいのでは。津軽海峡~と天城越えでは可哀想
  • メドレーが多いですね。とにかく、歌手の皆さんは口パクではなくしっかり歌唱してください!プロなんですから。
  • 出場歌手の歌唱曲目にNHKがあまりに口出しし過ぎではないか?出場機会をエサに何回も同じ曲を歌わせているのはあまりに気の毒。
  • たけしは好きだけど、紅白で歌を聴きたいとは思わない。
  • 歌は昔も下手だったけどもっと下手になってるだろうな~。よく決断したなw
  • ビートたけしの『浅草キッド』楽しみや。上手い下手やない味や味。上手いか下手かで言えば下手やけど
  • 本来は、その年を歌を通して振り返る趣旨の番組だったような。また、特別バージョンとは名ばかりメロディや昭和の懐メロのオンパレード。
    特別ゲストが、北野たけし?今年を振り返る事が出来る歌が、いったい何曲あるんですか?
  • 紅白はここ数年で、特別枠とか特別企画とかなんとかスペシャルメドレーとかが目玉になって、普通にヒットして出場できた歌手が添え物になっている。

などのコメントが寄せられています。

今年メドレーを披露する歌手は、TWICE、松田聖子さん、MISIAさん、嵐、関ジャニ∞、King & Prince、DA PUMP、氷川きよしさん、福山雅治さん、ゆずなどで、昨年に比べるとメドレーを披露する歌手がさらに増加しています。

また、今年ヒットした曲ではなく過去のヒット曲を歌唱する歌手も年々増えているように感じられ、懐メロ歌合戦のようになっていますね。

出場歌手の顔ぶれも民放の音楽番組に比べると魅力があまり感じられず、今年は特別企画でビートたけしさん、松任谷由実さん、竹内まりやさん、X JAPANのYOSHIKIさんとアメリカのロックバンド『KISS』の出演が発表されていますが、近年はこうした特別企画に力を入れており、白組と紅組が争う歌合戦とする必要性が感じられなくなっています。

こうしたことでも例年物議を醸していますが、今年は令和初の紅白となるだけに、大きく盛り上がる内容になっていることに期待したいです。

3件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:NzE0MjI4MjQy

    もう紅白はマニアしか見ないと思うな 
    みんなが見たい聞きたい歌なんて関係ない出演者ばかりだ
    大体NHKは人間から服装から何から何まで全てが時代遅れな感じがする
    歌や歌手を見て「アレ?今年は何年?」と思うほど昔のものばかり
    しかも下手くそな歌手ばかり
    本当の歌合戦を見たいよ
    いい加減目覚めろ

  2. 2
    匿名
    ID:MjAxMjIxNTgy

    キスマイ、今さら過ぎない?めっちゃ最初の曲じゃん
    おっそ

  3. 3
    匿名
    ID:MTc4NzExNTU2

    綾瀬はるかとわくまゆの目の保養くらいしかみるとこない

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について