『水曜日のダウンタウン』安田大サーカス・クロちゃん救出企画が急遽中止! ツイッターユーザー参加の検証内容話題も警察沙汰に?

安田大サーカスのクロちゃん

ダウンタウンが出演のバラエティ番組『水曜日のダウンタウン』(TBS系)内の企画で、お笑いトリオ・安田大サーカスのクロちゃんをある部屋に閉じ込め、ツイッターユーザーとのやり取りのみで救出してもらうことができるのかの検証が行われ、この企画で使用されたハッシュタグ「クロちゃん救出」がトレンド入りするなど、大きな盛り上がりを見せていたのですが、番組の公式ツイッターアカウントが1日午前1時頃に、一般の方に迷惑を掛けるトラブルが発生し、企画を中止することを発表しました。

この検証は31日17時から「クロちゃん、どこかに閉じ込められてもTwitterさえあれば助けてもらえる説」と題して実施されていたもので、クロちゃんをとあるマンションの一室に閉じ込め、クロちゃんのツイートだけを頼りにネットユーザーがその場所を探し当て、救出するという内容になっており、クロちゃんはツイッターユーザーをやり取りを行いながら、部屋内部の情報や電車の音などを画像や動画とともにツイート。

こうしたヒントをもとに様々な情報がツイッター上には飛び交い、特定が進められていたのですが、一部のツイッターユーザーは不確かな情報をもとに憶測である建物の住所を書き込み、それが拡散されてしまい、番組側ではその内容を否定したり、「本人の部屋の扉には『水曜日のダウンタウン黒川』という表札がかかっています。表札が無い部屋は間違いなのでくれぐれもご注意ください。」などと注意喚起もしていたのですが、時すでに遅くトラブルが発生。

番組側は1日午前1時頃に「開始以来数多くの誤情報により、関係のない一般の方にご迷惑をおかけする事態が発生しております。」として、「この状況を重く受け止め、この時点をもって企画を中止・終了させて頂きます。」と発表し、「ご迷惑をおかけした皆様、並びに企画にご参加頂いた方々に深くお詫び申し上げます。」と謝罪。

<↓の画像は、番組公式アカウントからの企画中止のツイート>
クロちゃんの脱出企画中止のアナウンス

同時にクロちゃんはその部屋から開放され、「ということで、スタッフさんから説明あって部屋から出る事になりました!探して頂いた皆さん、本当にありがとうございました!」とツイートしていました。

そして、このような形で企画が終了することになったことに対してネット上では、

  • Twitter見た人が違うマンションに行くかもって発想がないのかね。スタッフが無能過ぎる
  • 企画自体は面白そうだけどこれ誤爆したら、無関係な奴の家がピンポンされる可能性が十分あるんだよな。住居侵入の被害届出されて、制作会社に厳重注意が入るところまでは予想できるよな
  • これは番組が悪いだろ。似たようなマンションなんていっぱいあるんだから。誤って凸がないわけない
  • 正解には表札があるってのを最初に言っとけばこうはならなかった。まぁ後から慌ててつけたんだろうけど
  • 景色わかんないんじゃ特定難しすぎんだろ。しかも参加型でマンションの捜索ならこうなることも予想できただろうに。企画自体おかしい
  • 視聴者に探させるのはマズイって気づくだろ普通。クロちゃんに脱出させる方向でいけば良かったのに。また芸人仲間に探させるとかでもいいな。そうすれば探す過程もカメラで追っかけられるし
  • 百歩譲ってカメラ同伴の出演者に探させるならともかくわけわからん一般人が徘徊してヘタしたらインターホン押されるとか恐怖でしか無いわ。企画考えたやつ頭イカれてる
  • 企画がガバガバすぎた。思いついてその場で実行したレベルのツメの甘さ
  • 囚われのHIROを助けるために奔走するクロちゃんにツイッター経由で情報を提供する企画ならなんとかなったかもしれない

などのコメントが寄せられています。

あるツイッターユーザーが神奈川県厚木市内にある物件が有力だと情報を提供し、その情報は拡散され、その近所に住む別の複数のツイッターユーザーらが現地に向かい、無関係な住宅のインターホンを押すなどしたようで、その結果警察に通報されてパトカーも出動した様子。

恐らくこのようなトラブルが発生したことが企画中止の理由だと思われますが、番組側が提供している情報があまりにも少なく、クロちゃんが発信する数少ない情報を頼りに特定しなければならないということから、このようなトラブルが発生するのも当然ですね。

『水曜日のダウンタウン』では以前よりかなり攻めた企画を行っており、さらにはねつ造やヤラセが告発されるなど、度々物議を醸している番組なのですが、今回の企画にしても企画の発想自体は評価する声も多く、もう少し内容を練ってから実施するようにしてほしいものです。

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について