阿川佐和子が63歳で初めての結婚へ? 慶應大学の元教授と交際、入籍は目前か?『フラッシュ』の直撃取材に明言

阿川佐和子

ビートたけしさんが司会を務める討論バラエティ番組『ビートたけしのTVタックル』(テレビ朝日系 日曜午前11時55分~)で、1998年から進行レギュラーを務めているタレント・エッセイストの阿川佐和子さん(63)が、ついに結婚することを15日発売の週刊誌『フラッシュ』が報じています。

阿川さんは「お見合い歴30回」を公言し、結婚できない女の先駆け的な存在で、2001年には『阿川佐和子のお見合い放浪記』というエッセイを出版。

この本では様々な人との出会いや感じたことを綴り、2002年にはこの本を原案としてNHKでドラマ化されるほど話題になりました。

そんな阿川さんはこれまで1度も結婚には至らず、独身を貫いてきたわけなのですが、『フラッシュ』が報じている記事によれば阿川さんは現在、2013年に定年退任するまで阿川さんの母校・慶應義塾大学で教授を務めていた6歳年上のSさんと交際し、ついに結婚するといいます。

そして、9日に阿川さん本人に直撃取材を行ったところ、「お互い喪中ですし、(すぐには)わかりませんけどね。まだ入籍はしていません。区役所に聞いていただければわかりますよ。もう、寒いんだからいいじゃない!(笑)」と、現時点での入籍については否定。

10日にはSさんに直撃取材を行い、記者の質問に対してSさんは「(入籍についての話は)出ていますね。どちらからともなく、自然発生的に」と答え、将来的に結婚する意思については「急いではいませんが……はい」と明言したとのことです。

これに対してネット上では、

  • おおっ!これはめでたい!おめでとうございます!なんか、良い感じの夫婦になりそうですね!
  • これはホッコリした。おめでとうございます。阿川さん幸せになって欲しいなぁ。
  • この人は会話も面白いし、頭の回転も早いし、知識あるし、男がかなりレベルじゃないと釣り合わないよな
  • ひとり老人より二人の方が良いでしょう。別に 結婚しなくても。
  • 相手がほぼ70歳か。これから子育てっていうわけじゃない年齢だから、健康に気をつけて二人で楽しく生きてほしいな。
  • なんか、こういう感じの結婚って、素敵だなと思う。穏やかに過ごせる関係がわかる。羨ましい
  • お相手の方も初婚でしょうかね。定年まで未婚で老後に結婚するのも悪くないかもな。

などのコメントが寄せられています。

芸能界には阿川さんの他にも40歳以上で独身を貫いている方は多くおり、黒柳徹子さん(83)をはじめ、木の実ナナさん(70)、中島みゆきさん(64)、天童よしみさん(62)、かたせ梨乃さん(59)、室井滋さん(58)、片平なぎささん(57)、岸本加世子さん(55)、沢口靖子さん(51)、中森明菜さん(51)、天海祐希さん(49)、松下由樹さん(48)、夏川結衣さん(48)、石田ゆり子さん(47)、稲森いずみさん(44)、深津絵里さん(43)など、この他にも現時点で独身という方は多くいます。

阿川さんもその中の1人だったわけなのですが、昨年8月には阿川さんの父親で、文化勲章などを受章した作家・評論家の阿川弘之さんが94歳で亡くなっており、こうしたことも結婚をしようと思うきっかけになったのでしょうかね。

今年で63歳となり、ついに結婚しようと思えるような素敵な男性と巡り会えて良かったと思いますし、これからも順調な交際を続けて結婚まで発展することに期待したいです。

2件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名 より:
    ID:MTk5NTQ3MTgw

    未婚だったのか
    驚いた

  2. 2
    匿名 より:
    ID:MTc4ODQ4ODEz

    夜中の営みどうなるんだろ
    エロより大変な場面しか思い浮かばないけど

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について