イッテQ・お祭り男企画復活の番組視聴率発表。ヤラセ問題で放送休止から再開、ネットでは賛否両論も…画像あり

宮川大輔

『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系 日曜19時58分)のお祭り男企画「世界で一番盛り上がるのは何祭り?」が8日に復活を果たし、番組の平均視聴率が15.4%(関東地区)だったことが明らかになりました。

お祭り男企画は、「全世界では毎日どこかで祭りが行われている、最も盛り上がるのはどこの何祭りなのか?」を解明するために、番組レギュラーのお笑いタレント・宮川大輔さんが世界各地で開催のお祭りに参加するという内容で、2007年3月からスタートした人気企画でした。

しかし、2018年11月に週刊誌『週刊文春』によって、番組で紹介したお祭りの中に実在しないものが含まれていたというデッチ上げ疑惑、お祭り参加者に対して参加費などを支払っていたというヤラセ疑惑を報じられ、日本テレビは謝罪コメントを発表しました。

日本テレビ側は、番組制作サイドの指示によってお祭りをデッチ上げたことは否定しつつも、現地の日本人コーディネーターが企画を成立させるために、「実質的な主催者となってイベントとして開催した」「イベント、催し物、コンテスト、愛好家が集う小さなゲームに至るまで、『祭り』企画として扱ってきた」「番組がコーディネート会社に支払っている撮影経費の中から、開催費用や賞金、参加費、協力費などが支払われていることもありました。」などの問題行為を認め、『放送倫理・番組向上機構(BPO)』は「程度は重いとは言えないものの、放送倫理違反があった」との意見を出しました。

こうした大騒動に発展したことを受けてお祭り男企画は休止しましたが、3月8日に約1年4ヶ月ぶりに復活を果たし、宮川大輔さんがアメリカ・コロラド州のフルーツケーキ祭りに参加した模様が放送されました。

番組ではスタッフが、「宮川さん、大変ご迷惑をお掛けしました。祭り(企画)を再開させて頂きたいと思います」と報告し、歓喜する宮川大輔さんに対して「これからは、より正確な情報を視聴者の皆さんにお届けしていきます」と語ると、宮川さんは「マジでその辺をちゃんとしてね?」「頑張って、やりましょうよ!めちゃくちゃうれしい!」と笑顔を見せていました。

また、宮川大輔さんは「休んでる間にたくさんの方々から『頑張って』(という声と)厳しい意見もいただいた」と明かし、ロケの冒頭では涙を流しながら、「いろいろありまして、こうやって再開できて『ワッショーイ!!』言うた瞬間に涙が止まらなかった。泣かんとこうと思っていたけど、やっぱりうれしい!」と語り、今回参加したフルーツケーキ祭りの速度部門で見事優勝を果たしていました。

<↓の画像は、お祭り男企画に涙を流した宮川大輔さんの写真>
お祭り男復活、宮川大輔が涙

そして、番組の平均視聴率は15.4%となっており、8日20時台に放送されていた各番組の視聴率はというと、NHK大河ドラマ『麒麟がくる』が13.7%、『ポツンと一軒家』(テレビ朝日系)が20.4%、『坂上&指原のつぶれない店』(TBS系)が10.4%、『R-1ぐらんぷり2020』(フジテレビ系)が7.1%、『池上彰緊急生放送“新型コロナ”正しく学んでみんなで危機を乗り越えよう!』(テレビ東京系)が5.9%で、『イッテQ』は同時間帯2位の結果でした。

お祭り男企画の復活に対してネット上では、

  • 始まった時は私も自然と涙出たわ。内容はともあれ、復活してよかった。また楽しい世界の祭をお茶の間に届けてくれ!
  • あの涙が、「祭り復活」への宮川大輔さんの気持ちのすべて。大輔さんが、一生懸命祭りに参加して笑いも生まれる。スタッフの変な小細工はいらない
  • 賛否両論あるだろうが、なんやかんやで祭り企画は面白いので復活して良かった。おめでとう宮川さん。
    体を張った企画はキツイ年齢になってしまったが、同世代としても応援しています。
  • これは出演していた宮川さんが可哀想でしたよね。この件により裏番組、ポツンと一軒家へ視聴者が流れた原因ともなりました。
    番組スタッフは偽りの祭まで用意させた前科がありますが、視聴者への期待を考慮して、今後は企画をしっかり練っていってほしいです。
  • ウルっとしてしまいました。個人的に凄く好きな番組で、日曜の夜に笑わせてもらって楽しい気持ちになって、月曜日からの仕事も頑張ろうって思えてました。
    お祭りがなくなった時寂しかったから復活して嬉しかったです!一生懸命な宮川大輔さん見ると自分もやる気出ます。応援してます!
  • まさかイッテQの祭り企画で泣くとは思わなかった。宮川のずっと我慢していた気持ちが痛い程伝わって来た。
    祭り自体はゆる〜い感じだったけど参加した宮川の笑顔が凄く良かった。これからも楽しい祭り企画楽しみにしています。
  • スタッフは宮川に謝る前に視聴者に謝る事をしないのかな?って思う…
  • 一回こんなんあると、娯楽番組として単純に見れないし、笑えない。
  • この番組のヤラせは「他国にこんな祭りがある」といって有りもしない祭りを捏造した。
    他国の文化を侮辱した国際問題になりかねない非常に悪質なヤラせ。復活して欲しくない。

などのコメントが寄せられています。

お祭り男企画のヤラセ騒動によってイッテQのイメージが悪化し、番組全体のマンネリ化などもあって近年は視聴率の伸びもイマイチとなっており、約1年4ヶ月ぶりにお祭り男企画が復活を果たしたものの、先週からわずか0.4%アップでした。

日曜20時台は現在、ポツンと一軒家がトップ独走状態を続けており、今年に入ってからは1月19日以外は全て同時間帯トップとなっており、3月8日は今年に入ってから最高となる20.4%、前週まで18%前後の高視聴率を記録しています。

一方のイッテQは15%を下回る日も少なくない状況にあるのですが、お祭り男企画の復活に加えて、新たな企画の始動などによってどういった変化が起こるのかに注目ですね。

<↓の画像は、日曜20時台の平均視聴率グラフ(今年1月5日~3月1日)の写真>
日曜20時台の平均視聴率グラフ(麒麟がくる・イッテQ・ポツンと一軒家など)

視聴率アップのためには、今後2度と同じようなヤラセ問題を起こさないことが求められ、あくまでもバラエティ番組なので笑いを生み出すために、多少の仕込みなどは必要ではありますが、今後また視聴者を裏切り、ガッカリさせるようなことがないようにしてほしいです。

参照元
  • https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/03/09/kiji/20200308s00041000331000c.html
  • https://friday.kodansha.co.jp/article/100816
2件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MjExNTg0Mzkx

    またもやらせがバレたら、宮川大輔が可哀相。

  2. 2
    匿名
    ID:MTc4NzE0NzE2

    そもそも宮川に笑いの神が降りてくるのが面白いんだから、祭そのものにヤラセなんか必要なかったんだよ。

コメントを残す