フジテレビ系『仙台放送』虚偽ツイート発覚で謝罪! 関西テレビ中継車の給油割り込み問題擁護もウソ判明し騒動に

仙台放送

熊本地震の取材にあたっていたフジテレビ系列の『関西テレビ放送』(カンテレ)の中継車が17日、熊本県菊陽町のガソリンスタンド付近で、給油待ちしていた車の列に割り込んで給油していたことが明らかとなりネット上で大炎上騒動に発展。

それに対して関西テレビが18日、事実と認めた上で謝罪するという騒動がありましたが、この件に関して、フジテレビ系『仙台放送』の関連会社社員が関西テレビを擁護する虚偽のツイートをしていたことが分かり、同局が公式サイトで謝罪しました。

問題のツイートは17日午後に投稿されたもので、「熊本でテレビ局の中継車がガソリン給油で横入りしたと騒ぎが出ていますが、話を調べると自分たちの燃料をドラム缶等で持ち込んで来ていて、危険物の管理をGSにお願いしているらしいです。五年前の東北の地震の時も同じような事が流れたので直接調べました。」という内容のもの。

<↓の画像が、問題のツイート(すでに削除済み)>
仙台放送のカメラマン?のツイート

この投稿者は、関西テレビが18日に割り込みを事実だと認めて謝罪すると、アカウントごとツイートを削除して逃亡してしまったのですが、アカウントに設定していた画像から40代後半のテレビカメラマンだと特定されることに。

さらに特定作業は進められ、このカメラマンの過去の発言から仙台放送の社員なのではないかという疑惑が浮上し、ネット上では「これが本当のマスゴミ」「垢消して逃亡とか人間のクズだな」「停波も視野に入れないといかんな」「スポンサーの話になると火消しが火病る。こんなテレビ局に金を出してたらスポンサーも同罪だぞ。スポンサーの態度を知りたい」などの批判コメントが殺到。

そして、仙台放送は19日に公式サイトにて「弊社の関連会社の社員が、熊本地震を取材中の系列テレビ局のモラルを指摘するツイッターへの投稿に関連して、17日午後、事実とは異なる虚偽の投稿をしていたことがわかりました。」と発表し、「報道機関に携わる者として、あまりに軽率であり、あってはならない行為でした。今回の件で、多くの皆様に不快な思いを抱かせてしまいましたことを、深くお詫び申し上げます。弊社といたしましては、今後このようなことのないよう、改めて関連会社を含めた社員・スタッフへの教育を徹底してまいります。」といった謝罪文を掲載しました。

<↓の画像が、仙台放送のHPに掲載された謝罪文>
仙台放送のお詫び文

関西テレビの中継車による割り込みはしっかりと目撃者がおり、このような嘘をついてもすぐにバレてしまうにもかかわらず、なぜこのような虚偽の擁護ツイートをしてしまったのでしょうか…。

このツイートをしたとみられるカメラマンは、2014年に行われた『神戸マラソン』に震災の経験を伝えるメモリアルランナーとして参加しており、テレビカメラマンとして1995年の阪神・淡路大震災と2011年の東日本大震災を取材した経験を持っているるとのことから、これまで多くの悲惨な状況を目の当たりにしてきたと思いますので、関西テレビの中継車の割り込み行為は決して擁護できないと思うのですが、系列局ということかあのようなツイートをしてしまったのでしょうかね…。

関連記事

1件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名 より:
    ID:MjA5ODA5ODQ1

    最近はテレビ離れやマスコミに不信感抱く人が増えてきたから
    今度はネット上で匿名で嘘ばらまいて混乱させるんだ
    でもネットといえども身元は割れるんだよ
    これで益々マスコミは信用されなくなるよ
    テレビ局全部解体しろ!!

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について