有吉弘行と嵐・櫻井翔のTBS『究極バトルゼウス』ヤラセ疑惑が再浮上! 得点操作でジャニーズ軍勝利が初勝利か?

バトルゼウス

お笑い芸人とジャニーズタレントが熱いバトルを繰り広げる特番『櫻井翔のジャニーズ軍VS有吉弘行の芸人軍究極バトル“ゼウス”』(TBS系 19時57分~22時54分)が24日に放送されたのですが、番組の内容に対してヤラセを指摘する声が相次いでいるとニュースサイト『日刊サイゾー』が報じています。

同番組は昨年4月に初めて放送され、今年2月に2回目の放送、今回で3回目の放送となっていました。

今回、嵐の櫻井翔さん率いる「ジャニーズ軍」のメンバーは、『NEWS』の加藤シゲアキさんと増田貴久さん、『KAT-TUN』の上田竜也さん、『Hey! Say! JUMP』の知念侑李さん、有岡大貴さん、伊野尾慧さん、薮宏太さん、『Kis-My-Ft2』の藤ヶ谷太輔さん、二階堂高嗣さん、『Sexy Zone』の佐藤勝利さんと松島聡さん、『A.B.C-Z』の河合郁人さんと塚田僚一さん、『ジャニーズWEST』の重岡大毅さん、中間淳太さん、藤井流星さん、小瀧望さん。

一方の有吉弘行さん率いる「芸人軍」は、小島よしおさん、じゅんいちダビッドソンさん、出川哲朗さん、ニッチロー’さん、あばれる君、『アルコ&ピース』の平子祐希さんと酒井健太さん、『アンガールズ』の山根良顕さんと田中卓志さん、『アンジャッシュ』の児嶋一哉さん、『ANZEN漫才』のみやぞんさん、『オードリー』の春日俊彰さん、『三四郎』の小宮浩信さん、『品川庄司』の品川祐さんと庄司智春さん、『ジャングルポケット』の斉藤慎二さん、『スピードワゴン』の井戸田潤さん、『タイムマシーン3号』の関太さん、『超新塾』のアイクぬわらさん、『NONSTYLE』の井上裕介さん、『バイきんぐ』の小峠英二さん、『FUJIWARA』の原西孝幸さんと藤本敏史さん、『ロッチ』の中岡創一さん。

これまでの対戦結果は芸人軍2勝となっており、有吉さんは「今回芸人が勝ったら、この番組はもう終わりです」といい、番組も繰り返し「ジャニーズ軍が負けたら番組終了」とアナウンスしていました。

そして、1stバトルでは回転する巨大なバーを交わしていく「ローリングゼウス」、2ndバトルではアーチェリーで的の中心を射抜く「ゼウスアーチェリー」、3rdバトルでは回転する丸太に張り付き、如何に耐えられるかを競う「ストロングハグ」が行われ、競技終了ごとに画面上部には総合得点を表示。

しかし、大縄跳びを行う4thバトル「エンドレスジャンプ」以降に得点表示が行われず、最終発表まで得点が伏せられた状態となっていました。

また、出演者も得点には触れず、実況を務めていたフリーアナウンサー・福澤朗さんが途中で「点数は、拮抗しているという情報が入ってまいりました」と触れるのみだったといい、対戦成績は1種目が引き分け、ジャニーズ軍は2種目で勝利、芸人軍が3種目で勝利という結果だったのですが、番組終盤で発表された総合ポイントでは、ジャニーズ軍がわずか10ポイント差で勝利。

<↓の画像は、勝利を喜ぶジャニーズ軍と櫻井翔さん>バトルゼウスでジャニーズ軍初勝利に喜ぶメンバー

バトルゼウスで初勝利を喜ぶリーダーの嵐・櫻井翔

ポイントの内訳は、ほとんどのバトルで勝利チームには60ポイントが加算されていたのですが、ジャニーズ軍が勝利した3rdバトルのみ100ポイントが加算されていました。

<↓の画像が、最後に発表された得点>
バトルゼウスの得点結果

さらに、放送時間が足りなかったのかどうかは不明であるものの、ジャニーズ軍が勝利した4tnバトル「エンドレスジャンプ」については、約1分のダイジェスト映像に短縮されていました。

このような形でジャニーズ軍が初勝利を飾り、番組終了も阻止することが出来たわけなのですが、後味の悪い結果にネット上では、

  • 完全なヤラセでガッカリ
  • 回を重ねるごとに、ヤラセ感増してる
  • こんな番組、ジャニーズ負けて今回で終わりでいい
  • 見てて悲しかった
  • ファンはガチンコ対決が見たいのに。点数の操作が酷くて見てられない
  • ジャニヲタをバカにしすぎ

などと、番組のヤラセを指摘する声や番組の内容に対して不満の声が噴出しています。

過去の放送でも「ゼウスPK」などでヤラセ疑惑が浮上しており、これはサッカーのPK対決をするバトルで、1球のみゴールデンボールを使用でき、ゴールできれば2点獲得出来るのですが、有吉さんはサッカー経験がないもののゴールデンボールを使用し、蹴ったボールは横で応援している芸人たちの方に飛んでいき失敗。

さらに、サッカーの名門・仙台育英高校でキャプテンを務めていたサッカー好き芸人のパンサー・尾形貴弘さんもゴールポストを大きく外れて失敗し、サドンデス戦でHey! Say! JUMPの山田涼介さんが蹴ったボールを止められなかったニッチロー’さんにも疑いの目を向けられ、視聴者からは「わざとだろ」「やっぱり、ジャニーズ接待番組だったか」「あの有吉まで、ヤラセするなんて……」という声が上がっていました。

また、今回の放送でもPKバトルが行われたのですが、アンジャッシュの児島さんがわざと失敗したのではないかと疑いの目を向けられていたとのことです。

ヤラセなのかどうかは定かではありませんが、今回芸人軍が勝利したら終了と煽っていたのも番組を盛り上げるための作戦で、最初から今回はジャニーズ軍が勝利という台本があったのかもしれないですね。

『バトル“ゼウス”』は真剣勝負を謳ってはいるものの、ジャンル的にはバラエティ番組ということから、そういった演出ありきの番組だと割り切って観た方がいいのかもしれません。

【追記 11/30 12時55分】
ちなみに、今回の平均視聴率は11.1%(関東地区)となっており、初回(昨年4月放送)は第1部が10.6%、第2部が12.4%、2回目(今年2月放送)は13.1%で、前回から2%ダウンしていました。

関連記事

4件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名 より:
    ID:MjAwMTowMj

    ヤラセ関係なくいらない番組
    ジャニーズにもうスターは出ない

  2. 2
    匿名 より:
    ID:OTczMjkwNjUy

    しかも例の赤ちゃん事件?かなんかで山田くんとか高木くんとか出てなかったし、あのボール入れるやつはすごいけど、ほか最高60点なのに、あのパールみたいなのに捕まって全勝して100点て、最高得点越してるとこ、わけわからんし、櫻井くんより上田君が頑張ってたし。
    大丈夫かテレビよ

  3. 3
    匿名 より:
    ID:MTg1NDM0NjQ3

    ジャニーズがちょっと怪我とかすれば、芸人が被害被って炎上。ガチなんだから仕方ないのに。

    次の番組で種目が変わってたりするし、段々つまんなくなる。

  4. 4
    匿名 より:
    ID:MzA2OTg5OTAx

    大縄跳びと二階堂くんのストロングハグが短くされてたところがショックだった。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について