『牡丹と薔薇』でブレークの小沢真珠が第2子を妊娠! 8歳年下の歯科医とできちゃった結婚から2年で2人目が誕生予定

小沢真珠

2004年に放送された大ヒット昼ドラマ『牡丹と薔薇』(フジテレビ系)に出演し、その後大ブレークした女優の小沢真珠さん(39)が15日、自身のフェイスブック上で第2子の妊娠を発表しました。

現在妊娠5ヶ月で、つわりも治まり安定期に入ったことから第2子の妊娠を発表したことを報告し、「秋には我が家にもう一人家族が増えると思うと、幸せな気持ちでいっぱいです(≧∇≦)」「今しかないお腹の中の赤ちゃんとの時間を大切に、日々過ごしております。」と喜びを綴り、「今後も体調と相談しながら、より気を引き締めて育児もお仕事もがんばりたいと思っております!」としています。

今回第2子の妊娠を発表した小沢さんは2014年2月に、都内のクリニックに勤務している8歳年下の男性とできちゃった結婚し、同8月29日に第1子となる長女を出産しています。

<↓の画像は、今回フェイスブックに投稿している長女とのツーショット写真>
小沢真珠と長女

これにネットでは、

  • 39歳か、高齢妊娠・出産が当たり前のようになってきたね。リスクは高いだろうけど頑張って元気な赤ちゃんを産んでください
  • この人きついイメージが強いけど、実は良いお母さんしてそう。おめでとうございます!
  • 子供の名前は牡丹と薔薇か?

などのコメントが寄せられています。

小沢さんは『牡丹と薔薇』で演じたドSなイジメキャラのイメージが強く、その後もドラマなどではそういった役を演じることが多いこともあり、現在1児の母親で、年内に2人目を出産予定というのは意外というか、違和感のようなものがありますが、小沢さんのフェイスブックを見てみると、度々子供について綴るなど母親としての顔を見せており、仕事と家庭をしっかりと両立させている様子です。

長女は今年で2歳とまだまだ手がかかり、出産まで色々と大変なことがあるかと思いますが、引き続き体調管理には気を付けて、健康で元気な赤ちゃんを出産してほしいですね。

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について