ダウンタウン松本人志が『27時間テレビ』のマンネリ化を指摘! 毎年やる必要ないと『ワイドナショー』で発言

ダウンタウンの松本人志

ダウンタウンの松本人志さん(51)が2日に放送されたトークバラエティ番組『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、7月25・26日に放送された毎年恒例の『FNS27時間テレビ』について、「27時間テレビって毎年やらないといけないんですか? ちょっと休んでみても良いのかなと思うんですよ」と持論を展開し話題になっています。

今年放送された『27時間テレビ』では、オアシズの大久保佳代子さんが88キロマラソンに挑戦したものの、ネット上では大久保さんが車に乗り移動していたとし“ワープ疑惑”が浮上したり、平成ノブシコブシの吉村崇さんが約2000万円の愛車「BMW i8」を破壊したことに批判が殺到したり、お笑いコンビ・さらば青春の光の東口宜隆さんがお笑いトリオ・鬼ヶ島の和田貴志さんの元妻・中山楽美さんとの不倫を認め、大きな反響を呼ぶなど様々な事がありました。

そして、こうしたゴタゴタを受けて松本さんは、「パロディーをやっているのにパロディーが日テレの真逆に行ってしまうことがある」「大久保さんにマラソンとかやらせちゃうかとか。ヤラセとかよりもチャリティーじゃないんだから走る意味もないし、やらせでもいいじゃないですか。ねじ曲がっちゃっているんですよね」と持論を展開。

元々『24時間テレビ』で行われているチャリティーマラソンのパロディーでスタートした企画にも関わらず、ヤラセ疑惑が浮上するなど、パロディー企画がおかしな方向に向かってしまっている点を指摘しています。

また、「来年は(27時間テレビが)あるらしいぞ、とか。今年はあるで!の方が、みんなの士気も上がっていいんじゃないかと思う」と、番組が義務化してマンネリ化していることから、毎年の恒例番組としないほうがいいのではないかと提言していました。

更に、深夜に放送されたトークコーナー「お台場のカイダン 本当にあったフジ縛霊の怖い話」にて、平成ノブシコブシの吉村さんやさらば青春の光の東口さんが体を張ったものの、ネット上では批判が寄せられ炎上状態となってしまったことについて、「若手芸人である平成ノブシコブシの吉村や、さらば青春の光に丸投げで雑に扱っているのがねぇ……。僕はもっと芸人に愛を持ってやってほしい」「芸人さんが頑張るだけに丸投げされちゃって、上手くいったらお互いの得で、まずくなったら芸人が損をする感じが悲しいんですよ」と語っていました。

これにネットでは、

  • どう見てもグダグダだったし、無理にマンネリ状態の番組を続ける必要ない
  • 今年の27時間は酷い内容だったからなぁ。でも、これが今のフジを表してるってことで、ダメさ加減がハッキリしたからこれはこれで良かったんじゃない
  • 自分の周りでは『むしろやめてほしい。』『いつも通りの番組が見たかった。』という意見ばかり。
  • 素人目でも27時間もの枠を有効に使えていなかったと感じた。これは問題だと思う。芸人に丸投げという表現は的確だな。フジテレビは今回の事を本気で反省、検証した方がいいね
  • 毎年やるから今年も何かしなきゃ何かしなきゃになる。たまにで良いなら面白い企画浮かんだ!やろう!で、面白い番組になるかも。だが、今のフジテレビだったらそれもならないかもしれないな

などのコメントがありました。

大久保さんは『27時間テレビ』が終了した後に出演した番組で、マラソンのワープ疑惑について突っ込まれ、その疑惑を必死に否定をしたり、吉村さんはその後出席したイベントで「愛しているがゆえのああいうことになりました。クルマ好きの皆さん申し訳ありませんでした」と、頭を下げて謝罪しています。

更に、1日に放送されたラジオ番組『オレたちゴチャ・まぜっ!~集まれヤンヤン~』(MBSラジオ)にて、吉村さんは「芸人さんは『面白かったな』って言ってるんですけど、芸人さん以外の方がやっぱり、ひょっとしたら笑いをとれていなかったっていうのが大誤算です」と語り、現場にいたスタッフの半分ほどが笑っておらず、真顔の状態だったことを明かしています。

また、このコーナーが終了後に関係者と緊急会議を廊下で行ったことを明かし、「パーッとやったぞという感じはなかったです、話し合い上は。お互いが『う~ん……』と」「もう時代じゃないんだな。昔ビッグ3がやってたようなああいう感じじゃないんだなっていうのは一瞬で察しました」と語り、元々は愛車を壊すような行為をするつもりはなかったものの、何とかしないとという芸人としてのスイッチが入ってしまったそうです。

毎年放送されている恒例番組となっているため、放送されない年があるというのは寂しい気がするものの、今年放送された同番組の平均視聴率は10.4%で昨年より2.7%ダウンし、過去3番目に低い数字を記録。

番組の内容も他局で放送されている番組のパクリを指摘されたり、終始グダグダな展開で盛り上がる場面がほとんどなく、番組に対して様々な批判の声が寄せられることになり、フジテレビの番組作りの質が低下している事を露呈する結果となったため、松本さんが言うように無理に毎年放送する必要は無いのかもしれないですね。

関連記事

1件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名 より:
    ID:MTg1NDM1OTY3

    個人的に吉村が好きじゃないからかもしれないが、
    吉村レベルの芸人が車を壊しても面白くない。
    昔のさんまさんとかたけしさんは壊してもまた買えるイメージがあるけど、バラエティ番組が少ない今の時代に車壊してディーラー敵に回して生きていけるのかね?

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について