熊田曜子の暴行被害事件で夫に罰金20万円求刑。DV否定、妻の不倫問題やウソ証言主張も有罪濃厚か

不倫・浮気 事件・事故・トラブル 噂・疑惑

熊田曜子

グラビアタレント・熊田曜子さん(39)に暴力を振るったとして、暴行罪に問われている実業家の夫・A被告(38)の第4回公判が16日に行われ、検察側が夫に罰金20万円を求刑し結審しました。

この日の論告弁論で検察は、「(夫の証言などは)不合理で信用できない」「動機に酌量の余地はない。」「一歩間違えば被害者の容姿を損なう恐れがあった危険で悪質な態様」として、夫の行為は暴行罪が成立すると主張しました。

そして、「(熊田曜子さんへの)浮気の疑念も何が何でも認めさせようとし、真摯に向き合っておらず、関係のない主張を繰り返して争点をぼかすなど反省の情がない。再犯を防ぐためにも猛省を促す」とし、罰金20万円を求刑しました。

一方で夫の弁護側は改めて無罪を主張し、熊田曜子さんの証言や夫を逮捕した警察官の証言に矛盾があることなどを訴えました。

さらに夫は最終陳述で、「まず今回、家族のことでいろいろな方に迷惑をかけて申し訳なく思います。」と語った上で、「7月に検察の取り調べを2日間、計5時間受けたが、妻の浮気についての質問がかなり多くあったにも関わらず、この裁判では十分に審議されず、関係が無いことのように扱われることに疑問を感じる。今回の裁判では不貞を明らかにしたかったのではなく、なぜ妻がウソをついたのかを客観的に評価して欲しかった。その点が無かったことが残念。刑事裁判は初めてですが、失礼ながらやる意味はあったのか、というのが率直な感想です。3人の娘のためにも、やってもいないことを認めるわけにはいきません。フェアな判断をお願いします」と訴えています。

熊田曜子さんの夫の裁判報道

これをもって結審し、23日に判決が言い渡される予定なのですが、第4回公判を終えてネット上では、

  • 今回はDVに関する争いで、不倫での争いじゃないからな
  • 熊田の事はペニオクや元彼の発言もあって信用できない
  • 結果がどうあれ旦那さんを応援する。こんな理不尽がまかり通ったらアカン
  • これが終わったらさっさと金払って不倫で訴え返せばいいよ。お互いやった事は自分でケツ拭こうな。
  • いくら刑事裁判で夫が有罪になったとしても、熊田曜子の印象は悪くなったからね。余裕の笑顔でいられるのも今の内だと思うよ。
  • 夫は一貫してやってないって言ってんだから、何を反省しろというのかって感じだろうね。
    それよりも嫁の方の録音データとかを有耶無耶にしようという空気が怖いよ。
  • もはや手のつけようのない泥沼(失笑)。こんな親に育てられる子がかわいそう。
    で、自分の顔を平手で叩かれたのは、相手の心臓を突き刺すようなことをしたからじゃないの?

などの声が上がっています。

熊田曜子さんは第2回公判で初出廷し、5月に夫から暴行を受けた際に録音した音声データの内容も公開され、「ブッ殺すぞと言われました。」「思いっきり殴られました」「脳が揺れるくらい痛みを感じました」などと訴えました。

また、夫を逮捕した警察官も証人として出廷し、逮捕時に夫が大声を上げたり、取り押さえようとする警察官の手を払いのけるなどの抵抗を続け、4人がかりで10分以上格闘した末に逮捕したと証言していました。

その後の第3回公判で夫は暴行を否定し、音声データに入っている「パチン」という音については、熊田曜子さんの頬を平手打ちした音ではなく、夫が裸足で踏み込んだ際に鳴った音だと主張し、暴力を振るっていないにも関わらず熊田さんは「痛い痛い」と大声を出したと語り、「『(手が当たってないのに)何、痛い痛い言ってんだよ』という私の声も(録音データに)入ってると思います」としていました。

また、夫は警察の取り調べで「顔を1回叩いた」などと、暴行の一部を認める供述をしていたのですが、暴行をしていないにも関わらずそのような供述をした理由について、「(警察官は)『奥さんは当たったと言っています』『当たった可能性もありますよね?』と誘導尋問のような感じだった。ただ、私も情報がなく妻を信じていたので、『痛いと言ったのなら当たったのかもしれません』と話した」「早く出たかったし、『10日間勾留される』と聞いて仕事にも家族にも迷惑をかけると思った」「『和解して被害届を取り下げてもらった方が早い』と(警察官に)言われた」と説明していました。

このように夫は熊田曜子さんへの暴行を否定し、夫婦喧嘩の発端となった熊田曜子さんの不倫疑惑に関する証拠を提出しようとしたものの、暴行事件との関連性が認められないことに加えて、証拠には不確実性があるとして却下されました。

一方、熊田曜子さんは音声データに加えて医師の診断書等も証拠として提出しており、夫側は暴行をしていないことを証明するものを提示できていないことや、刑事事件で起訴された場合の有罪率は99.9%ということから、このまま夫に有罪判決が下されるのはほぼ確実という状況です。

無罪を訴える夫が有罪判決を受けた場合、控訴するのかどうかにも注目ですし、夫は民事で熊田曜子さんと不倫疑惑相手に慰謝料として、合計880万円の支払いを求める損害賠償訴訟を起こしており、この裁判は熊田さんが不倫したのか否かが争点になっていることから、夫が提出した複数の証拠に対して、熊田さんや不倫相手がどのような反論をするのか見ものですね。

参照元
  • https://hochi.news/articles/20211216-OHT1T51044.html
  • https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202112160000298.html
  • https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2021/12/16/kiji/20211216s00041000396000c.html
2件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MjQwMDo0MT

    ワイドショー見てて、ぞっとした。みんな熊田が一方的被害者のように扱っていて、夫が激怒した理由に触れてない。

    いままでもこうやって何人も、「芸能事務所にとって都合の悪い人間」が、一方的に悪人にされて、社会的に潰されてきたんだろうな。ますます芸能界が嫌いになるわ。

  2. 2
    匿名
    ID:ODI4OTA2NzIx

    不倫もあかんけどDV、手を出したらもっとあかん

コメントを残す

前の記事次の記事
芸トピの最新ニュースをお届け!