スマップ解散騒動前から香取慎吾の奇行目撃情報が?『こち亀』大コケが原因で俳優業への意欲減退? 来年9月で芸能界引退が濃厚?

香取慎吾

SMAPが年内で解散することをジャニーズ事務所が正式発表し、14日未明に各スポーツ紙は一斉にSMAPの解散記事を報じるとともに、香取慎吾さん(39)と草彅剛さん(42)が解散強硬派だったとし、特に香取さんは一連の騒動で“裏切り者”とされている木村拓哉さん(43)に対して強い不信感、拒絶反応を示していると言われています。

香取さんは、1月に表面化した分裂・解散危機騒動の責任を取る形でジャニーズ事務所を離れることになったSMAPの元チーフマネージャー・飯島三智さんのことを、母親のように慕っていたと言われており、飯島さんを失ったことで大きなショックを受け、その原因ともなった木村さんとの関係に深い亀裂が入ってしまったとされています。

そのため、香取さんは『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)で笑顔をほとんど見せなくなり、木村さんとは目も合わせなくなっています。

また、香取さんがドラマの打ち上げで自殺をほのめかしたり、ジャニーズ事務所を離れることや芸能界引退をほのめかす発言をしているなどと、週刊誌やスポーツ紙によって報じられているのですが、香取さんは以前から芸能活動をすることに葛藤していた印象があるなどとニュースサイト『サイゾーウーマン』は報じています。

香取さんといえば、SMAPのムードメーカー的な存在で、いつも明るくて元気で天真爛漫なイメージが強くあり、これまでにバラエティ番組でも慎吾ママや市川カニ蔵など、SMAPのメンバーの中では最も多くの様々なキャラクターを演じてきました。

<慎吾ママを演じる香取慎吾さん>
慎吾ママ

しかし、実際には「内向的で社交性には欠けるタイプ」だといい、プレッシャーにも弱いことから、2004年放送のNHK大河ドラマ『新選組!』で主演を務めた際には、あまりの重圧に耐え切れずに収録現場から逃げ出したこともあったといいます。

香取さんは良く言えば生真面目であるものの、神経質で物事を柔軟に受け流すことが出来ないため、いつかはパンクをしてしまうのではないかと思っていたとテレビ局の関係者は語っています。

そんな香取さんは、ドラマでも様々な役柄に挑戦し、2004年公開の実写映画『NIN×NIN 忍者ハットリくん THE MOVIE』をはじめ、2006年にフジテレビ系でドラマ、2007年に映画化された『西遊記』、2009年にTBS系でドラマ、2011年に映画化された『こちら葛飾区亀有公園前派出所』(TBS系)で主演を務めるなどし、大きな反響を呼びました。

香取さんはこうしたコミカルなキャラクターを演じる事によって人気を上げていきましたが、近年はそれが逆に心を蝕む要因になってしまったのではないかという指摘されています。

アイドル誌のライターは、「人間関係でもいろいろあったのかもしれませんが」と前置きをした上で、俳優としての意欲が減退してしまったのは、乗り気では無かったものの主演を務める事になった『こち亀』の大コケが転機にだったような気がすると語っています。

香取さんはそれまで俳優としても活躍していたものの、『こち亀』は低視聴率を連発し、初回平均視聴率は12.2%、第2話は11.3%、第3話は7.6%、第4話は5.9%、第5話は6.5%、第6話は7.6%、第7話は7.9%、最終回となる第8話は11.8%で、全8話の期間平均視聴率は9.3%。

映画版は、観客動員数が73万人、興行収入は8.17億円と微妙な結果に。

<『こちら葛飾区亀有公園前派出所』で両津勘吉を演じた香取慎吾さん>
TBSドラマ『こちら葛飾区亀有公園前派出所』で両津勘吉を演じたSMAPの香取慎吾

その後も香取さんが主演を務めたドラマは低視聴率を連発し、昨年公開された三谷幸喜監督の映画『ギャラクシー街道』についても、酷評されることになりました。

さらに、香取さんが出演するバラエティ番組も不調なことから、仕事に対するモチベーションは低下する一方だといい、「周囲もどのように彼を扱っていいか困惑していたようです」と語っています。

また、香取さんの奇行がいつしか目撃されるようになったという話も出ており、テレビ局の関係者によると、数年前にテレビ局内で香取さんを見かけた際に、1人でぶつぶつと何か呟いていたことから、セリフでも覚えているのかなと思ったそうなのですが、何を呟いているのかよく聞いてみたところ、壁の張り紙に書かれている文字をただ漫然と読み上げていただけたったそうです。

それも全くの無表情でギャグでやっているようには見えず、「その光景はちょっと異様でしたね。彼に近付こうとする人は誰もいませんでした」と明かしています。

このような奇行も目撃されているという香取さんですが、SMAP解散後にどのような活動をしていくのか気になるところで、香取さんはアートやファッション方面で才能を発揮しているため、芸術家に転身する可能性も囁かれているのですが、前出のアイドル誌ライターも「事務所との契約こそ更新したようですが、近いうちに自ら芸能界の第一線を退く可能性は非常に高いと思います」と語っています。

この記事では、以前から香取さんが芸能活動に葛藤していたこと、奇行も目撃されていたなどという話が出ているわけなのですが、これに対してネット上の反応を見てみると、

  • 香取は早く芸能界を引退して入院した方がいいよ…
  • 大丈夫、ツヨポンがついてる。中居くんだって、ごろちゃんだって。たくさんのファンだって。大丈夫。
  • メンタルが弱い人なのに事務所の差し金か慎吾くんをバッシングする記事が多すぎる。あまり追い詰めないで欲しい。彼はコンサートの演出もしているし実に多才。演技力もある。
  • 慎吾は自称パーフェクトビジネスアイドル、芸能界でしか生きらない のだそうです。大丈夫、慎吾は繊細ではあっても決して弱くはないです!

などのコメントが寄せられています。

この話がどこまで本当なのかは定かでは無いのですが、香取さんは自身について「芸能界が作り上げたパーフェクトビジネスアイドル。」だと語っていたことや、「人付き合いは苦手な方で、元気で明るいキャラクターでお仕事をして、それでお給料をもらってます。小学生の頃からこの暗黒の世界に……」「僕の闇の光を感じてください」と自虐的にアピールしていたことがあります。

さらに、芸能人は信用が出来ないという理由で、共演者でも連絡先を絶対教えないと公言し、連絡先を交換している芸能人はごく僅かであることを明かし、司会を務めている『SmaSTATION!!』(テレビ朝日系)のスタッフからは、直してほしい点として「本音を言わない。いつもどこか客観的な目線」ということを挙げられるなどしており、テレビでの天真爛漫なイメージとは違い、心に闇を抱えている方だと以前から言われています。

そのため、今回報じられていることについては特に意外ではなく、十分有り得る話です。

そのため、SMAPを解散した後にどうなってしまうのかが非常に心配なところなのですが、無理に芸能活動を続けるぐらいならば、好きなアートやファッション関係の道に進み、伸び伸びとした状態で活動をしてほしいと思いますね。

関連記事

参照元
  • http://www.cyzowoman.com/2016/08/post_21380.html
コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について