“サブちゃん”こと北島三郎が「頸椎症性脊髄症」で入院! 自宅で転倒し病院で病気と診断…80歳での病で心配の声

北島三郎

演歌歌手の“サブちゃん”こと北島三郎さん(本名=大野穣 79歳)が「頸椎症性脊髄症」の治療のため、23日に岩手県盛岡市の県民会館で開催予定の『北島三郎コンサート~ありがとう~盛岡公演』(主催:岩手日報社、テレビ岩手主催)を延期することが明らかとなりました。

これは主催の『岩手日報』の社告欄で発表されたもので、北島さんは8月下旬に東京都内の自宅で転倒し、病院で診察を受けたところ「頸椎症性脊髄症(けいついしょうせいせきずいしょう)」と診断されたとのこと。

8~11日にかけて行われた福岡公演には出演していたものの、関係者によると、現在は都内の病院に入院していて加療中だそうです。

なお、延期公演については2017年2月24日に行うといいます。

これにネットでは、

  • 老人の転倒→怪我→動けなくなって一気に劣化のコンボはマジでやばい
  • 八王子市のために長生きしてください あの婿じゃ頼りないわ
  • 有馬記念までは頑張れ
  • 東京オリンピックのエンディングで祭りを唄って貰うんだから、このくらいでくたばって貰っては困る

などのコメントが寄せられています。

北島さんが患っている「頸椎症性脊髄症」についてですが、年齢を重ねることによって発症する病気のようで、頸椎は年齢とともに骨や軟骨に変化が起き、それによって脊髄を圧迫することで手足のしびれ、痛みや手指の動きづらさ、足のしびれ、つまづきやすい、歩行障害、膀胱直腸障害(頻尿、残尿感など)など、様々な症状が出現するようになるそうです。

治療については、自然に良くならない場合には手術治療を行うとのことです。

北島さんも10月4日の誕生日で80歳となるものの、現在でも演歌歌手として精力的に活動していたのですが、今後はもしかすると活動を制限していかなくてはならないかもしれないですね…。

すでに延期公演の日にちが発表されているため、それほど重い症状では無くすぐに回復できる状態なのかもしれませんが、ゆっくりと休んで体調を整えてほしいと思います。

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について