GACKTが東南アジアに移住の理由は税金対策か海外逃亡? 投資詐欺の被害で金欠状態に? 過去には脱税、義援金詐欺疑惑が…

GACKT

シンガーソングライター・俳優のGACKTさん(43)が20日、バラエティ番組『KinKi Kidsのブンブブーン』(フジテレビ系 日曜13時30分~)にゲスト出演し、5年前から東南アジアに移住していることを告白し、これに対してネット上では様々な声が上がっています。

GACKTさんは音楽バラエティ番組『堂本兄弟』(フジテレビ系)でKinKi Kidsのお2人と共演し、5年ぶりに再会したとのことなのですが、GACKTさんは「ちょうど5年前ぐらいから海外に住み始めているから。今、向こうだね」と、現在は海外に住んでいることを明かしつつも、「次、いつ会えるかな。GACKTに会いてえな、というタイミングで呼んでよ。いつでも来るから」と語っていました。

また、26日に放送された『嵐にしやがれ』(日本テレビ系 土曜22時)に出演した際にも、嵐の松本潤さんから「ネットニュースで見たんですけど、いま日本に住んでないんですか?」と聞かれると、「5年くらい住んでない。いまはフィリピンと香港とマレーシア。タイにも住もうかなと考えているんだよね」と告白。

その中で一番大きい家の部屋数を聞かれると、「多分10部屋じゃないかな。フィリピンの家は1800平方メートルでゲストルームがあるから。でも意外と狭いんだよね」と語っていたのですが、これに対してネット上では、

  • 毎年のようにマルサに踏み込まれて修正申告させられてたからねぇ…税金対策かな?
  • なんか胡散臭い謎な人
  • どこまで本当でどこまでが嘘か全くわからん・・・
  • 以前から不思議に思っているんだけど、この人なんでこんなにお金持ちなの。
  • この人の収入源はどこ?仕事何してるの?不思議すぎる…
  • 税務署さん、この人と叶姉妹の収入源を調べてください。

などのコメントが寄せられています。

GACKTさんは2013年に、仮面ライダーシリーズを制作した石森プロダクションとの提携によってインドネシアで制作された特撮ドラマ『ガルーダの戦士ビマ』に出演していたほか、マレーシアでサッカー親善友好試合の親善大使を務めた事があるものの、特に海外で歌手・俳優などとして活躍しているわけでもないことから、なぜ海外に移住したのか理由は定かではなく謎に包まれているのですが、税金対策なのではないか、海外に逃亡しているのではないか、海外で何かビジネスを行っているのではないかなどといった憶測がネット上では飛び交っています。

また、ニュースサイト『デイリーニュースオンライン』は、「仕事があれば戻ってくるという“戻り稼ぎタレント”状態が続くでしょうね」といい、GACKTさんはかつてサイドビジネスも行っている事を自身のブログで明かしていたため、東南アジアへの移住もその一環であるとみられるといいます。

そんなGACKTさんと言えば、今年9月に投資詐欺の被害に遭っていたことが明らかとなっており、2014年に売却した東京・世田谷の自宅を売却して得た1億円以上のお金を投資していたものの、投資詐欺に遭った結果それを全て失い、現在は金欠状態にあるとも言われています。

そのため、高級外車も売るハメになったと噂されているのですが、GACKTさんのビジネスセンスを疑う声は大きいそうで、芸能記者は「かつて日本で開かれていたGACKTのファンクラブイベントや、毎年開かれている誕生日会が高額過ぎてクレームが出たほどです。東日本大震災の時のチャリティー活動も“義援金詐欺狙い”とまで揶揄されていただけに、海外で手をつけるビジネスも成功しないのではないかともっぱらの噂です。」と語り、東南アジアへの移住についても疑惑だらけだとのこと。

GACKTさんの収入源などについては、以前から怪しいという声は上がっており、2012年8月にはGACKTさんの自宅と当時所属していた事務所『ゴーディーエンターテイメント』に、東京国税局の査察部(通称・マルサ)が強制捜査を行っていたことを週刊誌『週刊文春』と『週刊新潮』によって報じられ話題になりました。

さらに、GACKTさんが東日本大震災直後に一般社団法人『SHOW YOUR HEART』を立ち上げ、義援金が4億円以上も集まったものの、基金の振り込み先は民間企業の口座で、2億円しか被災地に寄付されていなかったとして義援金詐欺疑惑が浮上。

このような騒動があった後の2014年4月には、GACKTさんのファンクラブを以前運営していた『DEARS』が、所得を隠して法人税約5800万円脱税していたとして、関与していた社長ら3人が逮捕されるという事件がありました。

しかし、その時すでにマネジメントやファンクラブの機能は別の会社に移転していたため、GACKTさんが所属する事務所、GACKTさん本人も関与を否定していました。

ちなみに、『週刊文春』が当時報じていた記事によると、かつて所属していた『ゴーディーエンターテイメント』の監査役は、GACKTさんのマネージャーである叔母(戸籍上は姉)が務め、叔母の息子が役員、現在所属する事務所の社長は過去に、脱税で逮捕された2人の部下だったといい、GACKTさんは大株主で経営の中心にいたといいます。

このような黒い噂が以前より浮上してはいるものの、GACKTさんが何かの罪に問われて逮捕されるということも無く現在に至っているのですが、今後真相が明らかにされることになるのか引き続き注目をしたいですね。

関連記事

1件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名 より:
    ID:OTczMjkwNjUy

    日本が飽きたんじゃ

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について