小川彩佳アナが夫・豊田剛一郎と離婚へ。理由は不倫スキャンダル、結婚2年で別れ…財産分与は億単位か

小川彩佳アナウンサー

元テレビ朝日でフリーの小川彩佳アナウンサー(おがわ・あやか 36歳)が、不倫スキャンダルをスクープされた医師で実業家の夫・豊田剛一郎さん(とよだ・ごういちろう 37歳)との離婚を決意したようです。

小川彩佳アナと豊田剛一郎さんの離婚は、3日発売の週刊誌『女性セブン』が報じるもので、双方が代理人を立てて離婚に向けた話し合いを進め、離婚することでほぼ合意しているといいます。

<↓の画像は、小川彩佳アナの夫・豊田剛一郎さんの写真>
小川彩佳アナの旦那・豊田剛一郎

小川彩佳アナと豊田剛一郎さんは2018年春に出会い、2019年7月に結婚、昨年7月29日に第1子(性別非公表)を出産しました。

その裏で豊田剛一郎さんは2019年に、小川彩佳アナと同い年の女性・A子さんと不倫関係となり、頻繁に密会を重ね、北海道や沖縄旅行などもしていたことが今年2月に『週刊文春』にスクープされました。

<↓の画像は、豊田剛一郎さんと不倫相手A子さんの密会現場写真>
週刊文春の豊田剛一郎と浮気相手A子の沖縄不倫旅行画像
小川彩佳の夫・豊田剛一郎と不倫相手A子の密会現場、週刊文春撮影の画像

この報道を受けて豊田剛一郎さんは、代表取締役を務めていた医療系IT企業『株式会社メドレー』の代表を辞任、常勤の取締役となり、役員報酬を返上して無報酬で働くことや、保有するストックオプションの未行使分(32万株 時価総額:約13.8億円)を放棄することを発表しました。

その後、不倫相手のA子さんが『週刊ポスト』の取材に応じ、豊田剛一郎さんとの出会いから不倫関係に発展した経緯、小川彩佳アナと結婚後も不倫を続けた理由を明かしたほか、豊田剛一郎さんが『週刊文春』の記者に直撃取材された直後に、もし記者から電話があったとしても「結婚後は肉体関係はない」と言うようにと、口裏合わせの指示があったと暴露していました。

『女性セブン』によると、こうした事実に小川彩佳アナは大きなショックを受け、「彼との将来をもう描くことはできない」と話していたそうで、小川アナの家族も豊田剛一郎さんのことを受け付けなくなったといい、最終的にお互い納得の上で離婚することになったといいます。

小川彩佳アナの知人によれば、不倫スキャンダルをスクープされてから約1ヶ月には別居生活が始まっていたといい、「小川さんは4月、豊田さんと暮らしていた高級タワーマンションから都内の別のマンションへ引っ越し。豊田さんも3月には家を出たそうなので、完全に別居状態が続いています。もちろんお子さんは小川さんと一緒です。生活全般や子育てについては、小川さんのお母さんがマンションに通ってサポートしているようです。すでにお互いが代理人を立てて話し合いを進めており、離婚についてはほぼ同意しているそうです」と明かしています。

気になる慰謝料の金額についてですが、豊田剛一郎さんが保有する株式(345.5万株)の時価総額は約150億円に上り、代表を辞任する前まで役員報酬は2,000万円ほどだったというものの、『篠原総合法律事務所』の篠原一廣弁護士は『女性セブン』の取材に、「過去の裁判所の判例では、不貞行為の慰謝料は100万~200万円程度が相場です。収入や資産が多くても、それ以上にはならないことが一般的です」と語っています。

また、子供の養育費について『加藤・浅川法律事務所』の加藤博太郎弁護士は、「『養育費』は豊田氏の収入や資産を考慮し、月に15万~20万円ほどになると思われます。ただ、それ以上にはなりません。巨額になる可能性があるのは『財産分与』でしょう」としています。

豊田剛一郎さんが小川彩佳アナと結婚後、保有する株式の時価は約100億円上昇したそうで、「『婚姻後に築いた財産は夫婦の協力によるもの』と小川さんが主張すれば、約100億円の半分の約50億円を請求し、家庭裁判所で争うことも可能です」と加藤博太郎弁護士は語っています。

