松岡修造&田口惠美子の長女・恵『宝塚音楽学校』合格、高倍率の難関突破しタカラジェンヌ目指す(画像あり) 父親もブログで報告

松岡修造

『宝塚音楽学校』(兵庫県宝塚市)の105期生合格発表が30日に行われ、今年は1,042人が受験し40人が合格(倍率26.1倍)したのですが、元プロテニス選手でスポーツキャスター・松岡修造さんの長女・松岡恵さん(17)も合格しており、ネット上で大きな話題になっています。

恵さんが合格したことは各メディアが報じているのですが、松岡さんも自身のブログを更新し、「この度、長女、松岡恵が宝塚歌劇団に合格しました。沢山のお祝いのお言葉、またお問い合わせをいただきましたので、ホームページで僕の思いを伝えさせていただきます。父親として心から嬉しく思います。」と報告。

続けて、「僕自身、宝塚歌劇団を小さい頃から、また現役中も観劇していましたが、僕を含め沢山の人に元気と幸せを与えてくれる場所だと思っています。宝塚歌劇団は、人を応援できる力がある。娘には、創始者である小林一三さんのお言葉、『清く、正しく、美しく、朗らかに』を心に日々邁進してほしいと願っています。父親としての一番の願いは、健康に、そして僕のように周りの人たちに迷惑をかけないで、感謝の思いを大切に自分の道を歩んでほしいです。宝塚の血が流れる 父、松岡修造」と綴っています。

恵さんはこの日、母親で元テレビ東京のアナウンサー・惠美子さん(旧姓=田口 51歳)と共に合格を確認。

<↓の画像は、母・惠美子さんとのツーショット写真>
松岡修造の長女・松岡恵&母・田口惠美子

メディアの取材に対して「中学3年のときに宝塚を見て、目指すようになりました」と答え、松岡さんの従兄弟(いとこ)と結婚した元花組のトップスター・蘭寿とむさん主演の『ファントム』を見たことがきっかけで、宝塚ファンになったといいます。

<↓の画像が、松岡修造さんの長女・松岡恵さんの写真>
松岡修造の長女・松岡恵

<↓の画像は、松岡修造さんの妻・惠美子さんの写真>
松岡修造の嫁・田口惠美子(恵美子)

また、恵さんは「見てくださる方々に少しでもすがすがしい思いをして頂けるような男役さんになりたい」と語り、受験するにあたって松岡さんからは「受けるからには中途半端じゃなく本気でやりなさい。結果はどうあれ頑張れ、自分の人生なんだからキチンと受け止めるように」とエールをもらったことなどを明かしています。

入学式は4月18日に行われ、これから2年にわたって歌やダンス、日本舞踊などの厳しいレッスンを受け、2年後の2019年春に行われる初舞台を目指します。

松岡さんの曽祖父である実業家・政治家の小林一三さんは、阪急電鉄、宝塚歌劇団、阪急百貨店、東宝といった阪急東宝グループ(現:阪急阪神東宝グループ)の創業者であり、母親の千波静さんは元宝塚・星組男役。

さらに、母親の姉・千波淳さん、妹・千波薫さんも宝塚女優、従兄弟の小林公一さんは宝塚歌劇団理事長、田中里衣さん(別名=千波ゆう)は宝塚女優などと、宝塚ファミリーとして知られています。

今年1月に週刊誌『女性セブン』は、恵さんが宝塚を受験することを報じており、宝塚ファンが「松岡さんの長女は昨年も受験していて、2次試験で落ちたようです。でも、宝塚の試験は2度、3度挑戦するのは当たり前で、君島十和子さんの娘さんも2度目の挑戦での合格だったんですよ」と語っています。

また、「今年は黒木瞳さんのお嬢さんも受験資格のラストイヤー。極秘で関西の教室に通っていて、受験を決意したと噂になっています。ライバルはやっぱり松岡さんのお嬢さんでしょうね。」とも語っていました。

なお、『デイリースポーツ』や『スポーツニッポン』が報じている記事によれば、中学3年生の時に受験を決意した恵さんは、1年間はバレエなどのレッスンを積み、1度目の挑戦で合格を果たしたと伝えています。

宝塚は非常に倍率が高いことで知られており、1994年には史上最高倍率48.2倍を記録し、2004年度以降は受験者数の減少によって20倍前後で推移していたものの、2009年度に再び増加して倍率は27.7倍、昨年も27倍と、近年は25倍前後で推移しています。

応募資格があるのは、中学卒業から高校卒業までの年齢(15~18歳)とされており、その間であれば何度も受験することが可能ではあるのですが、3回挑戦しても合格出来ない可能性も高い中で、見事1回目の受験で合格を果たすとは素晴らしいですね。

恵さんは身長169センチと背が高くてスタイルも良く、これから男役トップスターになれるよう、しっかりとレッスンを積んでいってほしいと思います。

関連記事

1件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MzA2OTg5OTAz

    凄いなぁ!

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について