肺ガンで亡くなったアイドル・丸山夏鈴の母親と、所属事務所・ハッピーストライクの間で支援金を巡るトラブル発生で批判殺到!

丸山夏鈴 Eternal Summer

ガンと闘っているアイドルとして、日本テレビ系の報道・情報番組『news every』やフジテレビ系の『みんなのニュース』で特集が組まれ注目されていた丸山夏鈴さんが、肺ガンのため22日13時10分に、21歳の若さで亡くなられていたことを丸山さんの母親がTwitterにて報告し、ファン等から多くの追悼コメントが寄せられていますが、丸山さんの母親が訃報を伝える前に、所属事務所「ハッピーストライク(HappyStrike)」の間であるトラブルが発生していたことを明かしていました。

そのトラブルというのは、丸山さんのオリジナルソング『Eternal Summer』のCD制作のために、ハッピーストライクが昨年10月29日「事務所の利益にする事無く、丸山夏鈴 1stシングル『Eternal Summer』を発売させ、その利益を全て丸山夏鈴とそのご家族に寄付したい」という思いから、「丸山夏鈴応援募金」という任意団体を立ち上げ、CD制作に関わる一切の費用を集めるため、インターネット上で不特定多数の人に支援を募るクラウドファンディング「CAMPFIRE」にて、昨年11月より12月にかけて目標金額100万円を達成するため支援を募り、221人から230万6,073円を集めて今年2月28日に1stシングル『Eternal Summer』をリリースしたものの、シングルの売上利益や募金が家族の元に届かず、更に連絡も無視されている状況にあったことから不信感を抱き、以下のようなツイートをしていました。

「どうして夏鈴に会いにきてくれないのですか? クラウドファンディングのリターンも夏鈴のやるべき事は終わってるのに、社長の所で全てストップしています。メールをしても無視されて夏鈴が可哀想です。夏鈴はずっと待っていましたよ! 募金活動の善意も夏鈴には一円も届いてません」

(↓の画像が、実際のツイートの写真)
丸山夏鈴の母親ツイート1

そして、母親はその後も事務所からの連絡を求めてツイートを続け、最初のツイートから約1時間後に「夏鈴ごめんな~ 夏鈴何にも悪くないのにママは守ってやれなくて、みんながリツイートしてくれるから社長気付いてくれると思うよ。いつでも社長を信じてアイドルしてきた夏鈴だから、約束は守ってほしいよね 社長!!! 電話お待ちしています。」とツイート。

(↓の画像が、実際のツイートの写真)
丸山夏鈴の母親ツイート2

その後、ハッピーストライクの社長である下村誠さんがTwitterより、母親と連絡を取ったことを報告すると共に、「募金並びにクラウドファンディングのお金は、全てのリターンが終了してから一斉に報告するつもりでした。大変申し訳ございません。」と釈明し、「当初より、流通会社様よりCDの売上げの数字が出て、全ての数字が出て利益が分かり次第、夏鈴に届けるつもりでしたので、一銭も渡っていないとの言葉は残念でなりません。5月末には収支報告をさせて頂きます。」と今後の対応について報告していました。

(↓の画像が、ハッピーストライクの下村誠社長のツイート)
ハッピーストライク下村誠ツイート1

ハッピーストライク下村誠ツイート2

そして、母親も事務所側から連絡があったことを報告、そして、今回Twitter上で事務所に向けてこうした訴えかけをした理由について、「夏鈴の純粋に頑張って来た証しをうやむやにして終わりたくはなかったと言う母心から発信致しました」などと説明をしていました。

(以下が、実際のツイートの写真)
丸山夏鈴の母親ツイート3

丸山夏鈴の母親ツイート4

丸山夏鈴の母親ツイート5

また、ハッピーストライクの公式ブログ上にて、今後の対応について「丸山夏鈴応援募金」ならびにクラウドファンディングの収支報告を5月末日までに行い、クラウドファンディングのリターンの一部が遅れていることから、49日忌にあたる7月9日までに、完全な収支報告が出来るよう約束致します。」改めて報告すると共に、今回の一連の騒動について謝罪しました。

(↓の画像が、事務所の公式ブログに掲載された今後の対応についての報告)
丸山夏鈴ハッピーストライク弁明

これにネットでは、

  • この社長に落ち度があったかどうかは、当事者じゃないからよくわからないけど、今の世の中、企業の対応や情報発信が遅れると、ろくなことにならないな
  • 故人があまりにも可哀想。社長の言い訳あまりにも幼稚。
  • こういうのをSNSで訴えられる時代になったのは、SNSの良い面だね。今までなら全て、泣き寝入りだったはず
  • 少しくらい遅れただけじゃ文句は言わない。連絡が取れなくなったことが問題
  • 確かにCDの売上って時間がかかるみたいだけど、それなりの報告ってもんがあるでしょうに・・・。そのまま猫ばばするつもりだったんじゃないのかこれって・・・

などのコメントがありました。

丸山さんのCDをリリースするために「丸山夏鈴応援募金」という任意団体を立ち上げ、これまでにチャリティーライブを開催したり、クラウドファンディングで支援を募り予想を大きく上回る金額が集まり、そして、CDをリリースしての売上げの収支もすぐには出るものでも無いと思われるため、時間が掛かってしまうのはしょうがないことだと思いますが、経過報告をせず、母親からの連絡を無視し続けていたことは問題で、持ち逃げしたのではないかといった疑いをかけられてもしょうがないでしょう。

そして、丸山さんの母親が今回こうして行動をしたことによって、このようなトラブルが発生していることが明らかとなり、とりあえず問題が解決する方向で動き出しましたが、世間から非難の声が寄せられ大事になったことから対応をしたようにしか見えないため、ハッピーストライクに対して不信感しかなく、今回このようなトラブルが発生したことが残念でならないですね。

関連記事

2件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名 より:
    ID:MjA5NzE4Njc2

    この人ってそこまで特別扱いされるべき人じゃないでしょ。
    世の中には成人を迎える前に命を落とす人も大勢いるんだし、母親も事務所側も金儲けしか頭にないとしか思えん。

  2. 2
    匿名 より:
    ID:MTkyNDg5NDAz

    CDの売り上げは時間がかかるかもしれないけど、丸山さんが生きている間に募金が渡らなかったことは問題。亡くなってからでは治療費にできない。善意の気持ちを踏みにじっている。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について