乳ガン発症の北斗晶の右乳房全摘出手術が無事成功したことを夫の佐々木健介が発表! 抗がん剤治療が始まり、これから長い闘病生活に

佐々木健介と北斗晶夫妻

23日にブログを更新し、乳ガンを患っていることを告白した元女子プロレスラーでタレントの北斗晶さん(本名=佐々木久子 48歳)が、24日に右乳房の全摘出手術を受け、無事に成功したことを夫で元プロレスラーの佐々木健介さん(49)がFAXで報告しました。

健介さんは直筆のFAXで、「この度は妻北斗晶の突然の乳癌の報告に世間の皆様をはじめ、関係者の皆様、マスコミの皆様に多大なるご迷惑、ご心配をおかけしました事をお詫び致します。」と綴り、「午前中に始まった手術もお昼過ぎには無事に終了しました事をまずは皆様にご報告させて頂きます。」と無事に切除手術が終了したことを報告。

また、現在の状態について「現在は術後の痛みと、胸を全摘出した事で心の痛みが強く、少しでも痛みを忘れられる様、離れず側にいてやる事しか出来ませんが、家族四人で力を合わせて、癌に負けないように頑張っていきます。」と綴り、「長い闘病生活になりそうですが、皆様の前に元気な姿で一日も早く立てます様、妻も頑張ってくれると信じています。皆様には変わらぬお力添えをお願い申し上げます。」と呼び掛けています。

これに対してネット上では、

  • 北斗さんがんばって必ず戻ってきてください
  • 一日中心配してましたが、まずはひと安心、みんなで頑張って下さい
  • 無事に終了したんですね。これから先のことを考えると辛いですが、まずはゆっくり過ごして欲しいです。
  • 頑張ってくださいとしか言えないけど…ご家族の支えで乗り越えて欲しいです。
  • 絶対に絶対に元気になってほしい。健介さんが支えてくださればきっと良くなると思います。北斗さん頑張れ!

などのコメントが寄せられていました。

23日に北斗さんが更新したブログによると、ガンが脇のリンパまで転移している可能性があり、術後ほどなくして抗がん剤治療がスタートし、これから長い闘病生活に入ることになるとのことで、摘出手術が無事に成功したものの、これからが本当に辛く大変な治療が始まることになりますが、持ち前の強い精神力と健介さんや二人の息子さんら家族などと共に乗り越えてほしいですね。

そして、復帰時期について所属事務所は「メドは見えない」としていたそうなのですが、『スポーツニッポン』が報じていた記事に掲載されていた横浜市・福田医院の福田伴男院長の話によると、乳房は肋骨で他の臓器と離れており、早めに切除できれば転移する可能性は少ないといいます。

乳ガンは、寛解(ガン細胞が消えた状態)が他のガンよりもかなり早いといい、入院期間は1~2ヶ月で、体力のある北斗さんであればその後すぐに復帰出来るだろうとのことです。

健介さんもこれから長い闘病生活になるとしており、果たしてそこまで早く復帰出来るのか分かりませんが、脇のリンパにガンが転移していないことと、1日も早く寛解しまた元気な姿を見せてくれることを願うばかりです。

関連記事

1件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    つっこみくいーん より:
    ID:MjA4OTk4Nzc4

    北斗さんの代わりになれる主婦タレントはなかなかいないと思う。周囲に支えられながら、明るく元気な姿でカムバックを祈ります。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について