大橋未歩アナがテレビ東京を出禁状態の理由…フリー転身後に番組出演無し、トラブルで関係悪化?

大橋未歩

元テレビ東京でフリーの大橋未歩アナウンサー(おおはし・みほ 39さい)が、テレビ東京を出入り禁止状態になっていると週刊誌『女性自身』が報じています。

大橋未歩アナは昨年12月、2002年から15年にわたって勤務していたテレビ東京を退社し、今年2月から元TBSの雨宮塔子アナ、女優・タレントの三田寛子さんらが所属する芸能事務所『プントリネア』に所属しており、フリー転身から1ヶ月後には早速『ザ!世界仰天ニュース』(日本テレビ系)でテレ東以外の番組に初出演を果たしました。

また、同5月から深夜番組『有田哲平の夢なら醒めないで』(TBS系 火曜23時56分)の2代目アシスタントに就任し、『アリケン』で共演していたくりぃむしちゅ~・有田哲平さんと再びレギュラーを務めています。

<↓の画像は、TBS『有田哲平の夢なら醒めないで』でMCを務めている大橋未歩アナ、有田哲平さんの写真>
TBS『有田哲平の夢なら醒めないで』司会の大橋未歩アナ&有田哲平

こうしてフリー転身後初のレギュラー番組を持ち、民放各局の番組にゲスト出演しているのですが、なぜかフリー転身後にテレ東の番組には出演していないといいます。

テレ東関係者はその理由について、「局内の一部で、『大橋をテレ東の番組に出すな』との番組出禁通達が出回っているようなんです。テレビ業界には『独立してから1年は育ててくれたお礼も込めて、勤めていた局の番組に出る』という暗黙のルールがあります。しかし人気者の大橋さんには、各局から多くの声がかかったのでしょう。結果として、独立後最初に出たのが他局の番組だったんです。そのため、上層部の一部がヘソを曲げているようです」と説明しています。

果たして、大橋未歩アナはテレ東を出禁状態になっているのか、『女性自身』が大橋未歩アナの所属事務所とテレ東に取材したところ、大橋さんの事務所は「そのような事実はございません」という回答があったそうです。

一方のテレ東は、「すでに退社した社員に関しては、コメントは控えさせて頂きます。大橋さんの退社後につきましては、弊社がご出演を止めている事実はございません」と回答し、双方ともに出禁状態で番組に出演できないという噂を否定したとしています。

しかし、大橋未歩アナがテレ東を退社後に古巣の番組に出演していないのは事実で、「たしかに大橋さんは7月に系列局であるテレビ大阪の番組に出演し、テレ東内で収録が行われました。しかしフリーになってから、彼女はテレビ東京自体の番組には出ていないんです。いっぽうでTBS、日本テレビ、フジテレビの番組にはバンバン出ていますからね。そうした状況自体、かなりの異常事態といえるでしょう」と前出のテレ東関係者が語っています。

『女性自身』はこのように大橋未歩アナがテレ東を出禁状態になっていると報じているのですが、この噂に対してネット上では、

  • フリーになる前はテレ東しか出てないんだから他局の方が使いたがるだろ。テレ東も高いフリーアナより安い自局アナ使うだろうし
  • いままで月給で使ってたやつを なぜ1回のギャラに月の給料と同額払わなきゃいけないんだって テレ東の貧乏臭さなら思って当然だな
  • ギャラ安く使おうとするから大橋が拒否ッてるんだろ
  • 絵に描いたような女子アナ的成功人生を送るんだろうなぁ、と思ってたけど、まさかこうなるとは。
  • そもそもテレ東を退社した理由が分からん つかこの人の再婚相手はテレ東の社員だった記憶があるが
  • テレ東にはそんなルールない気がするし フリーでギャラの高いアナは使わないだけだろ
  • そうは言ってもテレ東で出る番組なんていくらもないだろ
  • 値段が上がってコスパが悪いだけだろ。人気が落ちた頃に、拾ってもらえるよ 夕方4時ぐらいの番組で
  • ギャラが高いからでしょ 恩義があるプロデューサーとかに呼ばれたら出るさ

などのコメントが寄せられています。

テレビ東京は民放キー局の中では規模が最も小さい局で、番組1本あたりにかける制作費もその分低くされており、他局でゴールデン・プライム帯(19~23時)の番組が大体1000~2000万円前後をかけている一方で、テレ東は高くても1000万円、大体が500万円前後とされています。

<↓の画像は、今年3月に週刊誌『フラッシュ』掲載の各局の番組制作費一覧>
テレビ番組の制作費一覧

こうした数字が出ているので、あえてフリーに転身しギャラも跳ね上がった大橋未歩アナを起用するよりも、自局のアナウンサーを起用した方が良いと考えるのは当然ですし、大橋アナはかつてテレ東を代表するアナウンサーとして非常に高い人気を得ていたものの、今では大橋アナ以上に人気のアナがいるので、ただ単にギャラの高さがネックになって呼ばないだけなのではないかと思う部分もあります。

『東京スポーツ』(東スポ)が6月に報じていた記事によると、大橋未歩アナが他局の人気番組に立て続けに起用されている理由は、明石家さんまさんや東野幸治さんなどが“後見人”として名を連ねているためだとも報じており、大橋アナは『やりすぎコージー』、『やりすぎ都市伝説』といった番組で吉本芸人らと数多く共演し、パイプを持っているといい、それによってさんまさんからも一目置かれるようになり、テレ東退社後も数多くの番組に出演できていると伝えています。

また、『週刊新潮』のWeb版『デイリー新潮』が7月末に配信した記事によると、今年に入ってからNHKの有働由美子アナもフリーに転身し、大きな注目を集めていますが、バラエティ経験も豊富な大橋未歩アナもジワジワと存在感を増しているそうで、民放キー局制作関係者は大橋アナについて、「期待しているテレビ局員、芸能関係者は多いと思います」「大橋さんはアドリブの対応力が極めて高いんです。結婚していますし、下ネタもOK。バラエティ番組には、うってつけのフリーの女性アナウンサーが誕生したことになります」と語っています。

現在の番組1本あたりのギャラは「15万から20万円」で、今後も仕事が続いていけば「テレ東の給料に比べて数倍の年収になるのは確実」だとしています。

テレ東を退社する前は、若手の台頭などによって大橋未歩アナは若干影が薄くなっていた印象でしたが、バラエティにもしっかりと対応ができ、下ネタも可という女子アナは以外に少ないことから、今後も重宝されるかもしれないですね。

活躍を続けるとギャラが更に上がり、テレ東の番組に出演することが難しくなってしまいそうですが、またテレ東の番組に出演した姿も見たいものですね。

参照元
  • https://www.dailyshincho.jp/article/2018/07301255/
  • https://smart-flash.jp/entame/40013
  • https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/1027486/
コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について