『マツコの日本ボカシ話』は日本生命とTBSからクレームが入り番組休止していたことが判明!番組打ち切りへ!

マツコデラックス

TBSで秋の新番組として22日からスタートした、タレントのマツコ・デラックスさんがMCを務める『マツコの日本ボカシ話』ですが、放送内容が原因でスポンサーやTBS内からクレームが出る形になり、わずか1回だけの放送で放送休止になってしまいました。

TBSはみのもんたさんの『朝ズバッ!』降板騒動で話題になったばかりで、これ以上イメージが悪くなるような騒ぎは大きくしたくないところですが…。

30日、都内で行ったTBSの定例会見で佐々木卓編成局長が「マツコの日本ボカシ話」に関して、22日の初回放送を受け、取り上げられた生命保険業界を含め「品がない」などと局内外から批判が殺到したそうで、「やらせや過剰演出が理由ではない。(局内の)議論不足。猛省している」と謝罪しました。

『マツコの日本ボカシ話』はもともと深夜番組『マツコの知らない世界』として放送され、タイトルを変えて22日から放送されたのですが、深夜の時はみのさんの長男がプロデューサーをつとめており、逮捕を受けタイトルを変えていたという。

これにネットでは、

「フジテレビみたいにならないようにね」

「最近どこのテレビ局もトラブルが多すぎ」

「マツコはこれをネタに出来て良かったな」

「視聴率獲れそうな番組だったんだけどな…」

「みの一家は疫病神」

などのコメントがありました。

みのもんたさんの件で騒動になったものの、『朝ズバッ!』から降板させたのは良い判断でプラスに働いていると思いますが、マツコさんの番組休止騒動は良くないですよね。
放送開始後に即休止にするとは、TBSは番組をしっかりと管理出来ていなかったんでしょうか。

TBS側は打ち切りを否定しているものの番組再開は未定としており、番組タイトル、演出など内容も変えると明かしています。

果たしてどのような番組に変更されるんでしょうかね…。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について