U-KISS・キソプが爆発事故で重傷、火傷と破片が刺さり痛々しい姿に…(画像あり) ミュージックビデオ撮影中にトラブル発生

U-KISS・キソプ

2011年に日本デビューも果たし、韓国出身の5人組グループ『U-KISS(ユーキス)』のメンバー・キソプさん(本名=イ・キソプ 26歳)が6日、ミュージックビデオの撮影中に爆発事故に遭い、重傷を負ったことが明らかになりました。

韓国の所属事務所『NHメディア』によると、ミュージックビデオの撮影中に、韓国内のサッカー場や祭りなどで応援道具として、一般的にも使用されているという煙幕製品を小道具として使用したところ爆発したそうです。

この事故によって、体はⅡ度(火傷の深さを表すレベル)の火傷を負ったほか、数十個の破片が刺さり、病院に搬送されたそうで、現在は病院で治療を受けて安静をとっていると発表しています。

<↓の画像が、病院で治療を受けているキソプさんの写真>
U-KISS・キソプの事故後の姿

そして、この報道に対してファンらからは、

  • これほんまにやばい、キソプの顔に傷残ったらまじでやばい
  • キソプが心配… 痛々しすぎて涙出そう… 少しでも早く良くなってほしい
  • キソプがやばいことになってる顔にも包帯巻いてる、え、傷残ったらどうすんの、安全管理、、、
  • 神様、お願いします ライブもサイン会も何もしなくていいから、キソプの体と心の傷を治してください 私達はちゃんと待てますから…
  • キソプはやく良くなりますように。 キスミはいつまでもずっと待ってるからね。ゆっくり治してね。キスミはいつもキソプのそばに居るよ。

などのコメントが寄せられています。

事故映像を見た限りでは、そこまで大きな爆発ではないものの、負傷後の姿を見るとかなり痛々しく、体には数十個の破片が突き刺さり、顔も負傷している様子なので今後が心配ですね…。

事務所の発表によると、キソプさんが負った火傷のレベルは2度とのことなのですが、火傷の深さはⅠ度~Ⅲ度に分けられており、Ⅰ度が最も軽いもので、Ⅱ度は「浅達性II度」「深達性II度」の2段階あり、「浅達性II度」は火傷の症状が比較的軽く10日程度で治癒し、傷跡もほぼ残らないものを指します。

一方の「深達性II度」となると、症状が少し重く治癒期間は2週間以上、傷跡が残る可能性があるレベルのものとなります。

キソプさんの火傷はどちらなのかは現時点では不明なのですが、傷跡が残らない軽度のものであってほしいですね…。

キソプさんが所属する『U-KISS』は、昨年8月にメンバーのAJさんが脱退、さらに今年3月末にはケビンさんが脱退し、10月11日にリリースする日本で14枚目となるシングルで5人組としての活動を再開することになり、今後の活躍に期待しているファンが多くいることから、1日も早くケガから回復し、再び元気な姿をファンに披露してほしいと思います。

2件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MTk5NTQ3MTgw

    誰だかわからないが可哀想すぎる
    良くなりますように

  2. 2
    匿名
    ID:MjM1NzkyOTYw

    ショックです。Uーkissは私注目していたアーチストなので。。
    若いから回復は早いと思いますが心のダメージの方が大きいと思います。お大事になさって下さい✨

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について