重病説浮上の渡哲也が「急性心筋梗塞」で緊急入院・手術していたことが明らかに 現在は自宅でリハビリ生活

渡哲也が急性心筋梗塞発症

俳優の渡哲也さん(73)が急性心筋梗塞のため6月10日に緊急入院、手術し、現在リハビリ中であることが明らかとなりました。

これは17日に神奈川県横浜市鶴見区の総持寺で行われた石原裕次郎さん(享年52)の二十九回忌法要後、俳優の舘ひろしさん(65)が明かしたもので、渡さんは6月10日に胸の痛みなど体調不良を訴え、都内の病院で診察を受け心電図を撮ったところ、心筋梗塞が判明し入院

その後7月11日に退院し、後遺症はないものの現在は自宅にてリハビリを行っているとのことです。

16日に渡さんと電話にて話したという舘さんは、「調子が悪くて自分で病院に行ったそうです。ヘタしたら死に至る状況でした」と説明し、「昨日は『妻にいじめられながらリハビリしています』って笑ってました。入院が長かったので、足が弱っている。苦しかったらしい。痛みは強いようで…でも我慢していた。」と明かしています。

入院中の様子について神田正輝さん(64)は「入院してしばらくしてから聞いた。病院には誰も行っていない。本人は気丈にしていると聞いている」と語り、舘さんは「周りにご迷惑がかかるから行ってません。私が呼ばれるのは本当にまずい時か、本当に退屈しているかのどちらかですよ」、退屈しているか」と話していました。

渡さんはこの日行われた法要を欠席し、裕次郎さんの妻で石原プロモーション会長のまき子さんからは「渡哲也さんが、ちょっと体調を崩され、今は元気で静養されていますが、大事な大事な渡さんですので、ご静養いただいた」と説明があり、渡さんから舘さんに対して「今回、法要に出席できなかったことは申し訳ない。心から感謝の気持ちを伝えてほしい」との伝言があったとのことでした。

これにネットでは、

  • 団長も73歳か。心筋梗塞になってもおかしくはない歳だと思う。年齢が年齢だけに心配
  • この人もドラマでの立ち居振る舞いを見てると老いたな~って思う。無理はしないほうがいい。
  • また『マグロ』ができるくらい元気になって欲しい。
  • 昨年、高倉健さん、菅原文太さんが立て続けに亡くなられてしまった今、渡さんにはいつまでも元気で活躍して欲しい。
  • 渡さんは大腸がんの大病も患って、そちらは完治されていると思うが、役者さんはスケジュールなども大変でしょうから心筋梗塞もしっかり休養されて、完治されることを願います。

などのコメントがありました。

渡さんの体調があまり良くないのではないかという噂は以前より囁かれており、毎年年始に開催されていた石原プロダクションの新年会が昨年に引き続き未開催となり、渡さんはここ最近表舞台に姿を現す機会が減り、昨年出演した映画・ドラマは0本、更に石原裕次郎記念館が協賛している事業で、毎年欠かさずに出席していた日刊スポーツ映画大賞を欠席していたこと、『西部警察』の最新作の撮影が延期されたまま続報が入ってこないため、週刊誌『女性セブン』(5月14・21日号)によって重病説が囁かれていると報じられました。

同誌は渡さんの自宅周辺を取材したところ、近隣住民たちが口を揃えて「ここ最近、一切姿を見ない」と答え、その中で「半年くらい前かな、リフォーム業者が出入りしていて、自宅を全部バリアフリーに改修したそうです。段差とかをすべてなくしたというから、もしかして渡さん、車椅子生活なのかな?」という証言があったとしていました。

また芸能関係者も、4月中旬に行われたゴルフコンペに渡さんだけが欠席しており、肺の機能が低下していると聞きましたと明かしています。

こうした報道があった後に急性心筋梗塞を発症していたことが明らかとなり、渡さんの身体の状態が心配でならないですね。

幸いにも後遺症がないとのことですが、再び俳優活動をすることは出来るのでしょうか…。

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について