E-girls市來杏香が卒業&芸能界引退、ErieがDJ活動専念でファン悲鳴! 新体制やグループ内格差に怒りの声が

E-girls

ダンス&ボーカルユニット「EXILE」の妹分と称されている女性グループ「E-girls」のメンバーで、ユニット「Flower」のメンバーとしても活動していた市來杏香さん(いちき・きょうか 18歳)が、両グループから卒業するとともに芸能界から引退することが7日、E-girlsの公式HPにて発表されました。

また同日には、E-girlsとDreamのメンバーだったErieさん(本名=阿部絵里恵 28歳)が、パフォーマーを卒業してDJ活動に専念する事が発表され、ファンの間で大きな話題になりました。

市來さんはグループから卒業し、芸能界からも引退する理由について、「私なりにたくさん悩み考えましたが、E-girls、Flowerがこれからもさらに挑戦を続けていく中で、もう一度、素直に今の自分の気持ちを見つめ直した時に、このまま続けるのではなく、今はエンタテインメントの舞台から降りて、『市來杏香』という一人の女の子としての人生を歩みたいという気持ちが自分の中にありました。」となどと説明。

<↓の画像が、市來杏香さんの写真>
Flower&E-girlsを卒業の市來杏香

またErieさんは、「私 Erieは、自分の新たなるチャレンジの道としてDJを追求したいと考えています。E-girlsにおいては、パフォーマーとしてではなく、DJとして、E-girlsに貢献し、支えていける存在になりたいと思っています。」といい、「Dream、E-girlsのメンバーがそれぞれのグループでの活動以外でも頑張っている中、自分もグループの枠を超えて、自分の活動を確立したいと考えています。Dream、E-girlsの名前を背負っている責任があるからこそ、本物のDJとして認められる存在を真剣に目指したいと思っています。」などコメントしていました。

<↓の画像は、Erieさんの写真>
DJ活動に専念するDream&E-girlsのErie

先日このような発表があったE-girlsは2011年4月、Dream、Happiness、Flowerの3ユニットのメンバーを中心に、26人体制で活動をスタートした「EXILEのD.N.Aを受け継ぐガールズ・エンタテインメント・プロジェクト」。

今年1月には、26人体制から人数を減らして20人の新体制となることが発表され、さらに高校生以上のメンバーからなる「Rabbits」、中学生以下のメンバーによる「Bunnies」という2グループの設置が発表されました。

この2グループは、メンバーの育成と修行の場として設けられたE-girlsの下部組織という位置付けで、今後はE-girlsの構成メンバーは毎年見直されることになり、修行が必要だと判断されたメンバーは下部グループに移ることになるとのことでした。

そして、今回Erieさんはグループに残るものの、市來さんは芸能界から引退をするという決断を下したわけですが、E-girlsのメンバーだった方が脱退するのは市來さんを入れて11人となり、市來さんが所属していたFlowerでは、2013年10月に水野絵梨奈さん、昨年10月に武藤小春さんが脱退しているため3人目となります。

これに対してファンからは、「もう選抜制にした意味がわからん。新体制になってきょた(※市來のこと)がE-girls歌ってるの聞いてない。たぶんボーカル全員のやつ以外1回も見てない…」と、以前はボーカルを務めていたものの、その後徐々に歌うパートが減らされていたとし、メンバー内に格差があるのではないかと指摘する声が上がっています。

また、「選抜とか脱退とか、最近のE-girlsはおかしい。昔のE-girls戻ってきて。。」、「どんどん減ってくE-girls。どんどん減ってくFlower。選抜制のE-girlsにみんなが辛くなるE-girls。そんなん誰も求めてない。昔のE-girlsはどこですか」と、メンバーの脱退が後を絶たないことから、新体制への不満や悲鳴がファンから多数上がっています。

これに対してネット上では、

  • EXILEと同じく人数だけ増えて迷走・・・・どっちもオリメンだけで良かった・・・
  • E-girlsもピークが来てしまったのかな?まあ、仕方ないよね。逆に格差が無いと思うのが不思議。EXILEだって格差あるでしょ
  • 一般的には真ん中の金髪の子しか知らない人多いと思う。正直 他は入れ代わっても気づかない。
  • 本人の努力でもどうにもならない事がある。特技や性格、普段の素性…何より運がなければ成功はしない。
  • AKBみたいに選抜をファンにさせりゃいいんじゃない? イーガールズの運営推しメンはイマイチ理由がわからない。みんな小さい頃からダンスしてりゃスキルは高いだろうけど、人気ないのにスキルある奴推されてもウンザリするだけ。一度ハッキリランクつけちゃえばいいのに。
  • 芸能界はサバイバル!仲良しこよしの遊びじゃないんだから、平等に扱うなんてある訳がない!!売れなければただ去るのみ。
  • 元々格差あるでしょ!まずアミっていう子がピンでゴリ押しされてること自体がおかしい。可愛くもないし、キャラがたってるわけでもない。事務所の誰かと関係を持ってるんじゃないかと疑いたくなるわ

などのコメントが寄せられていました。

市來さんが芸能界から引退し、Erieさんがパフォーマーを引退することに対してファンからは悲鳴が上がり、さらに現在のE-girlsに対して不満を持っている方が多い様子なのですが、センターで歌ったり、画面によく映るパフォーマーは一部の方に限られており、メディアに露出する機会が多い方もごく一部の方であることから、こうした声がファンから寄せられるのも当然でしょうね。

今年7月29日に、E-girlsとDewamのメンバー・Amiさん(本名=中島麻未 27歳)がE-girlsから初のソロデビューを果たしましたが、Amiさんは平日昼の情報バラエティ番組『バイキング』(フジテレビ系)に木曜レギュラーとして出演する等、他のメンバーに比べて露出量が多いことから、事務所のゴリ押しなどといった批判の声が以前より出ています。

E-girlsは人数が多いことから公平にするのは難しく、ある程度の人気があるメンバーに偏りが出てしまうのはしょうがないことなのかもしれませんが、グループからの脱退者が相次いでいることや、ファンから不満の声が多く上がっているというのは問題で、グループ全体の人気低下を招く可能性があるため、何か対策を考える必要があるでしょうね。

関連記事

2件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名 says:
    ID:MzA2OTg5OTAx

    ジャニーズのキスマイやセクゾにAKBといい、Eガールズまで。。日本のアイドルは格差欠かせなくなってきて、恐ろしい‼︎

  2. 2
    匿名 says:
    ID:ODI4OTEwNTc2

    選抜形式で投資→回収→搾取→収奪のサイクルだけを繰り返してたらそうなる。投資と言いながら実質、教育しない育てないで宣伝費をかけるだけの話だから。何も身に付かずにキャッチコピーとイメージ戦略とメディア推しかしてなけりゃ、残るのはそこそこのルックスだけだが、大量に他も出回るから差別化も失敗する。結果全体の飽き飽きした地盤沈下のみ大量に見せられる。上手く行くわけがない。どこが個性化の時代だよ、みんな似たり寄ったりで飽き飽きするわ(笑)。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について