ただ、夫婦を知る関係者に財産分与について聞いたところ、「さすがに50億円まではいかず、10億円ほどで決着するようだ」と話したとのことです。

そして、小川彩佳アナと豊田剛一郎さんの離婚報道を受けてネット上では、

  • 10億円の財産分与されても小川さんとしては釈然としないでしょうね。一番大切なプライドをズタズタにされたわけだから。
    でも、この夫婦はいずれこうなるか仮面を続けるかのどちらかだったと思うけど。
  • 不倫を経て、余程夫婦が成長出来た等ではない限り、離婚は正解だと思う。されて踏みとどまって同じことされて失望しての繰り返しは本当に無駄
  • 子供の将来のためには、財産は遠慮なくもらっておくべきだし、後腐れないように養育費も一括でもらい、小川自身の今後のために縁を切った方がいい。
  • これは完全にアウトな案件でしたからね。しかも緊急事態宣言下だったことを考えるとなおさら。
    しかも、バレた後も口裏合わせを不倫相手に要求とか、反省していないのは明らかだし、小川さんが気の毒に思う。
    もうずっと不信感は心の奥底で燻り続けるだろうし別れるのは正解
  • 豊田氏は結婚を何だと思っていたんだろうね。また、結婚相手もいるのにズルズル関係を続けたお相手女性に対して訴えた方が良いのではないかね。この女性も酷すぎる。
    いずれ子供が成長して事の顛末を知る事になったら複雑だよね。豊田氏に関しては親として責任ある行動を取って欲しい。
  • 小川アナからしたら全部貰いたいくらいでしょう。それぐらい酷いことされたわけで。
    心は愛人にあったのに何故結婚したのか。他のかたが以前書かれてたトロフィーワイフ?
    なんだか悲しいね。でも、小川アナには離婚したら前向きに頑張って貰いたい

などの声が上がっています。

豊田剛一郎さんは小川彩佳アナと2018年春に出会い、交際に発展しましたが、小川アナとの結婚が決まっていた2019年2月にA子さんと男女関係になり、豊田さんはその後、小川アナとの交際をA子さんに告白しつつも、「終わりにしたくない」「2人で会いやすいように部屋を借りよう」と言って、交際を続けていました。

そして、豊田剛一郎さんは個人会社の近くに密会場所を作るために、A子さんの引越し費用や家賃の一部を負担し、小川彩佳アナの妊娠が発覚後にA子さんが別れを切り出すも、豊田さんは「嫌だ」と拒否したそうで、もし『週刊文春』に不倫スキャンダルをスクープされなかったら、そのまま関係を続けていた可能性が高いです。

小川彩佳アナが第1子妊娠、出産後も不倫関係を続け、小川アナが仕事復帰後には一緒に旅行するというゲスっぷりで、今後また同様の行為をする可能性も高いですし、小川アナの父親で慶應大学病院の教授・診療科部長を務めている小川郁さんも、「どうしてくれるのか」とブチギレ激怒していたとのことから、結婚から約2年、第1子誕生からまだ1年足らずですが、離婚となるのも仕方がないかもしれません。

今後の話し合いで、慰謝料や財産分与、子供の養育費などはどうなるかは分かりませんが、少しでも多くの額を貰う形で離婚成立となればいいですね。

参照元
  • https://www.news-postseven.com/archives/20210602_1665034.html
  • https://bunshun.jp/articles/-/44715
  • https://bunshun.jp/articles/-/45190
5件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MTc4NzEzNjkw

    NEWS23も降板した方が良いよ
    メインで仕切るのが下手だし

  2. 2
    匿名
    ID:MjU3OTAwODc4

    のろのろドロドロ。櫻井の次だっけ? 偏向アナウンサーは、プライドにこだわった結果。

  3. 3
    匿名
    ID:MjEyMTEwMzkw

    NEWS23メインキャスターを降板して、元SMAP新しい地図3人と株式会社カレンに所属するといいかな?

  4. 4
    匿名
    ID:MTc4ODUxMjI2

    早く離婚できるなら良かったですね。信用出来ない男性といても幸せじゃないから。

  5. 5
    匿名
    ID:MzAyMTQ1MTk1

    これぶっちゃけめっちゃくちゃ勝ち組!!!!!!!!!!!

コメントを残す