関ジャニ∞大倉忠義が腸閉塞でドームツアー最終公演の出演キャンセル…公式サイトでファンとメンバーに謝罪

関ジャニ∞大倉忠義

関ジャニ∞の大倉忠義さん(30)が腸閉塞のため、17日に大阪・京セラドームで行われたドームツアー「関ジャニ∞の元気が出るLIVE!!」のファイナル公演への出演をキャンセルしたことが明らかとなりました。

大倉さんは前日の夜に放送されたラジオ番組『オールナイトニッポンサタデースペシャル大倉くんと高橋くん』(ニッポン放送)に生出演したものの、同日から訴えていた激しい腹痛が治まらず、一夜明けて病院に行ったところ腸閉塞と診断され、本人は直前まで出演を希望していたものの、医師の判断によって出演を取りやめたとのことです。

17日に行われたライブのオープニングでは、大倉さんを除いた6人のメンバーが私服姿でステージに登場し、村上信五さんがメンバーを代表して会場に集まった4万5000人のファンの前で「大倉が腸閉塞で出られません」と発表し、医師の判断によって休演を決断したこともファンに伝えました。

「皆さん、6人でいいですか?」とファンにたずねると会場からは歓声が上がり、6人は衣装に着替えてライブをスタートさせ、大倉さんが歌うパートなどは6人全員でサポートしたそうです。

そして、大倉さんは公式HP上でコメントを発表しており、「僕の体調管理の至らなさで動けなくなり、京セラドームの最終公演に立つことができませんでした。7人の姿を見るためにずっと楽しみにしてくれていたファンのみんなの気持ちを考えると申し訳ない気持ちでいっぱいです。メンバーに対しても、ずっと7人で作ってきたステージで、ツアーのオーラスに突然6人でステージに立ってもらうことになり…本当に…ごめんなさい。」と謝罪。

「最後までかけぬけたかった。みんなで、笑っていたかった。いくら謝っても謝り足りませんが、みんなの前に1日でも早く元気な姿をみせられるように努めさせていただきます。ファンの皆さん、メンバー、関係者の皆さん、本当に申し訳ありませんでした。」と綴っています。

これに対してネット上では、

  • 腸閉塞は命に関わる場合もあるからとても恐ろしい病気。決して無理をせず、完全に治るまで休養を!
  • 腸閉塞って時々合併症で出るから心配だな…。ファンや仲間のためにも早く元気になるといいね
  • ツアーファイナルだし、出たかった気持ちもわかるけどドクターストップがかかってしまったのならどうしようもない。体が一番大事なのでしっかり治してほしいな。自分を責めたりはしないでほしい。
  • 懸命な判断。強行したら悪化して下手したら命に関わる。どうかお大事に。
  • 今はゆっくりと体を休めてください…!オーラス出られなくなったのは、ファンもメンバーも大倉くんも皆悔しいかもしれないけれど、やはり体が一番大事。しっかり病気を治して完全復活してくれるの待ってます。お大事にしてください!

などのコメントが寄せられていました。

大倉さんは前日から激しい痛みに耐えてラジオ番組に出演し、さらには17日のライブにも出演しようとしていたとのことですが、腸閉塞は何らかの理由で腸の内容物が通過しにくい、あるいは完全に詰まった状態のことをいい、悪化すると腸管が破れて腹膜炎を引き起こすことや、場合によっては生死に関わる病気であることから、無理をして仕事をすることなく、完治するまでしばらく仕事は休んでもらいたいですね。

ツアーファイナルに出演できず、悔しい気持ちでいっぱいかと思いますが、今回溜まった鬱憤は今後行われるライブ等で発散してほしいと思います。

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について