清原和博容疑者の元妻・亜希が子供2人とアメリカに移住の噂! 慶應義塾幼稚舎と中等部に通う息子はニューヨーク留学か

清原亜希

覚せい剤取締法違反の容疑で逮捕された元プロ野球選手・清原和博容疑者(48)の元妻で、モデルとして活躍している清原亜希さん(旧姓=木村 46歳)が24日、清原容疑者が2月2日に逮捕されて以来、初めて自身のブログを更新。

「この度は沢山の方々にご心配おかけしました。皆様のメッセージが本当に励みになり、私の心の支えとなりました。これからも一つ一つ大切に、丁寧に過ごして参りたいと思います」と謝罪し大きな話題になりました。

また、同29日には、ブログとインスタグラムを更新し「四年に一度の日気を引き締めていきたいです。朝が来ることに感謝…」という思いを綴っていたのですが、1日発売の週刊誌『週刊女性』は清原容疑者の逮捕が亜希さんと子どもたちに大きな影響を与えていることを報じており、近隣住民によると、清原容疑者が逮捕されて以来亜希さんの姿を見かけなくなったそうで、亜希さんのお兄さんが買い物や子どもたちの通学の送り迎えをしているようです。

長男・正吾くん(しょうご 13歳)は昨年中学校に上がったものの、2014年に両親が離婚して学校を休みがちになってしまったといい、清原容疑者が逮捕された時は兄弟揃って学校を休んでいたものの、現在は次男の勝児くん(かつじ 10歳)だけが学校に来ているようだと、兄弟が通う学校に子供を通わせている保護者が語っています。

<↓の画像は、清原亜希さんと子供の写真>
清原亜希と子供の写真

正吾くんと勝児くんは伝統ある超名門校『慶應義塾幼稚舎』に入学し、長男は勉強が出来るだけでなく、父親譲りで野球も上手く、清原容疑者のことを誰よりも尊敬して「お父さんみたいな野球選手になりたい」というのが口癖だったといいます。

そのため両親が別居した際には亜希さんに泣きながら「お家に戻ろう」と言っていたそうで、長男は相当なショックを受けていると予想されるとのこと。

兄弟が通っている超難関の名門校『慶應義塾幼稚舎』は、日本で最も古い私立小学校の一つで、これまでに数多くの有名人の子息が通い、親子3代で同校の卒業生というのはザラだといい、2014年に清原容疑者の薬物使用疑惑が浮上した際には、学校側が独自のルートを使って身辺調査を行い、薬物使用が「クロ」だと確信を得たことから、学校関係者は亜希さんを呼び出して離婚をするか、学校を自主退学するか迫ったといい、それによって亜希さんは清原容疑者との離婚を決意したそうです。

そうした学校に通い、兄弟が肩身の狭い思いをしているのは容易に想像でき、表向きでは保護者たちの間で「亜希さん親子を守ろう」と言っているものの、本心では「学校の名前に傷をつけた」と思っている人は大勢いると思うと別の保護者は語り、「弟さんのほうはまだ小学生だからわからないかもしれないけど、さすがに中学生のお兄ちゃんはその雰囲気を肌で感じているのかもしれませんね」といいます。

亜希さんはこのような教育環境の変化が生まれたことに深く落ち込んでいるそうで、難関校にせっかく入ることが出来たものの、このまま子どもたちのことを通わせていいのか不安があると思われると亜希さんに近しい人は語り、次男はあと1年で小学校は卒業となることからそれまでは頑張りたいと言っているとのこと。

そして、亜希さんは離婚後も「清原」の姓を名乗り、この名前だとどうしても目立ってしまうことから海外で生活することも考えているといい、慶応の系列校がアメリカ・ニューヨークにもあり、中学3年生になると通うことが出来るようになるため、来年長男が中学3年生となり、次男が小学校を卒業するタイミングで留学することを決断したそうです。

もし3人でアメリカに移住する場合、相当な費用がかかり、長男を入れようとしているニューヨーク校は初年度で年間550万円ほどかかり、次男の学費も同じぐらいかかるかもしれないといい、そこにさらに生活費などが加わると年間1500万円ほどになるとみられるとのこと。

亜希さんは現在モデルとして活躍しているものの、もし移住となった場合に仕事は当然制限されることになり、推定月収50万円と言われているモデル料、1回100万円ぐらいというイベントへの出演料を手にすることは困難になり、アメリカへの移住は現実的にかなり厳しいのではないかと思われるのですが、現金がほぼ底をついていた清原容疑者から慰謝料は得られなかったものの、養育費として家族が暮らしていた清原容疑者が所有のマンションに長男名義で約3400万円、次男名義で約4900万円の抵当権を設定し、合計約8300万円が養育費として渡ったと言われており、そのお金が移住の資金になるようです。

このような噂の他にも、亜希さんが移住先にアメリカを選んだ理由は、教育のためだけでなく、清原容疑者が子どもたちに会いに来るのを防ぐ目的もあるのではないかとのことです。

これに対してネット上では、

  • もう離婚してるんだから関係ないじゃん。ニューヨーク行くって手前の世間体だけじゃないのか
  • ほんと1番息子さんたちがかわいそう。留学大変だと思いますが、頑張って!!!
  • 清原が悪いのは当然だが、このようになってしまったのはマスコミのせいでもある。
  • もう離婚してるんだから関係ないじゃん。ニューヨーク行くって手前の世間体だけじゃないのか
  • 賢明な判断だ。今の状態は子供に良くない。
  • あー。。。可哀相。亜希さんも息子さんも悪くないのに。頑張ってほしい
  • 本当に大変だな…これからも、一生涯、清原の話題に巻き込まれ、子供たちも含めて背負い続けなければならない十字架。

などのコメントが寄せられていました。

『週刊女性』が今回報じているようにアメリカに移住し、ニューヨーク校に通うことになるのかはまだ分かりませんが、清原容疑者の逮捕によって日本にいる限り肩身の狭い思いをするのは明らかで、周囲の同級生等にからかわれたり、イジメられたりする可能性は十分に考えられます。

また兄弟揃って野球をやっていて、大好きな野球すらも出来なくなってしまったとしたらあまりにも可哀想で、2人は野球の才能があると言われていることから、生活はかなり厳しくなるかと思いますが、アメリカに移住して新たな生活を送ったほうが良いかもしれないですね。

これから色々と大変かと思いますが、周囲の声に負けずに頑張ってほしいと思います。

関連記事

1件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名 says:
    ID:ODI4Mzg0NzA1

    自分は悪くないのに、同情にしろ同行をいちいちニュースにされるのもかわいそう。
    同情してかわいそうと思うならそっとしておいてやれよ。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について