芸能人の違法薬物使用者芋づる逮捕を警察が狙う? 大物俳優Aは奇行ありの危険人物で不審者扱い? 西田敏行の噂浮上も別人か?

清原和博

元プロ野球選手の清原和博被告(48)が覚せい剤取締法違反の罪に問われ、31日には判決が言い渡されることになっており、これによってひとまず清原被告の騒動は終焉を迎えることになりそうですが、様々なメディアがこの他にも警察が逮捕を狙っている大物俳優がいることを報じており、現在最も注目を集めているのは大物俳優の正体。

この俳優については、週刊誌『週刊アサヒ芸能』と『フライデー』が報じており、清原被告やCHAGE and ASKAのASKAさんなどを逮捕した「警視庁組織犯罪対策第5課」(通称:組対5課)がこの俳優の内偵捜査をすでに行っていると噂されています。

ニュースサイト『デイリーニュースオンライン』によれば、清原さんと俳優のAさんは都内のサウナで知り合い、一緒に飲み歩くような仲にまでなったそうで、清原被告は取り調べでもAさんの覚醒剤使用をほのめかしていたといい、警視庁は本格的に捜査を開始したとのこと。

Aさんは、紅白に出場した経験もある大物俳優で、昔の昭和スターのような豪快さと貫禄を持っているといい、主役ではなく名脇役として知られたビッグネームで、非常に温厚なイメージで世間からの好感度も高い方だといいます。

覚せい剤とはかけ離れたイメージがあるAさんは、周辺住人の間ではある奇行が目撃されていたそうです。

Aさんの自宅近辺に住む自営業の40代男性によると、3~4年前ほどに、Aさんの自宅から時おり、動物の雄叫びのような咆哮(ほうこう)が聞こえてきたといい、それは何とも異様で物悲しい叫び声だったといい、その声は大きく1時間以上も続いたといいます。

当初この声は台詞の練習かなと思っていたそうですが、「俺を陥れようったってそうはいかんぞ」「お前らの正体はわかってる」という支離滅裂な内容だったとのこと。

さらにこの男性は、見た目も相当危なくテレビとは別人のような様相で、ある日自転車に乗っていたAさんはキャップをかぶり、目の焦点が定まっていない状態で自転車に乗る姿を見かけたそうなのですが、明らかに不審者で、職務質問されてもおかしくはないような見た目だったとのこと。

このように周辺住人の間ではAさんの奇行は有名で、複数の媒体がすでにマークをしており、一部の週刊誌はすでにAさんに関する記事を報じているのですが、芸能関係者は「メディアに噂が立ち始めたのは、A氏を守りたい誰かがリークした可能性がある。」と語り、最終通告的な意味もあるのではないかとみられているとのことです。

これまでに挙がっている情報に一致する部分が多いことから、西田敏行さんの名前がネット上では多く上がっており、かなり有力視されていたのですが、今回挙げられた情報に一致しない部分がいくつかあり、今回出ている情報が本当だとすると、全く違う俳優である可能性が高そうが、果たしてどうなのでしょうか…。

ちなみに、一部のメディアは来年公開予定の映画に出演しているAは、今年の夏にクランクインする予定だったものの、黒い噂が浮上したことにより、万が一の場合はお蔵入りなってしまうと懸念。

映画の制作にストップがかかり、撮影はしばらく見合わせる事になったそうなのですが、この映画は以前公開されて大ヒットした作品の続編で、Aはストーリー上でも重要な役回りを演じており、このような展開になってしまったことから「あの時に殺しておけばよかった」と冗談交じりに愚痴をこぼすスタッフもいるとのことです。

突然こうした情報が各メディアによって報じられた理由は、警告の意味合いもあるというのですが、ASKAさんは覚せい剤使用疑惑を逮捕される前に報じられたものの、その後も薬物の使用を止めることが出来ずに結局逮捕されており、このAさんも今後週刊誌に実名で報道され、その後に逮捕されるという展開になるのか、引き続き注目していきたいですね。

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について