渡部建が今年の仕事復帰断念説。理由は佐々木希の舞台出演? 不倫問題で活動自粛、批判続き来年から本格始動へ?

渡部建と佐々木希

不倫スキャンダルによって、昨年6月から芸能活動を自粛しているアンジャッシュ・渡部建さん(わたべ・けん 48歳)が、年内の復帰を断念したとの情報を週刊誌『週刊女性』のWeb版『週刊女性PRIME』が伝えています。

渡部建さんは『週刊文春』によって、複数の女性と男女関係にあったことが報じられ、2017年4月に女優・タレントの佐々木希さんと結婚後も女遊びを続け、挙式・披露宴の翌月や、第1子となる長男が誕生したばかりの時期にも、不倫していたことが明らかにされました。

そのうちの1人は、佐々木希さんと結婚する前から男女関係にあり、多い時には週2ペースで関係を持ち、結婚後も30回以上は密会を重ねていたといい、その女性は渡部建さんの個人事務所や、六本木ヒルズの地下駐車場の多目的トイレにも呼び出され、関係を持ったとのことでした。

渡部建さんはこの不倫スキャンダル記事が出る直前に芸能活動自粛を発表し、それから間もなく『週刊文春』の独占インタビュー取材を受けて問題行為を謝罪、半年後の昨年12月には記者会見を開きましたが、その前に番組収録に参加したとの情報が流れており、順番が逆だろなどと猛バッシングを浴び、これによって復帰がさらに遠のいたとも言われていました。

渡部建さんの記者会見動画

渡部建さんはその後、以前から付き合いがあった豊洲市場の有名仲卸業者で働き始め、『週刊現代』によって、レギュラー出演していた『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)の特番でテレビ復帰するとの情報が報じられましたが、日本テレビサイドは「全く聞いておりませんので、予定していることはないと思います」とコメントしていました。

それ以降、渡部建さんの芸能界復帰に関する情報は止まっていた中で、『週刊女性PRIME』の記事では芸能プロダクション関係者が、「どうやら、すでに事務所サイドは『今年はおとなしくしておこう』といった状況のようで、渡部さんの年内復帰についてはほぼ断念する方向で話が進んでいるそう。というのも、佐々木さんが、6年ぶりの舞台に出ることになったのが大きなきっかけです」と、佐々木希さんの舞台出演を理由に、今年の復帰も諦めたとの情報を明かしています。

佐々木希さんが出演する作品は、三船敏郎さん主演で1948年に公開された映画『醉(よ)いどれ天使』(黒澤明監督・脚本)の舞台版で、この舞台では映画監督の三池崇史さんが演出、劇作家の蓬莱竜太さんが脚本を担当します。

キャストは佐々木希さんのほか、桐谷健太さん、高橋克典さん、高嶋政宏さん、田畑智子さん、元AKB48・篠田麻里子さん等で、今年9月から東京公演が開幕予定で、10月に大阪公演が行われる予定となっています。

<↓の画像は、佐々木希さん出演舞台『醉いどれ天使』キャストの写真>
舞台『酔いどれ天使』出演者・佐々木希らの画像

前出の芸能プロ関係者は、子育てをしながらの舞台出演はそもそもハードルが高いです。また、正念場を迎える佐々木さんのことを考えれば、渡部さんが不用意に話題になることは、どうしても避けたいところと語っています。

そして、『週刊女性』が渡部建さんの所属事務所『プロダクション人力舎』に、渡部さんの今後について問い合わせたところ、「いまのところ何も決まっていません」と復帰時期は未定との回答だったとしています。

この報道を受けてネット上では、

  • 芸能界復帰なんて考えないで普通の仕事でもいいんじゃない?仮に何かに出演する噂でもあれば、『ガキ使』の二の舞になると思う
  • 記事が出ると分かった時に、全ての仕事を捨てて逃亡したからね。やっていたことは最悪で、逃亡したことでさらに状況を悪化させてしまったから、もう他の仕事を探した方が良いと思う。
  • 芸能界に復帰するつもりなの?はっきり言って無理だよ。やらかした事も悪いけど、もっと悪いのは問題発覚後の対応。
    謝罪もなく説明も無く雲隠れして、あげくに年末のガキ使でしれっと復帰しようとした行動、全てが最悪だし視聴者を馬鹿にし過ぎた。
    ファンや視聴者が居てこその芸能人だろうに、一般の会社で言えばクライアントを軽視する企業に仕事が来なくなるのと同じ、やってはいけない事をやり過ぎた。
  • スキャンダル発覚前に、突然目の前の仕事を自分勝手に投げ出しておきながら、復帰したいって図々しいな。
    仕事を投げ出すような男なんだから、業界全体で出入り禁止にするのが健全だと思うけどね
  • 渡部建はもう復帰しなくていいし、主夫を頑張れば…佐々木さんが稼ぐので家事と子育てはよろしくってとこかな。
    それより佐々木さん、この旦那でいいのかな?他にもっと素敵な人いるのにね。
  • 別に許すとか許さないとかいう間柄じゃないから、個人的には復帰したかったら頑張って復帰したらいいけど、正直もう笑えはしないよね。
    本人もその前と同じように突っ込んだり、児嶋をいじったり出来るのかな?余計な心配しちゃうくらい、そのイメージのインパクトが強すぎる
  • 別に復帰してもしなくてもどうでも良い。ただ、テレビに映ったら自分はチャンネルを変える。
    スポンサー企業が世間からの批判を受容する覚悟があるのなら番組に起用したら良い。

などの声が上がっています。

渡部建さんの不倫スキャンダルによって、佐々木希さんのイメージにまで悪影響を与えてしまっているほか、渡部さんが芸能活動を自粛して以降、出産後仕事をセーブしていた佐々木さんが家族を支えるために、女優業も本格的に再開させています。

今年に入ってからはゲスト出演ながら、ドラマ『バイプレイヤーズ 〜名脇役の森の100日間〜』(テレビ東京系)、『にじいろカルテ』(テレビ朝日系)、舞台『醉いどれ天使』、他にもバラエティ番組『所ジャパン』(フジテレビ系)、『すてきにハンドメイド』(NHK Eテレ)にレギュラー出演しています。

そのため、佐々木希さんの仕事にこれ以上悪影響を与えないために、渡部建さんは出来る限り、表に出る仕事は控えた方がいいかと思います。

また、仕事復帰するにしても初っ端からテレビ番組に出演するのではなく、相方の児嶋一哉さんに協力してもらいお笑いライブ等で活動を再開し、しばらく様子見をした方がいい気がしますね。

参照元
  • https://www.jprime.jp/articles/-/20762
3件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MjM1NjU2MTky

    復帰断念だったら、いい加減に引退したら?

  2. 2
    匿名
    ID:MzAyMTE0Mjkx

    「TVのチャンネルを変えさせる男。渡部」
    これを売り文句に復活したらいいんじゃないかな。ひょっとすると、危機管理がまったくできない会社がスポンサーになって、心中してくれるかもよ?

  3. 3
    匿名
    ID:MjAwMzM3MTg3

    渡部の復帰はアンジャッシュとしてしかない
    ソロでは未来永劫需要なし

コメントを残す