清原和博被告の関係者が高級焼肉弁当差し入れで物議! スポニチ記者が食レポで買収、倫理観無しと批判も…マスコミ対応に賛否両論

清原和博

覚せい剤取締法違反(所持・使用)の罪で起訴された元プロ野球選手の清原和博被告(48)が17日に保釈され、現在は千葉県松戸市の『千葉西総合病院』で糖尿病の治療を受けていることを各メディアによって報じられていますが、病院の敷地外で張り込んでいた約30人の報道陣に、「清原被告の行きつけの焼き肉店の者」を名乗る男性らが車の中から焼肉弁当30個分を運び出し、「食べてください」と言って差し入れが届けられたことを21日付の各スポーツ紙が報じ話題になりました。

焼肉弁当が届けられたのは20日18時過ぎのことで、報道陣の前に黒のワンボックスカーが停車。

中年男性と若い男の2人組が「(清原被告が)行きつけだった都内の焼き肉店の者」と名乗り、「清原さんに近い人から、報道陣の方に届けるように言われて持ってきました」と言って焼肉弁当30個を差し入れ、「温かいうちに食べてください」と言い残して去っていったといいます。

20日放送の『Mr.サンデー』(フジテレビ系)によれば、注文したのは清原被告ではなく、仲介人を通して19日の夜に注文が入ったとのこと。

容器や箸袋には店名は記されていなかったといい、どこの店の焼肉弁当なのか不明ではあるのですが、『スポーツ報知』が報じている記事によると、清原被告が逮捕前に常連だった新宿の韓国料理店で作ったものだと思われるそうで、同店の店員は「ウチの弁当を取材の方に届けるといった話は把握していませんが、カルビ弁当などを1000~2000円で販売はしています」と話したといいます。

<↓の画像が、報道陣に差し入れられた焼肉弁当の写真>
報道陣に差し入れられた焼肉弁当

清原和博被告の関係者が差し入れた新宿の焼肉店の焼肉弁当

この差し入れに対して報道陣は戸惑いを隠せず、「本当に清原被告の差し入れなのか? 誰かのイタズラでは」「『保釈の時におわびしたい』とコメントしていたから、本人ではないか」などといった声が飛び交っていたといい、その現場では弁当に手を付けた記者やカメラマンは誰もいなかったといい、「受け取ることができないので、(清原被告に)お返しください」と病院の受付に預ける人が続出し、それに対して病院側は預かることを拒否するという事態に発展したとのこと。

そうした中で、一部スポーツ紙がこの焼肉弁当の食レポを自社の媒体に掲載し、これに対してネット上では「倫理観があるとは思えない」「買収されてる」といった批判の声が上がっているようです。

弁当の食レポを掲載していたのは『スポーツニッポン(スポニチ)』で、「肉汁広がり10分完食 清原被告差し入れ焼き肉弁当食べた」というタイトルの記事で、「白米の上に焼き肉6切れが乗っていた。付け合わせはナムルとキムチ。」と説明し、「肉を口に入れると肉汁が広がった。脂っこくはなく、高級な肉を使っていると感じた。手元に届いてから約2時間半後に食べたが、タレでしっかり味付けされた肉はまだ柔らかかった。ナムルのホウレン草とモヤシは、どちらもごま油が効いていた。キムチは辛すぎず、口直しとしての役割をしっかり果たしていた。約10分で完食した。」とスポニチ記者による食レポを掲載。

<↓の画像が、焼肉弁当に手をつけるスポニチ記者>
清原和博被告の関係者から差し入れられた焼肉弁当に手を付けるスポニチの記者

21日に放送された『モーニングショー』(テレビ朝日系)によれば、この差し入れされた焼肉弁当の処理をマスコミ会社に尋ねたところ、「とりあえず会社に持ち帰る」「上司に相談する」といった回答が多かったそうで、スポニチのように記事にしている媒体はないものの、焼肉弁当を口にした報道陣は他にもいたのかもしれません。

そして、これに対してネット上では、「弁当ぐらい食えばいいじゃん」「食べ物を無駄にせず記事にする記者魂」と、スポニチの対応は間違っていないという声がある一方で、「倫理観があるとは思えない」「買収されてら」と批判的な声も上がっています。

21日放送の『とくダネ!』(フジテレビ系)では、田中良幸レポーターが「ひどい記事を書かないで欲しい、放送をしないで欲しいという働きかけとも捉えられかねない」と差し入れを批判し、番組MCの小倉智昭さんは「(現場の報道陣は)食べるにはいかないですよね」とコメント。

また、その他にネット上ではこの件に対して、

  • 清原本人から直接手渡ししたのであれば、本人からの差し入れとわかるけど、店名も確認出来ないようなお弁当では第三者によって何か混入されていてもわからないよね。売人がらみだったら怖過ぎる。
  • 食べ物を粗末にしてはいけない、食うべし。しかし清原に対しては手は抜かない、これがプロ。
  • 誰からのものかもわからないものよく食べれるな、もったいないかはまた別。どこのお弁当かもわからないようにしてたみたいだし、そんな唐突に差し入れされる状況でもない。自分のためにごくろうさまって?なんか違うと思う。
  • もらったもんは食べればいい。食べたからと言って批判したら文句言われる筋合いはない。シャブをやっていたのは事実やし。

などのコメントが寄せられています。

焼肉弁当1つで物議を醸すことになりましたが、なぜこのような弁当を報道陣に手配したのかその理由が定かではないことや、この弁当は清原被告が手配した弁当ではなく、関係者が手配したものと不明な部分があまりにも多いこと、さらに罪を犯した清原さんサイドが手配したもので、それをマスコミが受け取るというのは問題があることから、手を出さずに返そうとした報道陣が多かったのも納得です。

しかし、その一方で唯一スポニチの記者は弁当を美味しくいただき、さらには食レポを記事にまでしたわけですが、弁当に手を出したとしてもこれまで通りの報道姿勢を貫けばいいことで、弁当程度で買収されたとまで言うのは少し大げさなような気もすることから、これも批判されるほどのことでもないような気がしますね。

まさかの差し入れがこのような物議を醸すことになりましたが、一部のメディアは今後も病院で張り込む報道陣に対しての差し入れ攻撃が続くのではないかとしており、果たして今後も差し入れが行われるのかに注目したいところです。

関連記事

1件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名 より:
    ID:MjI0Njg2NDI2

    考えられない。この人達は何を考えているのだ、犯罪者からの差仕入れを受け取る。倫理感に欠けてる。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について