フジテレビ田中大貴アナウンサーがフリー転身の理由、怪しい副業&有名野球選手と金銭トラブルが原因? 部署異動で決意が真相?

田中大貴

フジテレビに入社し今年で15年の田中大貴アナウンサー(たなか・だいき 37歳)が、今年春にフジテレビを退社し、フリーアナウンサーに転身することが分かったと19日付の『日刊スポーツ』がスクープしており、フジテレビを退社後は、芸能事務所に所属するとみられると伝えています。

田中大貴アナは現在フジテレビで、土曜・日曜日深夜放送のスポーツニュース番組『スポーツLIFE HERO’S』の土曜版でメインキャスターを務めているほか、プロ野球やアメリカのメジャーリーグ・ベースボール、バレーボール、F1、ゴルフなどといったスポーツ中継を担当するなど、スポーツ中心の仕事を担当しています。

<↓の画像は、『スポーツLIFE HERO’S』を担当している田中大貴アナ等の写真>
『スポーツLIFE HERO’S』
(左から田中大貴アナ、加藤綾子アナ、佐野瑞樹アナ、宮澤智アナ)

しかし、『日刊スポーツ』によれば、田中大貴アナは幅広いジャンルで活躍できるアナウンサーへのステップアップを目指して、入社15年を迎えるフジテレビを退社し、フリー転身を考えたとみられるとのことです。

突然のフリー転身が報じられた田中大貴アナは高校生時代から野球部(兵庫県立)で活躍し、2年生の時から4番、3年時にはキャプテンを務め、兵庫県高校野球優秀選手に選ばれています。

高校卒業後はAO入試で慶應義塾大学環境情報学部へ入学し、プロ野球『読売ジャイアンツ』の元選手で現監督の高橋由伸さんに憧れて野球部へ入部、4年時の東京六大学野球春季リーグ戦では、後にプロ入りする投手たちからホームランを量産しホームラン王となりました。

大学卒業後の2003年4月にフジテレビへ入社し、主にスポーツ番組や情報・報道番組を担当しており、平日朝の情報番組『とくダネ!』には2004年からリポーターとして出演し、2010年10月~2014年3月まではサブアシスタントを務め、その他に『すぽると!』や『ユアタイム』などを担当していました。

そんな田中大貴アナがフリーに転身することが報じられネット上では、

  • この程度のフリーアナウンサー使わなくとも各局にいくらでも同等のアナウンサーはいるだろうし、はっきり言ってこの方の需要無いと思うけど
  • 先輩の福井や山中のような個性派ですら仕事が厳しいのに田中のアナウンス能力で何ができる?ルックスで売りたいつもり?無理だろ
  • 4月の人事異動でアナウンサー職から離れるのが嫌で退社が本音じゃない?それだけフジテレビのアナウンサーは人員過剰で戦力外通告を出さざるをえない状況だと思う。
  • 良くない噂があるから最近色々あるフジとしては表に立つ仕事から外したくて、一応の昇進という形で内勤異動のはずだったのを本人が蹴ったのか?
  • この方はフジの女子アナと社長やセレブとの合コンをセッティングしてマージン取って問題になってた方ですよね?フリーになって高級セレブ向けの愛人派遣事業でもやるのかな?
  • 社長からのタクシー代着服、勝手に副業、野球選手との金銭トラブルによりユアタイムを降板…アナウンス部から異動の打診があったに違いない。

などのコメントが寄せられています。

フジテレビの男性アナウンサーでは、『めざましどようび』など数多くの番組を担当している佐野瑞樹アナ、『みんなのニュース』などを担当の伊藤利尋アナ、その他に若手では中村光宏アナ、榎並大二郎アナ、生田竜聖アナ、木村拓也アナらが比較的知名度が高いアナウンサーとして挙げられるかと思います。

その一方で、田中大貴アナは現在担当している番組の数が少ないこともあり、視聴者からの支持が特に高いというわけではないですし、知名度も決して高くはないことから、なぜフジテレビを離れてフリーに転身してしまうのかと思っている方が多い様子です。

『日刊スポーツ』の記事では詳しい理由について書かれておらず、他に情報が出ていないことからこれがフリー転身と関係しているのかどうかは不明なのですが、田中大貴アナは1年以上前の昨年5月に週刊誌『週刊女性』によって“裏バイト”をしていると報じられており、その副業の内容やあるトラブルが「重大なコンプライアンス違反」だと判断されたことで、『ユアタイム』(昨年9月終了)から降板することになったとしていました。

<↓の画像は、『ユアタイム』にレギュラー出演していた田中大貴アナ等の写真>
『ユアタイム』の出演者
(左から田中大貴アナ、市川紗椰さん、野島卓アナ)

問題となった副業というのは、懇意の会社社長に飲み会をセッティングし、後輩の女子アナ、知り合いの読者モデルらを紹介しているといい、その他にも会の幹事を務める田中大貴アナが、社長が女性たちに“タクシー代”として渡したお金(1人あたり1~3万円程度)を渡さず、それを自らの懐に入れていたそうです。

この他にも、田中大貴アナは事前に局側に相談することなく、懇意にしている別の会社の社長にトークショーの司会を頼まれ、それを引き受けるということもしていたといいます。

さらには、在京球団に所属する有名プロ野球選手との金銭的なやり取りを巡ってトラブルに発展したという情報もあるとし、田中大貴アナが某選手をトークショーに呼び、謝礼金を巡って選手と揉め事になった結果、野球界から話が広まりフジテレビにもその情報が流れてしまい、『ユアタイム』からの降板が決定したほか、報道局制作の番組も外れることになったとのことです。

なお、田中大貴アナは『週刊女性』の直撃取材に対してこれらの噂を全て否定し、フジテレビ側は田中アナの副業に関する情報ついて、「取材先やスポーツ選手などの出演者から依頼を受け、勤務時間外にアナウンサーが例外的にイベントの司会を引き受けることは、コンプライアンス違反とは考えておらず、担務変更とは関係ございません」と回答していました。

<↓の画像は、『週刊女性』の取材に対して、副業疑惑や野球選手との金銭トラブルの噂を否定した田中大貴アナの写真>
週刊女性の取材に副業疑惑を否定した田中大貴アナ

この情報もどこまで事実なのかは不明ではありますが、この報道から1年後に突然フジテレビを退社するという展開が何とも怪しく、ネット上で指摘されているように、アナウンス部から他部署への異動を命じられたことを受けて、フリー転身を決意したという可能性はゼロではないでしょうね。

こうした黒い疑惑があるほか、現時点でそこまでアナウンサーとしての人気があるとは言えないことから、フリー転身後は苦戦を強いられることになりそうですが、今後どこの事務所に所属して活動を行っていくのかなど注目していきたいところです。

参照元
  • http://www.jprime.jp/articles/-/9675
1件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MzUzNTc2Mjgw

    結局は金

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について