PASSPO☆解散発表、活動終了の理由や今後の活動は…アイドルグループ解散相次ぐ、ブーム終了で継続困難に?

PASSPO☆

2009年結成の7人組アイドルグループ『PASSPO☆』(旧表記=ぱすぽ☆)が18日、9月22日に東京・中野サンプラザで開催のワンマンコンサートをもってグループを解散することを発表しました。

グループ解散は『PASSPO☆』の公式サイト上で発表され、解散決定までの経緯については、「昨年末より今後の活動やクルーそれぞれの将来について、本人達と話し合いを重ねてきた中で、別の道で挑戦したいという希望が出て参りました。その中であらゆる可能性を踏まえてクルー、スタッフ共にPASSPO☆という形を残すことに尽力してきましたが、『この7人で続けられないのであれば』という思いがあり、最終的に解散という道を選ぶこととなりました。」と説明しています。

また、「マネジメントとしましては、これからはクルーひとりひとりの未来を尊重していきたいと思います」とし、話し合いをする中で解散後も「PASSPO☆の楽曲を歌い継いでいきたい」と希望したキャプテンでキーボード担当の根岸愛さん(25)、ボーカル担当の森詩織さん(25)については、「何かしらの形で彼女たちが歌い続けられる場所を残していきたいと考えております。他のクルーも同様に可能な限り、各々のサポートを続けて参ります。」と今後の事務所としての対応を明らかにしています。

<↓の画像が、公式サイト掲載の『PASSPO☆』解散発表コメント全文の写真>
PASSPO☆解散報告、運営コメント

公式サイトにはメンバー一同からのコメントも掲載されており、「"おばあちゃんになってもPASSPO☆"と言い続けていたにも関わらず、このような結果になってしまい本当に本当にごめんなさい。」とファンに謝罪しています。

そして、解散決定に至るまでには何度も話し合いを重ね、解散だけは回避できないものかと毎日寝られなくなるほど考えたそうなのですが、最終的にはメンバーそれぞれの思いを尊重し、解散という結論に至ったことなどを綴っています。

<↓の画像が、PASSPO☆メンバー一同のコメント全文の写真>
PASSPO☆解散報告メンバーコメント

このように解散を発表した『PASSPO☆』は、芸能事務所『プラチナムプロダクション』系列の『プラチナム・パスポート』に所属するアイドルグループで、2009年に「みんなでつくるアイドルユニット」、グループのコンセプトは「空」と「旅」、音楽性は「みんなで踊れるロック」として始動し、2010年にメンバー10人が決定、2011年にCDデビューを果たしました。

デビューシングル『少女飛行』ミュージックビデオ

その後、2011年12月末に佐久間夏帆さん、2015年1月に人気メンバー・奥仲麻琴さん、同12月に槙田紗子さんが脱退し、グループは7人となってしまったのですが、他のアイドルグループとは違い、メンバー脱退後も新メンバーを加入させることなくオリジナルメンバーでの活動をこれまで続けてきました。

<↓の画像は、現在の『PASSPO☆』メンバー写真>
PASSPO☆のメンバー

そんな『PASSPO☆』の解散発表を受けてネット上では、

  • このグループだったかな?CAがコンセプトでデビューしたグループって?最初はインパクトあったけど、いかんせんテレビ露出が少なすぎたよね。
  • 水着になってロック路線やってバンドやって何だかんだの低空飛行。運営がハイジャックされちゃったとかいう自作自演の炎上商法も失敗して、しまいにゃプレディアにぶっちぎられたらなぁ。。。もりしはホント歌上手いから歌手を続けて欲しい。
  • 最近、女性アイドルグループの解散多いな。アイドルブームもそろそろ頭打ちかな?秋元グループと大手芸能事務所以外の参入はきつくなりそう。
  • ここのグループはメンバー(クルー)の個々のキャラクターが立っていて、全然アイドルアイドルしていない自然体なところが好きだったなあ。曲も良曲揃いで本当に良かった。
  • え~、一年くらい前に指原司会のアイドル番組にPASSPO☆が出てた時は、メンバーみんなグループ辞める理由が無くて、お婆ちゃんになってもやっていきたいってところ言ってたのに。追加メンバーを入れないグループだから、何人か辞めたいってことになって、解散なんですかね。

などのコメントが寄せられています。

AKB48グループの誕生がきっかけでアイドルブームが巻き起こり、これまでに様々なグループが誕生しましたが、成功したと言えるようなグループは極わずかで、大手芸能事務所に所属していたアイドルグループも次から次へと解散が発表されています。

最近では、『ソニー・ミュージックアーティスツ』に所属の『アイドルネッサンス』(2014年結成)が2月で解散、『エイベックス』に所属する『GEM(ジェム)』(2012年結成)が3月末で解散、同じタイミングでデビューした『Cheeky Parade』(同)は7月末で解散。

『ビーイング』所属の『La PomPon(ラ・ポンポン)』(2013年結成)は3月で解散、『アップフロントクリエイト』所属の『チャオ ベッラ チンクエッティ』(旧名=THE ポッシボー 2006年結成)は8月で解散などと、今年は特にそこそこの人気があった比較的大手の芸能事務所所属のアイドルグループが相次いで解散となっています。

解散が相次いでいる原因は様々ありますが、多くのグループに当てはまるとみられるのはアイドルブームの落ち着きによるファンの減少、CDなどの音源が売れないことによる収益全体の低下などで、財政的にもかなり厳しい状況にあるグループは多いようです。

最近解散を発表したアイドルグループの中でも『PASSPO☆』は活動年数が長く、それなりに固定ファンもいたと思いますが、メンバーのモチベーションも含めて活動を続けていくのはなかなか難しいものがあるのでしょうね。

解散してしまうのは少し残念ではありますが、9月まで全力のパフォーマンスを披露して欲しいと思いますし、解散後のメンバーそれぞれの活躍にも期待したいところです。

1件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MTc4NzEyMzU0

    今の女性アイドルはAKBシリーズや坂道シリーズが推してくるからね、出てきたくても出てこれないし、

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について