ローラの仕事が激減した理由が判明? 海外進出が真相で、歌手活動や父親逮捕によるテレビ露出減少の噂はウソ?

ローラ

モデル・タレントのローラさん(25)はモデルとして活躍する傍ら、2010年以降にバラエティ番組への出演が激増、2011年には前年の5倍以上の200本の番組に出演し、ニホンモニターが発表した「タレント番組出演本数ランキング」のブレイクタレント部門で4位にランクイン。

その後『笑っていいとも!』(フジテレビ系)にレギュラー出演、“オッケー”というセリフが流行するなどし、数多くいるハーフタレントの中でもトップクラスの活躍ぶりを見せていましたが、父親のジュリップ・エイエスエイ・アルさん(55)が詐欺容疑で2013年に国際指名手配、昨年7月と10月に逮捕されて懲役2年6ヶ月・執行猶予4年の判決が下されました。

この騒動以降、ローラさんのレギュラー番組は無くなっており、テレビ番組への出演数が減っていることから父親の事件が影響しているのではないかと噂されていますが、実際はレギュラー番組のオファーがあるもののローラさん側が全て断っていると広告代理店関係者が明かしています。

さらに、そのような状況でもCMのオファーは相当な数が来ているようで、昨年に続き今年もCM女王に輝く可能性が非常に高いといいます。

このようにローラさんが意図的に仕事を減らしている理由は海外のCMや広告を獲得することを狙っているためで、すでに海外で評価されているローラさんのCM1本あたりのギャラは1~2億円とも言われ、日本のギャラと比較すると1ケタは違うため、頻繁に海外へ行ったり、英語の勉強をしているのはそのためだと言います。

ローラさんは昨年12月『スッキリ!!』(日本テレビ系)に出演した際に、本格的な歌手活動を目指して歌と英語の勉強に力を入れていることを明かし、レギュラーも自ら断っていることも告白していましたが、それからしばらく経つものの歌手活動を始める気配もなく、第一興商の通信カラオケ「DAM」の最新機種「LIVE DAM STADIUM」のCMで、AIさんのヒット曲『Story』を歌う姿を披露したぐらいとなっています。

そして、「サイゾーウーマン」がローラさんの夢は海外進出だとしていますが、2日発売の週刊誌『週刊新潮』も、くりぃむしちゅー・有田哲平さんと交際していることは間違い無いと報じると共に、ローラさんが海外進出を視野に活動していることを報じており、バラエティ番組への出演をセーブして海外のハイブランドの仕事を取ることに尽力しているとのこと。

また、ローラさんが有田さんとの交際を強く否定した理由は所属事務所「LIBERA」の台所事情にあり、弱小事務所であるため看板タレントのローラさんを失うわけにはいかず、結婚よりも仕事優先という状態にあるそうです。

ローラさんはスタイルが良く日本では人気が高いものの、海外でも通用するかどうかはまだ分かりませんが、父親の逮捕によってイメージは悪くなり人気も大幅に下がっているので、海外進出を目標に活動していった方が良いかもしれないですね。

今後の活躍によって少しでも悪いイメージを払拭出来るよう、頑張ってほしいと思います。

関連記事

参照元
  • http://www.cyzowoman.com/2015/07/post_16452.html
2件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名 says:
    ID:MzQwMDYxMzUy

    仮に海外で成功したとしても日本での仕事は無い、父親の犯罪が尾を引く、父親が犯罪を犯した悪いイメージは払しょくはできない
    悪評は一生付きまとうことがある

  2. 2
    匿名 says:
    ID:MjA5NzI1ODQ5

    個人的には嫌いじゃないし、応援したい。
    ただ、海外進出はどうなのかな。
    逃げたい気持ちは分かるけど、もうちょっと日本国内で頑張ってほしい。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について