ゲスの極み乙女。のアルバム『達磨林檎』発売中止が決定! ゲスノート発動し、川谷絵音と飲酒の新恋人・ほのかりんは事務所クビに?

ゲスの極み乙女。

タレント・ベッキーさん(32)との不倫騒動で注目を集めた川谷絵音さん(27)が3日、自身がボーカル・ギターを務めているロックバンド『ゲスの極み乙女。』と『indigo la End』の活動を、当面の間自粛することを所属事務所を通じて発表しました。

また、両バンドが所属するレコード会社『ワーナーミュージック・ジャパン』が3日深夜、12月7日に発売を予定していたゲスの極み乙女。の3rdアルバム『達磨林檎』の発売を一旦中止にすることを発表しています。

活動自粛に至った理由については、9月29日発売の週刊誌『週刊文春』によって、現在交際中のタレント・女優のほのかりんさん(20)が当時未成年だったにも関わらず、バーで飲酒していた様子を報じられたためで、所属事務所『株式会社スペースシャワーネットワーク』は、「川谷絵音が未成年者と飲酒をしていた事実がありました。」と飲酒の事実を認め、「このことを重く受け止め、両バンドともに、現在すでにご案内済みの公演を終えた後、当面の間活動を自粛することとしましたのでお知らせいたします」と発表。

また、川谷さんも書面で今回の件を謝罪するとともに、3日夜に大阪市内で行った『indigo la End』のライブのアンコール冒頭に、川谷さんは「話したいことがある」と切り出し、「知っての通り、ファンやメンバーのみんなに多大なる迷惑をかけた。しばらく活動を休止しようと思います」と活動休止を発表しています。

この発表に対してファンからは驚きの声が上がり、中には泣き出すファンもいたそうなのですが、「皆さん、ご迷惑をおかけして申し訳ないです。全て僕の責任です」と謝罪し、「僕が悪い」と何度も頭を下げていたといいます。

あまりにも突然の発表に会場内が静まり返る中で川谷さんは、「いつか戻ってきますので、待ってて下さい」とファンに呼びかけ、特に活動休止の理由や休止期間などは語らず、「皆さんやメンバーにも、迷惑をおかけすることになるので、しばらく時間を空けさせていただきます」と報告。

川谷さんはさらに自身のツイッターを更新し、「12/3のZepp Tokyo公演をもって、indigo la End、ゲスの極み乙女。は当面の間ライブ活動を自粛致します。いつも応援してくれているファンの皆様、本当に申し訳ございません。必ず戻ってくるので、待っていてください」と綴っています。

<↓の画像は、川谷さんのツイート>
ゲスの極み乙女。川谷絵音の謝罪ツイート

そして、『ワーナーミュージック・ジャパン』は3日深夜に、ゲスの極み乙女。の3rdアルバム『達磨林檎』の発売を一旦停止することを公式サイト上で発表しており、「川谷絵音の未成年者との飲酒の事実を重く受け止め、所属事務所と協議した結果、11月9日に配信リリース、12月7日にCDリリースを予定しておりましたゲスの極み乙女。3rdフルアルバム『達磨林檎』の発売を一旦中止とさせて頂きます」としています。

その一方で、未成年飲酒が明らかになったほのかさんは、10月13~18日に上演の舞台『Luna Rossa』に出演を予定していたものの、9月30日に降板することが決定。

さらに2011年よりレギュラー出演していた教育バラエティ番組『Rの法則』(NHK Eテレ)からの降板も決定しているのですが、所属事務所はほのかさんの活動自粛や解雇などの処分について「現在、検討中です」とし、出演している『大原学園』のCMについては、「関係各所との調整を全て終えた後で、何らかの処分を決定する」と話しているとのことです。

こうした事態になったことに対してネット上では、

  • もう復帰しなくていいよ。もっと痛い目をみた方がいい
  • 罪を犯しているのになぜ今すぐじゃないの?なんでこの人には甘いの?12月までライブはしっかりやってから自粛なんて納得いかない!必ず戻ってくるとか言う時点で事の重大さもまだ分かっていないみたいだし。解散してください。
  • 普通に考えてもう活動したらダメでしょ。公演はしっかり実施するという神経がわからない
  • 一旦ではなく完全にアルバムの発売を中止にしてください。ゲスの思い上がりと開き直りを誰一人として諌めることもなかった。他のメンバーについても、とてもではないが同情できん
  • いい歳して、自分をコントロールできない情けない男。脇が甘いというより病気に近い。
  • メンバーが可哀想とみんな言うが、不倫の時に、こいつに何等かの処分をしておかなかった、事務所やメンバーにも責任があるのでは?手癖が悪いのは分かってた訳だし。ゲスの回りの人物にも同情できない

などのコメントが寄せられています。

これまで川谷さんのバンドを応援していたファンは、活動自粛という発表に加えて、アルバムの発売も白紙状態になってしまい、さぞショックを受けているかと思いますが、ベッキーさんとの不倫騒動を特に反省することなく未成年の新恋人を作り、バーで堂々と酒を飲んでいたわけですから当然の報いで、ここまで大きな騒動を起こし、損害もかなり大きいとみられることから、事務所を解雇させられたり、レコード会社との契約を打ち切られてもしょうがないのではないかと思います。

ベッキーさんとの不倫が今年1月に発覚後、川谷さんに関わった人たち(元妻、SMAP、山下智久さん、元チームしゃちほこの安藤ゆずさん、元経済再生担当相・甘利明衆院議員、トヨタなど)に次々不幸が訪れていることが明らかとなり、ネット上では漫画『デスノート』に登場するデスノートになぞらえて“ゲスノート”と揶揄され話題になっていましたが、新恋人のほのかさんも舞台と番組を降板となり、事務所も解雇になる可能性が高く、バンド活動の自粛によってメンバーらにも被害が拡大し、再びゲスノートが話題になっているようです。

とりあえず活動を自粛するとのことから、ゲスノートはしばらく発動することは無いとみられますが、これからさらに何かトラブルを起こしそうな感じがするため、引き続き注目をしていきたいですね。

関連記事

1件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名 says:
    ID:ODI4NTM5NzQ0

    誰もあなたの事まっていませんから 早くにまぢーに消えろ!!!!!!!
    復活&復帰しても又同じ事するから復活&復帰はしない方がいいと思う………… 又違う女性に近ついて同じ事するそうだから…このまま消えた方が………ね。。。。
    もしあなたが復活&復帰して来たら女性の事で何かをやらかしたら今度はここから“クビ”されるよ!!!!!

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について