ジャニー喜多川社長がSMAPの解散説を完全否定! 9月契約更新時期に分裂の噂も「あり得ない」と断言も、ファンの不安は払拭出来ず

SMAP

『ジャニーズ事務所』のジャニー喜多川社長(84)が4日までに、東京都内でSMAPの分裂・解散危機騒動後に初めて取材に応じ、「解散とか、冗談じゃない。ありえない。みんな(事務所を)出ていくわけがない」と根強い解散の噂を完全否定し、今年9月からのデビュー25周年についても「(イベントなどを)盛大にやるべき。周りに遠慮して萎縮する意味もない」と語っていたことが明らかとなりました。

これはジャニー社長がプロデュースする舞台『ジャニーズ・フューチャー・ワールド from帝劇to博多』の説明会の席で言及したもので、ジャニー社長自らが「SMAPのこと、聞きたいですよね」と記者たちに切り出し、いつもとは違いSMAPの質問については少し語気を強めて答えていたといいます。

<↓の画像が、ジャニー喜多川社長の写真>
ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長

まずジャニー社長は、「皆さん、絶対聞きたいと思うから。『SMAPはどうなの』って。はっきりしときますよ。僕は命をかけても(守る)。SMAPは我が子と同じですから。僕に相談なしで、(解散することは)絶対ない。そんな心配は全然ないです。解散だとか何だかって、冗談じゃない。(生謝罪後も解散説が度々、報じられるが)とんでもないね。解散、何回したらいいんだろうね」と、あの生謝罪後も度々浮上している解散説を否定。

契約更新時期の9月の解散説についても、「更新っていうことは再契約ね? そうしたら何度もそういうこと(解散騒動)が起こってくるわけですよ。(過去に)それないですよね? 何で今回に関してそういうふうに(契約見直しを)するんですかってことを言ったら、あり得ない」「(更新しないことは)ないですね。あり得ない」と否定をしています。

ジャニー社長がこうして取材会を行うのは年始以来4ヶ月ぶりだといい、SMAPの分裂・解散危機騒動時には社長として特にコメントも出していなかったのですが、記者から1月の騒動時はどういう思いで過ごしていたのか聞かれると、「1月はずっと病気だったんですよ。入院していたんですよ。歳とともに病気をしますよ。」と高齢による体調不良で入院していたことを告白し、「(解散はないと)頭から思ってますからね。僕はそういうの(解散)信じていない。彼たちが僕を信じている以上に僕も信じてますから。なんかあれば、こっちに(連絡が)来ますよ。それだけは信じて下さいよ」と改めてSMAPの解散を否定。

SMAPのメンバーと話をしているのか聞かれると、「話はしょっちゅうしますけど、1月のガタガタしているころは向こうが遠慮しちゃうんですね。僕が入院しているから」といい、会っているのかどうかについては、「僕は全面的に彼たちを信じている。1回くらい。『がんばれよ』『がんばろうよ』(と言った)」と明かし、1月18日放送の『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)での生謝罪前にメンバーと会い、「頑張れよ」と声をかけたそうです。

今年9月でデビュー25周年を迎えるものの、現時点ではCDの発売や記念コンサートなどのイベントの予定も立っていない状況ですが、「何周年、何周年でやるべき。周りに遠慮する意味もない。SMAPは本当に僕だって、一生懸命育ててきた子たちだから。子たちといったら、いいあれですけど。僕からみればそういう年代ですからね」と言及。

ツアーについては、「もちろんやらないといけない。『俺たち、もういいよ』と言うと思うけど、言ってもやらなきゃいけない。今いくつ?SMAP?自慢じゃないけど、(僕は)84ですよ」などと語り、最後には「そういうことで、よろしくお願いしますよ。(SMAPを)応援していただかないと」と記者たちに呼びかけるなど、SMAPへの愛情を示していたとのことです。

