ファンキー加藤の主演映画『サブイボマスク』が予想通りのガラガラで大コケ! W不倫騒動が原因で人気、イメージダウンが深刻

ファンキー加藤

お笑いコンビ『アンタッチャブル』の柴田英嗣さんの元妻とW不倫関係にあっただけでなく、妊娠させていたことまで発覚し、イメージが急落することになった元『FUNKY MONKEY BABYS』のボーカル・ファンキー加藤さんが主演の映画『サブイボマスク』が11日より公開となったのですが、かなり苦戦しているようです。

公開初週のランキングは、オリコンやYahoo!映画などでもランク圏外となっており、ネット上には、公開初日の午後に行ったものの、席はわずか2つしか埋まっておらず、心配になるほどガラガラの状態だったという情報などが上がっており、その後も各地でガラガラの状態が続いていることからかなり厳しい状況にあるようです。

<ファンキー加藤さんが主演の映画『サブイボマスク』>
映画『サブイボマスク』

公開初日には、ファンキーさんや平愛梨さんなどの出演者が初日舞台あいさつを行い、この時に加藤さんは改めて頭を下げて謝罪。

また、ヒロインの平さんも作品の中で加藤さんの元彼女役を演じたことから「この度は元カレの加藤が本当にすみませんでした」と共に頭を下げ、このニュースは多くのメディアが取り上げて話題になりました。

しかし、あまりにもゲス過ぎる不倫騒動によって、真っ直ぐで純粋、熱くひたむきな男という加藤さんのイメージは完全に崩壊してしまっており、初主演映画にも大きなダメージを与えてしまっている様子。

映画のレビューサイトでこの作品への評価を見てみると、平さんと小池徹平さんの演技は良かったという声が上がっているほか、内容についてはそこそこ良かったという声もあり、猛バッシングされるほど酷い内容の作品ではないようですが、Yahoo!映画などのユーザーレビュー欄は大荒れしており、現在は落ち着いているものの、公開前の時点で5点満点中1.7点台という記録的な低い点数となっており、「見てるこっちがサブイボ」「史上最低のクソ映画」などと批判が寄せられていました。

案の定このような結果になってしまっているわけですが、これに対してネット上では、

  • タイトルからして見に行こうという気起こらないどころか嫌悪感を感じるタイトルすぎて・・・
  • 騒動なくてもガラガラだったと思うけど。どう考えてもヒットしなさそう
  • 騒動関係なしにどんな層がみると思ったんだよw
  • 誰が見に行くんだよw2時間ドラマだとしても視聴率5%取れるかも怪しいだろ
  • 不倫だけならまだしも、妊娠させちゃあねえ。ミュージシャンの前に、人間終わったようなもんだろ

などのコメントが寄せられています。

加藤さんの主演映画が公開されることは昨年7月に発表され、この時も世間の反応は鈍く、期待の声よりも、俳優でもない加藤さんを主演に起用したことに対して心配する声や、加藤さんの活動が迷走しているという指摘もありました。

それでも加藤さんには歌があり、今後も真っ直ぐで熱い唄を歌い続けていけば、応援してくれるファンは多くいたと思いますし、今後も活動を続けていけばファンを増やしていくことは可能だったと思うのですが、ゲス過ぎる不倫の発覚によってそれもかなり厳しくなっており、加藤さんは6月中旬に生まれた子供を認知し、柴田さんの元妻に養育費として数千万円から約1億円支払うという話なのですが、今後曲が売れなくなると支払いも厳しくなるでしょうし、今回は許してくれた奥さんも失うという展開になるかもしれないですね…。

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について