藤原紀香が梨園の妻の悩み告白も批判殺到! 片岡愛之助と結婚し裏方アピールも「嫌味っぽい」などバッシングの嵐

藤原紀香

14日に東京・六本木ヒルズで行われた「けやき坂 Galaxyイルミネーション」点灯式に登場した女優・藤原紀香さん(45)は、歌舞伎俳優・片岡愛之助さん(44)との結婚生活について語ったほか、今年のクリスマスは愛之助さんの仕事に同行することを明かし、幸せオーラを振り撒いていたなどと各メディアによって報じられていたのですが、15日放送の情報・バラエティ番組『PON!』にVTR出演し、梨園の妻になってからの悩みを明かしました。

イベント終了後に藤原さんを直撃した番組リポーターのお笑いコンビ『コーヒールンバ』の2人は、最近の悩みについて質問。

藤原さんは少し考えた後に「ある!」と目を見開き、愛之助さんの公演に同行した際の悩みを話し始め、「最近、劇場に(裏方として)立っているでしょ。表方として立っていないから、こういうところ(街中)で『写真を撮ってください』と声かけられると『いいですよ』って(一緒に)写真撮るじゃないですか。それが劇場内では(裏方だから)できない。皆さんから『写真撮ってください』とか『握手してください』って言われるんですけど、『ごめんなさい、きょう裏方なんで』って何百回と言うわけ」と、握手や写真撮影を断っていることを告白。

それに対して、お客さんは「分かりました」と言ってはくれるものの、残念そうに帰る顔を見ると心の中で「本当にごめんなさい」と毎回思っていると明かしました。

しかし、「やっぱり裏方は裏方としてやりたいから、本当にそこだけはごめんなさい、ご理解ください。これすっごい言いたかったの!」「街中で声をかけてくださるのは全然かまいませんから」と、ファンに理解を求めていたのですが、これに対してネット上では、

  • 『私ってすごく人気だから握手とか求められて大変なの~』っていいたいんやろ?(笑)
  • そういうのが、出しゃばってるって事じゃないの?結局、自分が表に出てるし。裏方なら裏方を通した方がいい。
  • 放送を見ていましたが、やたら裏方裏方という言葉を連呼していた気がして凄く嫌な感じでした。完全にこれは裏方のお仕事!って区別している感じがして、つくづく可愛そうな人だなぁ~と思った。
  • 結局目立ちたい感ありありコメント
  • 藤原紀香は好感度を上げたいが為に、自分では良い人キャンペーンを遣ってるつもりだろうが、逆に好感度は下落するだけだろうな…。
  • なんかこの人が言うとムカつく。嫌味っぽい
  • 裏方に徹するのなら藤原紀香として表に出ない方が良いのでは。飽くまでも自分も花でいたいと言う気持ちが滲み出ている。裏方ならインタビューなんか受けるなと思う。
  • 人気があるけど、握手も写真も断って梨園の妻に徹する健気な私って言いたいんでしょ?健気に裏方に徹する覚悟が有るなら、こういう発言もしないけどね。

など、批判的なコメントが殺到しています。

藤原さんは10月3日に、東京・新橋演舞場で行われた愛之助さん主演の舞台『十月花形歌舞伎 GOEMON』の初日公演で初めて劇場ロビーに立ち、梨園の妻としてデビューを果たしており、スポーツ紙などが報じていた記事によれば、観客が藤原さんめがけて殺到し、握手を求めたりスマホで撮影したりで一時は大混乱状態になっていたといい、劇場の関係者10人以上が会場の警備を行うなど、大パニック状態だったそうです。

<↓の画像が、劇場ロビーで観客に囲まれる藤原紀香さんの写真>
梨園の妻デビューを果たした藤原紀香が劇場ロビーで観客に囲まれている写真

そうしたことがあったため、今回テレビ番組で観客に訴えたようですが、藤原さんは裏方に徹しようとしていると口では言うものの、愛之助さんと結婚後も表舞台に堂々と出てきてこれまで通り女優として振る舞っており、愛之助さんのことを陰で支えていこうとしているようには全く見えないため、多くの批判が寄せられてしまうのでしょうね。

<↓の画像は、14日に行われたイルミネーション点灯式に登場した藤原紀香さんの写真>
六本木ヒルズクリスマスイルミネーション点灯式に登場した藤原紀香

藤原さんは3月に行った結婚会見で、「今後、(女優の)仕事は続けますが最優先順位は、彼の健康面、歌舞伎の仕事のサポートです」と、女優としての活動を続けていくことを宣言していたのですが、それではいつになっても状況は変わらず、梨園からも世間からもあまり良いようには見られないことから、しばらくは仕事をストップして裏方に徹した方がいいのではないでしょうか。

関連記事

1件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名 より:
    ID:MzY3NTg0NjE3

    別にのりか悪くないと思うけど。いちいち記事にしすぎ

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について