瀧本美織がボーカルのバンド・LAGOON(ラグーン)のギター・RINOが脱退! 理由は方向性の違いも疑問の声

LAGOON RINO

女優の瀧本美織さん(23)が「MIORI」の名前でボーカルとして参加しているガールズバンド「LAGOON(ラグーン)」は、昨年11月にシングル「君の待つ世界」でソニー・ミュージックから華々しくデビューを果たしましたが、ギターを担当していたRINOさん(28)がバンドを脱退することを公式HPにて発表しました。

RINOさんは1児の母で、子育てをしながらメンバーとして活動してきたものの6月末でバンドを脱退するそうで、脱退理由について「目指すべき音楽性についてメンバーやスタッフと話し合った結果、方向性の違いにより別の道に進む結果となりました。」と綴り、今後については自分のペースで音楽活動をするとしています。

また、自身のブログではメンバー1人1人に感謝のコメントなどを綴っています。

これにネットでは、

  • ボーカルに女優を据えてる時点で音楽性も何もあったもんじゃない気がするんだけど
  • 『方向性の違い』。バンドの解散やメンバー脱退時の常套句ですなぁ。で、実際のところはどうなのよ
  • 目指す方向が違うとか言っても元々素人がオーディションで受かっただけで、音楽つづけるあてはプロではないでしょ。結局、育児との両立ができなかっただけなんじゃない
  • 方向性の違いというけど、このグループそんな長くやってるわけじゃないのに大きく方向性が変わるものかね?元々、合ってなかったんじゃないかね。
  • 子育てがあるから、他のメンバーのように自由に行かないのかもな

などのコメントがありました。

LAGOONは、ソニー・ミュージックレコーズが企画する「女性の夢を叶える応援プロジェクト」から誕生した5人組のガールズバンドで、「二足のわらじをはくガールズバンド」として結成し、デビューシングル『君の待つ世界』はアニメ『まじっく快斗1412』(日本テレビ系)のオープニングテーマとして使用され、5月には瀧本さんと元チャットモンチーの高橋久美子さん共同作詞による2ndシングル『KNOCKED-OUT BOY』をリリース。

LAGOON

そして、8月15、16日に千葉と大阪で同時開催されるロックフェスティバル「SUMMER SONIC 2015」の大阪公演への出演も決定し、更に12月6日には東京・西麻布の「EX THEATER ROPPONGI」にてワンマンライブの開催を予定しています。

結成からまだ1年も経っていないですし、サマソニへの出演やワンマンライブの開催決定など、まさにこれからという時に方向性の違いにより脱退するというのは違和感を抱きますね。

6月末での脱退とあまりにも急なので、実際には何かトラブルが発生したとかなのではないかと思うのですが、果たしてどうなのでしょうか…。

瀧本さんは先日、Kis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔さんとの熱愛が報じられ、今回ギターのRINOさんが脱退することが発表され、今後の活動がグダグダな感じになるような気がしてならないのですが、中途半端な活動で解散などとならないようにこれから4人で頑張ってほしいものですね。

関連記事

2件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    つっこみくいーん より:
    ID:MjA4OTk4Nzk4

    ママさんだから、脱退は仕方ない。

  2. 2
    匿名 より:
    ID:MjA5NzIzOTM4

    事実だとしても仕方のないことだと思う。
    よくある話しだし。
    ただ、美織ちゃんには女優として頑張って欲しいな。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について