辛坊治郎が来年で引退表明! 理由はヨットで太平洋横断に再挑戦? 政界進出? 前回の遭難事故でネットでは批判殺到

辛坊治郎

元日本テレビ系読売テレビの報道局解説委員長で、ニュースキャスターの辛坊治郎さん(59)が23日に、著書『ニュースで伝えられないこの国の正体』の発売記念サイン会を開催したのですが、報道陣の取材に応じ、2013年6月に遭難事故により途中で断念したヨットでの太平洋横断に再挑戦するため、還暦を迎える来年春をメドに引退することを表明しました。

辛坊さんは取材で「(読売テレビ時代の)同期が来年還暦で、なだれ打って定年退職します。私も定年の歳までは働こうと思い、ありがたく働かせていただきましたが、そろそろ引退かな」と切り出し、その理由については「どうしたってもう1回、太平洋横断をやらないと、自分の人生の中でつじつまが合わない」と説明。

しかし、前回の挑戦で海難事故に遭い救助を要請し、自衛隊によって救出されるという大きな騒動になったことを踏まえ、「あれだけ迷惑をおかけしたし、もう一回、同じことになってしまったら、番組やってると迷惑がかかる。私はいいけど(周囲まで)叩かれるのは気の毒だし、いろんなことに終止符を打たないといけない」と語っています。

引退の時期については、来年4月に60歳の誕生日を迎え、そのタイミングで引退をした場合に「夏の参院選に出る」と世間を騒がせてしまうことから、そのほとぼりが冷めてからというものの、「太平洋横断は春しかない。4月、5月。となると再来年の春(を目指すのが)ひとつのタイミングです」と真顔で語っていたとのことです。

そして、これに対してネット上で反応を見てみると、

  • 自分に甘く、他人には超厳しい自己責任男。今度は単独、自己責任でどうぞ。
  • 再挑戦は個人の自由だけど、前回使われた救助のための税金をチャンと精算してからにして下さい。委員会はよく見るけど、それとこれとは別でしょう。
  • 又救助騒ぎになる可能性が高いでしょな。自己資金で賄うならどうぞ。
  • とはいえ本当に太平洋横断に再挑戦するときは読売テレビ丸抱えになるんだろ。今度こそは『24時間テレビ』で流すのか?
  • 夢に向かうというのは大切だけど、前回の事もあるのですから、止めるべきじゃないのか
  • 番組やってなくても迷惑でしょうが。 自衛隊の命がけの救援で命を拾われ、申し訳ないという気持ちがあるなら、引退するにしても大人しく隠居生活をおくればいいのに
  • 帰ってきたらどうせ大阪維新から出馬だろうから、今のうちにやっておきたいことすましとくんだろ
  • 訓練も受けずに挑戦するなよ。本気でやるつもりなら引退してから最低1年はしっかり訓練して挑戦しろよ
  • 引退の本当の理由は選挙だろw 大阪維新のマスゴミ部門担当フィクサーだもんな

などのコメントが寄せられています。

太平洋横断のため来年にも引退をすると表明した辛坊さんですが、2013年6月に、視覚障害があるブラインドセーラーの岩本光弘さんと辛坊さんの2人は『「ブラインドセーリング」プロジェクト』で太平洋横断に挑戦したものの、港を出港してから13日後にマッコウクジラとみられる生物と接触し、船内に海水が浸水してしまうというトラブルが発生。

その後通報して自衛隊も出動するほどの大きな騒動に発展しており、『週刊文春』が報じていた記事によると、この救助のために4000万円の税金が消えたとのこと。

辛坊さんは9年前に、イラクで人質となったボランティア活動家の高遠菜穂子さん等に対し、自己責任論を持ち出して痛烈に批判していたことから、辛坊さんには批判が殺到しネット上は炎上状態となっていました。

辛坊治郎ヨット遭難事件ニュースのキャプチャ

辛坊治郎ヨット遭難事件救出

辛坊治郎がヨット遭難事件を涙の謝罪

こうしたことがあるため、いくら引退した後だとしても素人の辛坊さんが太平洋横断に挑戦するというのは辞めるべきだと思うのですが、噂されている政界進出前にどうしても成功させたいのでしょうかね…。

1件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名 より:
    ID:ODI4OTA2NTIw

    税金分国に返納してからやれ!権威に弱腰キャスターの嘘つき腰抜けおとこおんなオカマ野郎。自己責任で自前で全額金用意してやれ!スポンサーの財布でやるなよインポ野郎。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について