<↓の画像は、SMAPの分裂・解散危機騒動の一連の流れ>
SMAPの分裂・解散危機騒動の一連の流れ

このようにジャニー社長がついにSMAPの解散を否定したわけですが、これに対してネット上では、

  • 本当なら嬉しいけど、それならしっかりとマネジメントして欲しい。
  • SMAP解散しないのは嬉しいけどジャニーズ事務所の所属だとキムタク以外はのびのび仕事できないんじゃないかな。
  • 25周年は盛大に…って、記念のイベントやライブの告知が全くないよね?9月まであんまり時間がないけど大丈夫なのかな?って心配してしまう…。ジュリーさんは盛大にやるつもりあるのかな?ジャニーさんとは信頼関係があっても、ジュリーさんとはどうなんだろう?
  • ファンを第一に考えるならば、SMAPだけでなく、メリー副社長も謝罪するべきであった。
  • 『僕は命を懸けてで』って信用していいのかな…。実際、社長のジャニーより姉のメリーの方が権力を持っているように思うのだが…。まあSMAPが今まで通り活動できるならそれで問題ないけど、今後メリー親子のSMAPに対する活動の妨害があるとすればジャニー社長はそれこそ命を懸けてでも阻止して欲しいと思う。
  • ジャニーさん、飯島さんのことも守ってあげてよ。と思うのが半分、逆に4人のこれからが心配。が半分。何だろう、このスッキリしない感じわ。
  • 解散はないけど、いつまでも足かせをはめられて、飼殺し状態のSMAPのみんなを見ているのは辛い。
  • 何だかなぁ…解散はないっていうなら、25周年をお祝いする気があるならではの行動があるはずなのに…。今まで通り5人揃っての観覧があったり(中居木村の参加する観覧が無くなった)、smapの話のカット(メンバー仲が悪いと思わせるため?)をしなかったり、中居プロデュースの舞祭組アルバム発売(年明けには発売するはずだったのでは?)があるものじゃないんですかね?もしこの記事が本当だとしても社長としての権力が落ちているのは確かなのかな。
  • 飯島さんが残した仕事が次々終わり新規の仕事は全くないし、スマスマ20周年触れることもなく、それどころか観覧もなくなったまま。マネージメントする気があるようにはとても見えないんだよね。ちょっとジャニーさんの言葉だけでは安心できないですわ
  • いくらジャニーさんが頑張っても、メリーとジュリー親子が言うことを聞くかな?逆にメリーとジュリーに言わされていたりして…とにかくメリーとジュリーは信用できない。メンバーが気持ち良く仕事ができるなら、解散もアリだと思う。
  • これが本当ならというよりも、それが本当に5人全員の意志なら嬉しいんだけどね。『出て行くはずがない』なんていうけど、『出ていかせない』というある種のパワハラに聞こえてしまうんだよな。
  • 入院していた件も初耳な上に信じ難い。そこまで大切な子なら『キムタク以下4人の公開処刑』としか思えない最悪な謝罪をさせるべきではなかったはず。『頑張れよ』というコメントもおかしいでしょ。結局は騒動の原因を作ったメリー側からの謝罪は一切無く、飯島マネと4人を戦犯扱いのまま。それに対しての謝罪、新規ファンに対する会員証や手続き、ビストロの観覧、新曲、25周年イベント等々、きちんと体制を整えた上でコメントをいただかない限り、ファンを含め応援している人々が安堵する事はない。
  • 素直に喜びたいけど言い方が微妙… 信用してるとか出ていくわけないとか、これはジャニーさん個人の意見で、メリー、ジュリーの考えは反映してない感じ。果たしてあの二人がちゃんとSMAPに仕事させてくれるかはまだまだ心配…。盛大にやるべきとか萎縮するべきではないとか、社長なんだから『やりますよ!』と断言して欲しかった。結局実際の権限はメリーにあるんだろうなと思わせる言葉。でもファンはとにかく5人のこれからを応援するのみ

などのコメントが寄せられていました。

今回のジャニー社長の言葉に対し、安堵したというコメントも多少見受けられたものの、大半がまだ安堵は出来ないといった声で、その理由については、やはり騒動の発端となったジャニー社長の実姉であるメリー喜多川副社長(本名=藤島メリー泰子 89歳)、さらに娘の藤島ジュリー景子副社長(49)もSMAPの事をよく思っていないという話があり、実際にあの騒動後から仕事にも大きな変化が現れていることから、ジャニー社長の言葉だけでは安心することは出来ないかもしれないですね。

ちなみに、5日に放送された情報番組『白熱ライブ ビビット』(TBS系)でもこの話題が取り上げられ、司会のTOKIO・国分太一さんは「『解散とか冗談じゃない』と結構強めに言ったんだなと…。僕の知ってるジャニーさんはそういう言葉をあんまり使わない人なんで、強い思いというものをこの言葉から感じました」とコメント。

さらに、一連の騒動の直後に近藤真彦さんを発起人とする事務所の親睦会についても語り、SMAPの到着を待っていた後輩たちで「やっぱりちょっと切ない話だよね。こういう話があるのは。でも、なんかやっぱりずっと続けてもらいたいよね。僕たちの前を…なんか…歩いてて欲しいよね」といったことを話していたといい、国分さんが情報番組の司会を務めていることもあり、SMAPからは「ごめんな。本当に」「本当に辛かったよな、おまえも」などといった言葉をかけられ、この気遣いに感激したことなども明かしていました。

とりあえずSMAPの解散について心配する必要は無いようなのですが、あの一連の騒動によってメンバーの関係に亀裂が入ってしまったと言われており、グループでの活動が今後どうなるかは予想が付きません。

もし解散をしなかったとしても、今後は個々での活動がほとんどで、SMAPは少年隊のような活動になっていくのではないかとも囁かれているのですが、果たしてどうなるのか引き続き注目をしていきたいですね。

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について