元FUNKY MONKEY BABYS・モン吉の現在が判明! 地元・八王子でフリーター生活! 肉体・精神的に疲れたのが原因?

FUNKY MONKEY BABYS ファンモン モン吉

東京・八王子市出身の3人で2004年にグループを結成し、2006年にメジャーデビューを果たした3人組グループ「FUNKY MONKEY BABYS(ファンキー・モンキー・ベイビーズ)」(通称:ファンモン)は、『ちっぽけな勇気』、『ヒーロー』、『告白』、『あとひとつ』、『』など数多くのヒット曲を持ち、大晦日の『NHK紅白歌合戦』には2009年より4年連続出場を果たすなどしていましたが、2013年6月に東京ドームで行われた公演を最後に解散しました。

(↓の画像左からモン吉さん、DJケミカルさん、ファンキー加藤さん)
FUNKY MONKEY BABYS ファンモン

解散の理由は、音楽活動と並行して実家のお寺(八王子市川口町の法蓮寺)の副住職を務めていたメンバーのDJケミカルさん(本名:田野倉智文 33歳)が、住職になる準備をするために、グループから脱退すること及び音楽活動の引退をすることからで、大人気グループだったにも関わらず結成から約10年で解散となり、ファンからは悲しみの声が多数寄せられていました。

(↓の画像が、DJケミカルさんの写真)
ファンモンのDJケミカル

そして、グループ解散後間もなくしてボーカルのファンキー加藤さん(本名=加藤俊介 36歳)は、ブログにてソロ活動を宣言して同11月にソロツアーを開始、翌2014年2月にはソロデビューシングルをリリースし、現在までに3枚のシングルと1枚のアルバムをリリースしており、今年1月からは初の全国ホールツアーをスタートさせるなど精力的に活動しています。

また、DJケミカルさんは現在実家の寺を継ぐべく、修行に励んでいると言われています。

(↓の画像は、ファンキー加藤さんの写真)
ファンモンのファンキー加藤

その一方で、加藤さんと共にボーカルを務めていたモン吉さん(本名=塚本達 36歳)は、解散後に表立った活動はしておらず、現在は一体何をしているのか気になるところですが、週刊誌『女性自身』がモン吉さんの近況について報じており、同誌の記者が地元で取材を行ったところ「今も地元にいる」「コンビニでよく見かける」といった証言が続出したそうです。

そして、モン吉さんの知人にも取材を行っているのですが、ほとんど仕事をしておらず現在はフリーター状態だということを明かしています。

知人の1人が彼の近況について、こう明かす。
「あいつはねぇ……今、何もしてないですよ。フリーターみたいなものです(笑)」

(略)

夫婦を知る友人はこう語る。
「モンちゃんは、たしかにブラブラしていますね。5年前に結婚して、まだ子供はいません。たまにクラブDJをやって稼いでいましたが、それに一時期のことでした……」

前出の知人が続ける。
「モン吉はいつも『人が多くて欲にまみれた都会がイヤなんだ……』と言っていました。だからでしょう、解散後は奥さんと一緒に世界放浪の旅へ出ていましたね。元々、そういうヤツなんです。ファンモンで忙しくしていた彼のほうが、僕たちからすれば違和感があった。なので、今は“元に戻った”というほうがしっくりくるよ」

【引用元:女性自身

また、音楽関係者がFUNKY MONKEY BABYSの不仲説に言及すると共に、モン吉さんが解散後に活動をほとんどしていないのは、解散前までハードなスケジュールをこなしており、そうした生活に疲れてしまったのではないかと推測しています。

「モン吉の結婚式にはメンバー2人とも来ていて、楽しそうに盛り上がっていましたからね。不仲ということではないと思いますよ。それよりもファンモンが余りに売れすぎたことで、次から次へと曲作りを強いられるようになった。ひどいときには『3日に1曲作る』なんてことも。そうした消費される生活に疲れたのではないでしょうか

【引用元:女性自身

これにネットでは、

  • 印税で一生安泰というには弱いだろうなあ。スーパーフライくらいでもギリギリ無理じゃね?チャゲアスくらい世代を超えた知名度ないと厳しそう。
  • 売るためのコンテンツの整理はしてくれないのに曲を書くことだけ強要するレーベルに違和感を感じる。芸人の営業回りじゃないけど今は新曲発表&TV出演より、ライブで回り続ける方が稼げるって言うしな
  • 事実かどうか分からないけれど、3日に1曲の強要は流石にどうかと思うよ…心身共に大変だったと思うし、今はどうであれ、結婚して元気でいるなら良いと思えるし…今は一般人なんだし静かにそっとしてあげてほしいと心から願いますね…
  • セミリタイヤってやつでしょ。そういうのフリーターって言わんし。一生食っていける蓄えがあるのならそれはそれでいいんでない
  • もともとモン吉はそんなタイプで地元愛たっぷりなんだよな。都会より地元にいる方がいいって感じだからゆっくり生きればいいと思う。ケミカルはすっごい才能あるけど家つぐ真面目な奴だし、加藤はまぁうんあれだよね

などのコメントがありました。

ファンキー加藤さんのように表立った活動はしていないものの、何かしらの活動を行っているものと思っていたため、フリーター状態ということには少し驚いたのですが、FUNKY MONKEY BABYSで活動していた時代の収入がまだたっぷりと残っていると思いますし、同グループがリリースした楽曲による印税も入ってくるため、無理をして働く必要も無いのでしょう。

そして、収入があって生活には何ら問題が無いのであればやりたいことをやるべきで、無理に活動をする必要も無いのですが、またいつか以前の様に歌う姿を見せてほしいですね。

関連記事

1件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    つっこみくいーん より:
    ID:MzUzMzI2Mzkw

    ミュージシャンの浮き沈みも激しく、ファンキー加藤も今ひとつだが、モン吉の末路は虚しい…ケミカル住職が勝ち組に思えるわ。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について