桂文枝(三枝)の不倫相手・紫艶がセクシー女優デビュー決定…騒動の真相を暴露の可能性も? 芸能界引退宣言も活動再開へ

紫艶と桂文枝

今年2月に、上方落語協会の6代目会長を務めている落語家でタレントの桂文枝さん(前名=桂三枝 本名=河村静也 73歳)との不倫を週刊誌『フライデー』で激白し、一躍時の人となった元演歌歌手の紫艶(しえん 旧芸名・本名=中江ひろ子 38歳)が9月に、セクシー女優としてデビューすることが17日に明らかとなりました。

紫艶さんは2012年から歌手活動を休業し、一連の不倫騒動の際には芸能界からの引退も宣言していたものの、今年4月に『東京スポーツ』によって芸能事務所に所属することが報じられ、その後ブログを開設して「この度、ご縁をいただいて『アンドエム』に所属させていただくことになりました。」と報告。

さらにツイッターも開設し、15日ツイッターで「この度、『KMP』さんより、DVDをリリースすることになりました。今回は、今までにない新しい挑戦をしてます。とっても、頑張りました。是非みてくださいね」と発表。

すでに紫艶さんの作品をリリースするメーカーのホームページでは、デビュー作品の特設サイトが出来ており、「不倫問題で芸能界を震撼させた、あの芸能人【紫艶】がついにデビューする事が決定!」などと発表されています。

また、「本編では誰もが気になる34との真相も…衝撃のインタビューもしっかり収録!」などと書かれており、作品内で文枝さんとの不倫について語っている可能性もあるのではないかと注目されています。

紫艶さんは週刊誌やスポーツ紙の取材に応じて文枝さんとの不倫について暴露し続け、プライベートで撮影したツーショット写真、文枝さんが全裸の状態で撮影された写真を自身のフェイスブックに投稿し、かなりの危険人物だとみられていましたが、案の定のコースですね…。

文枝さんは今年3月末に行われた上方落語協会の会長選で再任され、2003年7月に就任してから8期目を迎えているのですが、今年6月には今任期限りで会長職からの勇退を発表。

その理由については、「自分もほかにやりたいことがある。やれることはやったし、あと2年間で次期会長を選び、盤石な上方落語界を作らないと。それが四天王(3代目桂米朝、5代目桂文枝、3代目桂春団治、6代目笑福亭松鶴)を失った後の私の役目」などと語り、一連の不倫騒動については言及しなかったのですが、紫艶さんがセクシー女優としてデビューすることに対してどのように思っているのでしょうか…。

紫艶さんはデビュー作品で文枝さんとの不倫について触れているようなので、どこまで語るのかに注目したいところです。

関連記事

1件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名 より:
    ID:ODI4OTA5MzQ2

    どこが勇退なんだよ!上方落語の品位を著しく落とした張本人だろ。女選びも含めて先代達の芸をおとしめた張本人。YES-NO枕の前にお前は世間からNOだ。落語自体も時代にすりよるクセに少しも面白くもクスリとも笑えないし。自身の行動の軽薄さが一番笑える。笑わせてる芸人ではなく笑われてる芸人。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について