清原和博容疑者ドラマ『下町ロケット』出演オファー幻の背景! TBS幹部ストップで出演計画が白紙!『RIZIN』出場案も?

清原和博容疑者

かねてから違法薬物の使用が噂されていた元プロ野球選手・清原和博容疑者(48)が2日、自宅でマンションで覚せい剤約0.1グラムを持っていたとして、覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで警視庁に現行犯逮捕されましたが、昨年10月期に放送された阿部寛さん主演のドラマ『下町ロケット』(TBS系)に出演する可能性が浮上していた事がわかりました。

『スポーツニッポン』(スポニチ)が報じている記事によると、制作サイドは清原さん出演に向けて水面下で動いていたものの、同局の幹部が制止したことから実現はしなかったといいます。

清原容疑者が出演する可能性があったのは、心臓の人工弁をテーマに物語の後半となる第6話からスタートの「ガウディ編」だといい、ガウディ編からはお笑い芸人の今田耕司さん、バカリズムさん(本名=升野英知)、酒場ライターの吉田類さん、俳優の小泉孝太郎さんやミュージシャンで俳優の世良公則さん等が出演し、物語の終盤を盛り上げていたのですが、ドラマ関係者によると、プロデューサー等が大物キャストとして清原容疑者に白羽の矢を立てていたそうです。

『下町ロケット』は初回平均視聴率16.1%と好スタートを切り、第2話は17.8%、第3話は18.6%と数字を伸ばし、前編のロケット編最後となる第5話は自己最高の20.2%を記録。

この時点ですでに高視聴率を記録していたわけですが、清原容疑者が出演すればより注目を集め、さらに視聴率アップが望めることから、オファーを出す準備を進めていたそうです。

しかし、TBSの幹部はこの動きをキャッチし、清原容疑者に薬物使用疑惑が浮上していたことからか制作サイドを聴取したといい、TBS関係者によると「幹部が“危ないからすぐにやめろ”と指示した」そうで、これによって清原容疑者の出演計画は白紙になったとのことです。

清原容疑者の『下町ロケット』出演計画は、昨年11月に『東京スポーツ』(東スポ)によって報じられており、清原容疑者は最後の最後に登場する真の“ラスボス”と言える役を演じるとのことでした。

『下町ロケット』は高視聴率を獲得しTBS内からは映画化を期待する声も出ており、今後キラーコンテンツになり得る作品だっただけに、薬物疑惑が浮上している清原容疑者をキャスティングすることに慎重な意見があったものの、清原さんサイドに確認をしたところ「絶対、大丈夫」と答えていたことや、清原さんのバックに付いていた大手芸能事務所の力、さらに4月に『中居正広の金曜日のスマたちへ』にゲスト出演した際、平均視聴率16.4%と高視聴率を獲得した実績もあったことから、ラスボス役での出演にゴーサインが出たといいます。

このような報道があったものの、その後清原容疑者が『下町ロケット』に出演するという話は全く出てこず、結局清原容疑者がドラマに出演することは無かったわけですが、度々ある東スポのガセネタではなく、本当に水面下ではそういった話が出ていたのですね…。

現時点ではまだ決定していませんが、『下町ロケット』の続編やスピンオフ作品が今後制作されるという噂は囁かれており、さらに伊與田英徳プロデューサーは一部スポーツ紙の取材に「(原作の)池井戸先生が続編を書いてくれて、阿部さんのスケジュールをもらえたら、ぜひやりたい」と前向きな姿勢を見せており、ドラマの撮影現場を訪問した原作者・池井戸潤さんも「次につながるようになればいいと思っています」と明言しており、清原容疑者が逮捕されたという報道があり、出演させなくて良かったと思っていることでしょう。

またこれとは別ですが、『日刊ゲンダイ』が報じている記事によると、昨年大晦日にフジテレビ系で放送された格闘技イベント『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2015 さいたま3DAYS』に、清原容疑者を選手として出場させるプランがあったといいます。

これはフジテレビ関係者が語っているもので、清原さんが頼った大手芸能プロダクションの会長は格闘技界の顔役ということもあり、清原容疑者の格闘家デビューは具体的に話が進んでいたといい、清原容疑者はもともと格闘技が好きでジム通いを続けており、セコンドには親交がある格闘家・秋山成勲をつけたらどうかなどと話し合われたそうです。

しかし、昨年のある段階で状況が一変したといい、警察から長期間にわたって内定されていたヤバイという情報が局内から寄せられ、格闘家デビューは断念したそうで、「もし、出場発表後に逮捕されたら清原の試合がぶっ飛ぶだけでなく、大晦日の特番がなくなる危険性もあった。そんな危ない橋は渡れません」と関係者は語っています。

ちなみに、清原さんは『DMM.com証券』のCMに出演し、ローラさんやとんねるずの石橋貴明さんと共演していましたが、今年1月15日に契約が満了していたことが明らかとなっており、こちらもトラブルに巻き込まれずに済んでいます。

清原さんは周囲のバックアップによって、約1年前の昨年春頃から芸能活動を再開し、テレビ番組への出演や野球関係の仕事も行うなど、完全復帰に向かって歩き始めたところで逮捕され、多くの方を裏切ってしまったわけですが、果たして清原さんは反省をしているのでしょうかね…。

関連記事

参照元
  • http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160205-00000013-nkgendai-ent
3件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名 より:
    ID:ODI4MzgxODI1

    ホームラン打たずに麻薬を打とう!!(笑)

  2. 2
    匿名 より:
    ID:ODI4MzgxODI1

    「恨みつらみを買ってるんですよ、そいつらが(悪い噂を)流すんですよ。」「ハメられた!」なんて他人のせいにしてる奴は、本人に罪の意識が無いから(たまたま運が悪かったから捕まっただけと思っている)数年後必ず再犯して捕まる!断言する!

  3. 3
    匿名 より:
    ID:MzQwMDYxMzUx

    小向美奈子同様再犯は必ずする、覚せい剤は再犯率が高い
    ASKA同様保釈される可能性が高い、その後精神科の病院に送られるのは濃厚だ

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について