酒井法子がミニライブでマンモスうれピー…覚醒剤事件で有罪判決も芸能活動再開に批判の声! 中国や台湾では爆発的な人気?

酒井法子

女優・歌手の“のりピー”こと酒井法子さん(44)が23日に、約2年ぶりにリリースしたミニアルバム『Truth~飛べない鳥よ~』の発売を記念したミニライブと握手会を東京都内のライブハウスで開催しました。

約150人のファンが開場前から長蛇の列を作っていたそうで、根強い人気を誇る台湾や香港、上海から駆け付けたファンがおり、それを知った酒井さんは「マンモスうれピー。海や言葉や文化を越えて、変わらずに応援してくださるのは心の支えになります」と喜び、ライブでは新曲の『Truth~飛べない鳥よ~』や20年ぶりにリメークしたヒット曲『碧いうさぎ-2015ver.』など4曲を披露し、「これからも歌を一生懸命歌っていきたい。皆さんの心の支えのような何かになれたら。(自分が)頑張っている姿を見た皆さんが、頑張っていただけたらと思うし、喜びのパワーを届けたい」と語りました。

イベント終了後には過去に取材に応じ、今年1年をのりピー語でと言われると「楽しかったなっしー!これは、ふなっしーか。ちょっと取り入れてみようかと思いまして」と笑わせ、漢字1字ではと聞かれると「嬉」という漢字を挙げ、「実りある1年でした。幸せですね。浮かんできた言葉が『寂』とか『痛』とかじゃなくて」と答えました。

そして、「プライベートも仕事も順調!」と語りつつ、新たな恋愛については「いいですね。今はないです。気になる人もいません」といい、仕事面では今年12月に石川県七尾市を皮切りに全国6ヶ所9公演のディナーショーを開催することになっており、「すごく楽しみ」等と語っていたのですが、これに対してネット上では、

  • 喜びのパワーをあげられるようにってすいぶんと偉そうだね。ヤク中だった人が何を言ってるんだか
  • 裁判で、介護の仕事に就くと言ったからこそ執行猶予がついたんでしょ?介護なんて一切してないなら、執行猶予取り消しでは?そもそも虚偽の発言だったんだから、それだけでも処罰対象だと。マスコミはどうして、その辺を本人に直撃しないのかな。
  • 『芸能界を引退し、介護の仕事をやりたい』とはいったい何だったのか…
  • あれだけ盛大にやらかしても何年かしたらこうやって復帰できる芸能界が心底不気味だ
  • もう中国・台湾にしか需要がありません。
  • ミュージシャンってイイね。クスリやっても普通に復帰出来て
  • 結局こうなるから芸能界全体が“甘い”という印象になって、だらしのない世界という印象になってしまう。結局こうなるんだよね・・・と思ってしまう。
  • こんなどうしようもない母親と父親を持った息子が不憫過ぎる

など、批判的なコメントが多く寄せられています。

酒井さんは2009年に覚せい剤取締法違反で逮捕され、2012年に執行猶予期間が終わったことから芸能活動を再開させ、テレビ番組の仕事はほとんどない状況であるものの、パチンコ営業やディナーショーで相当稼いでいるようで、10月に『女性自身』が報じていた記事によると、系列店を1日に3店舗、各店舗の滞在時間30分でギャラは300万円程度で、1店舗だけで滞在時間20分だと100万円程度と、他のタレントに比べて高いギャラに設定されており、ディナーショーの価格は2万円台とそれなりの価格設定となっているものの、ほぼ完売状態。

また、11月に『週刊文春』が報じていた記事によれば、酒井さんはアイドル全盛期の90年代初期にアジアに進出した先駆者で、今の酒井さんの人気を支えているのは中国や台湾のファンで、酒井さんのディナーショーに合わせて日本に来ており、3万5000円もするプレミア席を独占し、ある日本人のファンによると、ディナーショーにも関わらず席から立ち上り“のりピー”と大きな声で声援していたとのこと。

さらに、酒井さんは11月に福岡と中国・上海を結ぶフェリーでディナーショーを開催し、台湾メディアが報じていたところによると、ディナーショーを含む4泊5日のツアーはかなり高額であるものの、中国のファンが競って購入しているそうで、日本ではしれっと芸能活動を再開していることに対して批判的な声が多く寄せられているものの、中国や台湾ではまだ高い人気を誇っていることから安泰のようです。

関連記事

2件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名 より:
    ID:ODI4OTExNDM0

    黒いうさぎ歌うのか?

  2. 2
    つっこみくいーん より:
    ID:MzUzMzI2Mzkx

    底辺だ!底辺だ!

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について