紗栄子の彼氏でゾゾタウン運営会社の前澤友作社長が約62億円のバスキアの絵画購入!(画像あり) 熊本地震の義援金額と比較する声も

前澤友作

モデル・タレントの紗栄子さん(29)との真剣交際で一躍注目を集めたファッション通販サイト『ZOZOTOWN』を運営する『株式会社スタートトゥデイ』の創業者で、代表取締役社長・前澤友作さん(40)が10日、約62億円で絵画を落札したことが明らかとなり大きな話題になっています。

前澤さんは、現代芸術に関する知識と教養の向上を図るため、現代アートの普及活動、若手アーティストの技術向上などのために公益財団法人『現代芸術振興財団』を2012年に設立し、この団体の会長を務めています。

10日にアメリカ・ニューヨークでオークション大手クリスティーズが開催した現代美術のオークションで『現代芸術振興財団』は、アメリカの画家ジャン=ミシェル・バスキアさんが自身を角の生えた悪魔の顔として描いた絵画「無題(Untitled )」(1982年作)を5,728万5,000ドル(日本円で約62億円)で落札。

バスキアの作品としては史上最高額で、落札予想額は約4000万ドルだったそうです。

<↓の画像が、前澤さんが落札したバスキアの作品>
前澤友作が落札したバスキアの作品

前澤友作社長とバスキアの絵

また、今回のオークションでバスキア以外にも、ブルース・ナウマンの作品(落札額約1.8億円)、アレクサンダー・カルダーの作品(約6.3億円)、リチャード・プリンスの作品(約10.6億円)、ジェフ・クーンズの作品(約7.5億円)の計4作品を約2,400万ドル(約26億4,000万円)で落札しており、今回約89億円を使ったとのこと。

バスキアは、アンディー・ウォーホルやキース・ヘリングと並び、アメリカ美術を代表するアーティストとして有名で、1980年代のNYのアートシーンを席巻した天才画家。

「グラフィティ」と呼ばれるスプレーペインティングが評価され、ストリートアーティストから時代の寵児になったものの、ヘロインなどの薬物依存症に陥ってしまい、薬物の過剰摂取によって1988年に27歳の若さで亡くなっています。

ちなみに、ユニクロなどのファッションブランドが過去に、バスキアの作品とのコラボアイテムを発表しています。

前澤さんは、バスキアの他に、アンディー・ウォーホル、ドナルドジャッド、ロイ・リキテンスタインなどの作品も多数所有しているのですが、今後数年の間に故郷の千葉県千葉市内にプライベートの美術館設立を予定で、そのために約10年前から作品集めを行っており、今回もバスキアの作品などをその美術館に所蔵する目的で購入。

そして、前澤さんはバスキア作品購入にあたって、「82年当時、22歳だった彼の思いや技法が詰め込まれたこの作品に、クリスティーズのプレビュー会場で出会った時、全身に鳥肌が立ちました。作品のコンディションや投資を念頭に置いたリセールバリューうんぬんではなく、彼のカルチャーや生き様を理解して、後世にこの作品を受け継いでいくという重要な責任があると思っています。この作品は1985年に行われたバスキア初の日本での展覧会で展示されたこともあり、日本にとって歴史的な意味を持つ作品です。このような素晴らしい作品に出会えたことを心からうれしく、また誇らしく思います」とコメントしています。

90億円近いお金を絵画に投資した前澤さんは、世界有数の経済誌『フォーブス』が発表の保有資産10億ドル以上の世界長者番付で2012年は日本で21位、世界で1075位、2013年は日本で42位、2014年は日本で22位、2015年は日本で23位、今年は日本で15位(1810億円)にランクインし、総資産2400億円を保有していると紹介されています。

これに対してネット上で反応を見てみると、

  • 宣伝も含めてんだろうけど、熊本にもっと出した方が宣伝なったのに。
  • 62億で絵が買えるのに、熊本と大分に1000万円ずつの寄付って少なすぎないか?
  • 社員にもっと還元してあげればいいのにと思ってしまう。自分がゾゾタウンの社員ならむっちゃむかつくわ
  • 社員に還元してあげるか熊本に寄付した方が、評価されると思うけど
  • こんな落書きみたいな絵が62億円かよ・・・自分なら6200円でも買わないな
  • zozoの上の方の人だけがウハウハなんだろなー

などのコメントが寄せられていました。

こういった芸術作品の良さが全く分からない、理解できないものとしては、子供の落書きのような絵に60億円以上ものお金を出すことが信じられないのですが、分かる人たちにとってはそれほどの価値がある作品なのでしょうね。

前澤さんはこの他にも多数の芸術作品を所有しているとのことなのですが、個人所蔵の作品の中から、数億円はすると言われているロバート・インディアナさんによる彫刻作品を西千葉にある公共の場に寄贈するなど、より多くの方たちに真の芸術に触れてもらいたいという理由でこのようなことを行っているそうです。

<↓の画像が、前澤さんが寄贈した作品>
ロバート・インディアナのLOVE

素晴らしいことだとは思うものの、この額を出すのであれば他の事に使ったほうが…と個人的には思ってしまうのですが、今後もその行動力と財力を活かして積極的に活動していってほしいですね。

関連記事

2件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名 より:
    ID:MzY3NTg0NjE3

    ひげとサル顔まじむり。品性なさそーな顔。

  2. 2
    匿名 より:
    ID:MjQwZjowMD

    パナマ文書に絶対載ってる
    国税局早く家宅捜索してよ

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について