胃ガン患い闘病中の今いくよが急死。享年67。相方の今くるよ共に80年代の漫才ブームを牽引

今いくよ

吉本興業所属のベテラン漫才コンビ「今いくよ・くるよ」の今いくよさん(本名=里谷正子)さんが、28日の午後に亡くなられていた事が明らかとなりました。67歳でした。
葬儀と告別式の日取りはまだ未定とのことです。

いくよさんは、昨年9月に「よしもと祇園花月」(京都市)での出番終了後に体調不良を訴え、自宅近くのかかりつけの病院で検査を受けたところ、「おへそ周辺に、しこりがある」と診断され、別の病院で胃ガンを患っていることが明らかとなり入院。

その後治療に専念するために当面の休養を発表し、2ヶ月後の11月に入院していた大阪府内の病院を退院、翌12月からは仕事を再開していたのですが、手術はせずガンが完治していたわけではなく、抗がん剤治療をしながら仕事を続け、舞台復帰した際には「がんというのは長いお付き合いになる。彼氏とのお付き合いは短かったんですけどね」と、ボケを交えつつ闘病への決意を語り、「許せる範囲で頑張って仕事をしたい」と仕事への意気込みも語っていました。

(↓の画像は、今いくよ・くるよさんの写真)
今いくよ・くるよ

関係者によれば、死因については不明ではあるものの、これまでガンとの闘病を続けながら舞台に立つなどしており、「かなり体力的にも厳しいものがあったようです。舞台を降りるとつらそうだった。気力と体力を振り絞って漫才をしていた」と語っています。

いくよさんは京都明徳高等学校時代に、ソフトボール部に所属しセンター(キャプテン)を務め、チームメイトでマネージャー(当初キャッチャー)を務めていた同級生の今くるよさん(本名=酒井スエ子 67歳)と共に、1970年に夫婦漫才コンビ「島田洋介・今喜多代」に弟子入り、1981年に上方お笑い大賞で金賞、1982年に花王名人大賞で最優秀新人賞、1984年に上方漫才大賞で大賞を受賞するなど1980年代に数多くの賞を受賞し、80年代の漫才ブームを代表する女性コンビとして知られ、多くの方に愛されていました。

(↓の画像は、昔の今いくよ・くるよさんの写真)
今いくよ・くるよ 昔の画像

今いくよ・くるよ 昔の写真

そして、突然の訃報に対してネットでは、

  • 関西人としては悲しすぎる(T ^ T) いくくる師匠と言えば、マネージャーを凄く大事にするで有名な師匠。時は流れてるからいつかはこういう時が来るのは分かってはいるが、悲し過ぎる(T ^ T) 怖いのはこれがキッカケでくるよ師匠が元気をなくさないかが心配。くるよ師匠は、いくよ師匠の分も長く生きてもらいたい。ご冥福をお祈りします
  • 復帰なさったお姿の密着番組つい最近拝見したところだったのに…
    番組中、目標は生涯現役、くるよ姉さんは生涯相方っておっしゃっていた。寂しいです
  • 後輩の面倒見がいい芸人だったし、コンビ仲も良かったし、悪いところがない芸人さんだったなぁ。もうお2人の漫才が見られないのが非常に残念だ。ご冥福をお祈りいたします。
  • ものすごく残念です。漫才も素晴らしく、飾る事もなく正直者で常識人であり、まわりの人たちへの配慮、人間的にも素晴らしい人だったし。ファンやみんなに心配させないように、静かに闘病生活送っていらっしゃったのでしょうね。あの明確なご指摘が、もう聞けないと思うと寂しいです。ご冥福をお祈り致します。
  • 女流漫才師として昭和に一つの時代を作られた功績は素晴らしいものです。心から御冥福をお祈り致します。

などの追悼コメントが多数寄せられています。

昨年12月に仕事復帰を果たしたものの、抗がん剤治療を続けながらということだったため心配をしていたのですが、あまりにも突然の訃報で本当にまさかという感じですね…。

もうお2人の息の合った軽妙な漫才を見ることが出来ないというのは非常に残念でなりません。

そして、ネット上のコメントを見てみると、くるよさんの事を心配する声も多く寄せられているのですが、お2人は学生時代から共に過ごし深いコンビ仲で知られており、テレビやラジオ番組、取材などは「コンビでしか受けない」と声をそろえて公言するほどで、いくよさんの闘病生活も献身的にサポートしていたそうで、当然大きなショックを受けているため心配でならないのですが、いくよさんの分までこれからも仕事は続けていってほしいと思います。

今いくよさんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について