嵐・二宮和也&吉永小百合の主演映画『母と暮せば』の興行収入伸び悩み、『orange』や『妖怪ウオッチ』に惨敗…

嵐の二宮和也

嵐・二宮和也さんと女優・吉永小百合さんが主演の映画『母と暮せば』(山田洋次監督)が12日より全国336スクリーンで公開され、公開2日間で19万7,460人を動員し、興行収入は2億4,442万1,500円で、国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)で初登場3位となりました。

見事TOP3にランクインしたものの1位獲得とはならず、同日公開となった土屋太鳳さんと山崎賢人さんが共演の『orange-オレンジ-』(全国303スクリーン)が26万1779人動員し、興行収入は3億1177万8900円を記録して1位となりました。

『母と暮せば』は、長崎に原爆が投下されてから3年後のを舞台にしており、吉永さん演じる助産婦の伸子の前に、二宮さん演じる原爆によって亡くなった息子・浩二が亡霊になって現れ…という山田監督初のファンタジー作品。

吉永小百合と二宮和也の母と暮せば

浩二の恋人・町子を黒木華さんが演じ、その他に子役の本田望結ちゃん、俳優の浅野忠信さん、小林稔侍さん、橋爪功さんら演技派俳優が出演しています。

山田監督による作品というだけでなく、吉永さんと二宮さんは初共演ということからも大きな注目を集めていましたが、『orange』に負けただけでなく『007 スペクター』にも負けてしまい3位という結果となり、公開2日間の興行収入も約2億4400万円と伸び悩んでいます。

そして、その後の追い上げに注目が集まっていたのですが、公開2週目(19・20日)では人気アニメ映画『映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン! 』と、人気SF映画の最新作『スター・ウォーズ フォースの覚醒 』が公開され、『母と暮せば』は4位にランクダウンすることに。

ちなみに、『妖怪ウオッチ』は約97万5000人を動員し、興行収入は10億6000万円と早くも10億円を突破しており、興収50億円突破確実だと言われています。

2週目のランキングが発表された21日には大ヒット御礼舞台あいさつが行われ、同日までに60万人を動員、興行収入は7億円を記録しており、一部では「30億円超えを見据える好調な成績を維持している」と報じられていたのですが、2週目で4位にまでランクダウンしており、これから爆発的に数字を伸ばす可能性は低いとみられており、最終的には10億円前後、伸びたとしても20億円前後なのではないかと予想されています。

過去に二宮さんが出演した映画の成績を見てみると、2006年に公開された『硫黄島からの手紙』(クリント・イーストウッド監督)が、最終的な興行収入が51.0億円でトップとなっており、2010年公開の『大奥』は23.2億円、2011年1月公開の『GANTZ』は34.5億円、同4月公開の『GANTZ PERFECT ANSWER』は28.2億円、2013年公開の『プラチナデータ』は26.4億円となっており、このまま大きく数字が伸びないかぎり近年では最低の記録となってしまいそうです。

しかし、作品自体に対する評価は決して低いわけではなく、映画情報やレビューの総合サイト『Yahoo!映画』で評価を見てみると、5点満点中4点(24日22時時点)の高得点を得ており、作品に対して「感動した」「泣いた」などといったコメントが数多く寄せら、さらに二宮さんの演技も高く評価されています。

そんな二宮さんはこの作品だけでなく、28日にはスペシャルドラマ『赤めだか』(TBS系)で主演を務めているほか、年明けの1月3日に放送される新春ドラマスペシャル『坊っちゃん』(フジテレビ系)でも主演を務めており、どのような演技を見せてくれるのかに注目したいですね。

関連記事

3件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    つっこみくいーん より:
    ID:MjA4OTk4ODAx

    カップルなら『orange』、気の合う仲間なら『スター・ウォーズ』、子連れだと決まって『妖怪ウォッチ』。『母と暮せば』は、お一人様向きかな。

  2. 2
    あらしっく より:
    ID:MTAyMjI5ODc3

    惨敗?
    嵐のニュースになると惨敗ってよく言うよね

    嵐に嫉妬してるからでしょ

  3. 3
    匿名 より:
    ID:MjQwZjo3ZT

    嵐ヲタがたくさん来て大ヒットという予想が外れてぶちギレしてる吉永小百合が見たい

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について