乳ガンの小林麻央がブログ開設の理由は高額医療費? 広告収入で入院費や治療費を支払い? 発症から2年で経済的に厳しい状況?

市川海老蔵と小林麻央

歌舞伎俳優・市川海老蔵さん(38)の妻で、現在進行性の乳ガンで闘病中のフリーアナウンサー・小林麻央さん(34)が1日、新ブログを開設して更新をスタートさせました。

麻央さんは2日と3日に更新したブログには、抗ガン剤治療による脱毛を隠すためのウイッグを装着した姿を撮影した写真を投稿。

<↓の画像が、黒髪のウイッグを装着した小林麻央さん>
小林麻央がブログで披露したウイッグ姿の写真

さらに4日には、長女の麗禾ちゃん(れいか 6歳)、長男の勸玄くん(かんげん 3歳)と手を繋ぎ、外を散歩した際の写真を投稿しています。

<↓の画像が、散歩をした際に撮影された写真>
ブログで披露した小林麻央と子供二人の写真

麻央さんは1日最低1更新、多い日では2更新という頻度で更新を行っており、現在大きな注目を集め、アメーバのブログランキング総合などで1位にランクインするほどのアクセス数を記録しています。

ブログを解説した経緯について麻央さんは、担当医師から「がんの陰に隠れないで」と言われたといい、「がん患者というアイデンティティーが心や生活を大きく支配してしまっていたことに気付いた」「力強く人生を歩んだ女性でありたいから子供たちにとって強い母でありたいからブログという手段で陰に隠れているそんな自分とお別れしようと決めました」と明かしています。

また、海老蔵さんは「ずっと隠していた病気が公になり複雑すぎる私たち夫婦はあの日以来ずっと悩んでいた」と告白し、「しかし公になった事で、乳がんの検査に行った方や健康に目を向けた方々などの意見もあり、公になった事は我々夫婦にはポジティブではなかったが、少しでもお役に立てる場合もあるのかと感じた、それを私以上に感じたのが妻だ。何かをしなくてはならないという思いにかられ続けたようだ」と綴っています。

このようにブログの更新をスタートさせた理由について綴り、6日に「今後」というタイトルでブログを更新し、これから乳ガンが分かった時のことや治療のことなどを少しずつ書いていくそうで、「もしかしたら、今後、私のブログを読んで、悲しく感じたり、知ってしまうことで不安になってしまったり、何かを思い出し怒りを感じてしまう方もいるかもしれません。でも、私の体験をどんな形でも、活用してくれる方がいたらと願い、書きたいと思います。」としています。

これからより具体的なことについて書いていくとのことなのですが、麻央さんが今回ブログを始めたのは「医療費」代を少しでも多く稼ぐためにスタートせさたのではないかと囁かれています。

麻央さんはすでに2年近く闘病生活を続け、転院もしており、保険適用外の治療を受けている可能性もあり、部屋代も馬鹿にはならず、何よりも市川家には、海老蔵さんの父親・團十郎さんが生前に親族の不動産事業の失敗を受け、保証人として19億円の借金を抱え、海老蔵さんが返済して残り5億円ほどまで返済したと言われています。

このような状況から、決してお金に余裕があるわけではいと言われており、麻央さんのブログ開設については医療費を賄うためなのではないかとみられています。

アメーバブログ(略称:アメブロ)の人気ブロガーのブログ収入については、月数百万円の収入があり、タレント・岡本夏生さんですら月のブログ収入が300万円あったことを暴露しています。

一方の海老蔵さんはアメブロ開始から1年後の昨年4月に、初代「MVB(Most Valuable Blog)」に選ばれ、月のブログ収入については800万円以上だと言われており、ここに麻央さんのブログ収入を加えれば、月に1000万円以上は稼げるのではないかといいます。

ちなみにですが、6月に週刊誌『女性セブン』が報じていた記事によると、麻央さんが入院している病院はセキュリティやプライバシー保護の観点から「1泊10万円超のVIP部屋」に宿泊。

乳ガンの場合は最新の治療を受け続けると年間3000万円はくだらないと言われているといい、入院費用と治療費を合わせると莫大な額になるとのこと。

断定することは出来ないのですが、すでに2年にわたって治療を行っていることから、数千万単位のお金が使われているとみられているため、やはりブログ収入で医療費、入院費を賄おうと考えているのは間違いないのかもしれませんね。

今後も闘病は長く続き、しばらくは色々と辛いことばかりだと思いますが、家族全員で協力して乗り越えてほしいと思います。

関連記事

3件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名 より:
    ID:MjE4OTk0MjE=

    行いに難が有る海老蔵が死ぬ気で治療費払えば済むだけの話し。庶民には一切関係ない。同情もしない。庶民の生活送って無いんだから、今時古臭い歌舞伎なんて見る気もしない。高過ぎるし。同じ伝統芸能なら文楽か能を見る、見る価値有るから。庶民の娯楽だったはずが格式や品なんぞ生意気に語り出して没落した。

  2. 2
    匿名 より:
    ID:MjE4OTk0MjE=

    因習の世襲の悪癖業界!伝統にあぐらかく悪癖業界。

  3. 3
    匿名 より:
    ID:MjE4OTk0MjE=

    歌舞伎はダサい!つまらない、カッコ悪い、オニダサ(笑)。北京原人の時代の話?(笑)

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について