柳生博の息子・柳生真吾が咽頭ガンのため47歳で死去。生前はNHK『趣味の園芸』の司会、八ヶ岳倶楽部の代表を務める等して活躍

柳生博の息子・柳生真吾

花や植物の育て方や管理方法についての解説をする内容の趣味番組『趣味の園芸』(NHK教育テレビ [NHK Eテレ])で、2000年4月から2008年3月までの8年間司会を務めていた園芸家でタレントの柳生真吾さんが、5月2日23時40分に咽頭(いんとう)ガンのため、甲府市内の病院で亡くなられていた事が明らかとなりました。47歳でした。

柳生さんは、公益財団法人「日本野鳥の会」会長、コウノトリファンクラブ会長も務めている俳優・タレントの柳生博さん(78)の長男としても知られており、父親の博さんが山梨県北杜市 大泉村西井出・西沢の森に、パブリックスペースとして開設したギャラリー・レストラン「八ヶ岳倶楽部」の代表も務めており、公式サイト上での発表によると、柳生さんを偲び、18日の13時~19時に八ヶ岳倶楽部において別れ会が執り行われるそうです。

(↓の画像は、柳生博さんの写真)
柳生博

これにネットでは、

  • 園芸なんて歳をとってからこそ本番の楽しさがあるだろうに。。。無念だろうなぁ。。。
  • 趣味の園芸史上最高に園芸を愛していたタレントさんだと思います。
    ご冥福をお祈りいたしますm(__)m
  • 子に先に死なれた親の気持ちを想像するだけでも辛くなります。47歳は早過ぎますね…
  • 八ヶ岳倶楽部は何度か伺ったことがあります。まだ若いのに、お父様もまだお元気なのに、ショックです。喉頭がんということは、たばこを吸われていたのかな…。
  • よく園芸のテレビ見ていました。爽やかでやさしそうで素敵でした。最近出演されていないなと思っていたのですが、ご病気だったとは。。残念です。

などのコメントがありました。

父親の柳生博さんは知ってはいたものの、失礼ながら『趣味の園芸』をこれまでに観たことがなかったため、息子さんが園芸家・タレントとして活動していた事を知らず、今回の訃報で柳生さんのことを初めて知ったのですが、ネット上に寄せられているコメントを見ると、人柄が良く、園芸に対する愛を感じる方だったようで、多くの視聴者から悲しみの声が寄せられています。

そして、柳生さんが司会を務めていた『趣味の園芸』の公式Twitterは「真吾さんと話をした後は、みんな真吾さんのことが大好きになる、そんな素晴らしい人柄の持ち主でした。ご冥福をお祈りいたします。」と追悼メッセージをツイートしています。

(↓の画像が、実際のツイートの写真)
柳生博の息子・柳生真吾亡くなり『趣味の園芸』アカウントが追悼メッセージ

柳生さんは47歳とまだまだ若くこれからの方で、父親の博さんや家族はさぞショックを受けている事でしょうね…。

柳生真吾さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について