羽生結弦選手「左足リスフラン関節靭帯損傷」で全治2ヶ月! 帰国せずにカナダ・トロントで治療に専念

フィギュアスケート男子の羽生結弦選手

フィギュアスケート男子のソチ五輪金メダリスト・羽生結弦選手(21)が所属するANAスケート部が26日、4月2日までアメリカ・ボストンで開催開催された世界選手権後、左足甲の靭帯を痛めていたことが判明した羽生選手の経過を報告し、「左足リスフラン関節靭帯損傷」のため、全治2ヶ月の安静と加療が必要だという報告を本人から受けた事を発表しました。

当面は帰国せずに、練習拠点を置いているカナダ・トロントで治療に専念するといい、ANAスケート部は5月中旬に改めて経過報告をするとしています。

羽生選手は2014年以来、2年ぶりの優勝を狙った今年の世界選手権で、ショートプログラム(SP)首位発進となったものの、フリーでスペインのハビエル・フェルナンデス選手に逆転され、昨年に引き続き2位に終わりました。

その後羽生選手は左足甲の靭帯を損傷していることを発表しており、シーズン序盤から羽生選手は左足に痛みを抱え、年明けに状態が悪化。

踏み切る際に左足で氷を付く4回転トーループは負担が大きいため、世界選手権では一部のジャンプをサルコーに変更せざるを得なかったとのことです。

そして、今回左足のケガが全治2ヶ月だと発表されネット上では、

  • 思ったより重症だね。この怪我してて2位だからなぁ・・・すごいな
  • 何事も無理は禁物!!怪我を隠して無理を続けたせいで若くして潰れてしまったアスリートをイヤと言うほど見ているので、もっと自分を大切にして欲しい。
  • 性格を考えても焦る気持ちがあるだろうけど、しっかり治してから新しい演目、ジャンプに挑戦して欲しい。次の演技を見られるのを楽しみにしてます
  • ソチ五輪から怪我や手術を乗り越えながらも、トップ選手として男子フィギュア界を引っ張てきた羽生選手。五輪まで2年。焦らずゆっくり治療してほしいよ。
  • 世界選手権の時も足が腫れ上がってたそうだけど、よく銀メダルとれたね。枠取りとかあるから無理しちゃったかな…。オフ中に焦らずしっかり治して来期に備えて下さい!しっかり静養して、来シーズンも期待してます!!
  • オフなんだから焦らず治してほしい。2年後オリンピックあるし…

などのコメントが寄せられています。

羽生選手がケガを負っている「リスフラン関節」とは、足の甲の中央付近にある関節のことを指し、足の動きを支えて体重がかかった時にクッションの役割を果たす部分。

この部分の靭帯損傷は、足の甲あたりの捻挫だと思われて見過ごされてしまうケースもあるといい、しばらく放置してしまうと、靭帯の修復がままならず、最悪の場合手術というケースもあるそうなのですが、早期に治療に取り掛かれば経過の良い疾患だといいます。

全治2ヶ月のケガを負っているとは思いもせず、今回の発表には驚いたのですが、シーズンオフの間にしっかりと静養と治療を行い、また素晴らしいスケーティングを披露してほしいですね。

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について