ガン発症で闘病中の大橋巨泉が緊急入院し集中治療室に…『徹子の部屋』出演時には激ヤセした姿を披露し視聴者に衝撃与える。画像あり

大橋巨泉

人気テレビ番組の司会者などとして活躍していたタレントで、元国会議員の大橋巨泉さん(82)が4月より東京都内の病院に入院し、5月下旬からは集中治療室に入っていることが明らかとなりました。

これは所属事務所の関係者が明らかにしたもので、意識はハッキリした状態であるものの、体重は43キロにまで落ちてしまっているといいます。

『スポーツ報知』によると、3月下旬に体力が低下したことから一時入院、4月5日に退院して自宅療養を行っていたものの、処方された痛み止めの薬の使用法が合わなかったことから同11日に再入院。

その際に一時的に意識を失い、それ以降は歩行もままならない状態になってしまったそうで、関係者は「年齢のこともあるので、大事を取って5月の終わりからは集中治療室に入っている」と話し、今はほとんど寝ていて、起き上がることもままならない状態にあると説明しているそうです。

また、巨泉さんは1994年から週刊誌『週刊現代』で連載し、4月4日から休載となっていたコラム「今週の遺言」を27日の発売号で最終回とすることを発表。

これで最終回とするにあたり、妻の寿々子さん、弟で所属事務所『オーケーエンタープライズ』の社長・大橋哲也さんとともに、5月初めから執筆に取り組んできたそうなのですが、最終回とすることを決断した理由については、「今のボクにはこれ以上の体力も気力もありません」と説明し、「書きたい事や言いたい事は山ほどあるのだが、許して下さい。しかしこのままでは死んでも死にきれない」と無念もにじませているとのことです。

同コラムは今回で344回、1994年より執筆を始めた「内遊外歓」を合わせて930回を数え、「最後の遺言」と位置付けた最後のコラムは、「何時(いつ)まで生きられるかわからない。休載のお詫びとこれまでのお礼、そしてボクの病状を記します」という見出しで深刻な病状や覚悟を綴っており、休載していた期間に緊急入院し、退院後の在宅介護で投与されたモルヒネ系の鎮痛剤よって急激な体調の悪化があり、「たった5日間で意識も薄れ、歩行もままならぬ体になった」と告白し、その後緊急入院をして救命処置を受けたことなどを明かしています。

巨泉さんとガンとの闘いは10年以上にもわたり、2005年に胃ガンが判明して手術を受け、その後2013年11月に中咽頭ガンを患っていることが明らかとなり、進行度についてはステージ4aと診断されたことを明かしています。

その後摘出手術を行ったものの、2014年11月には肺と食道の間にある縦隔(じゅうかく)のリンパ節に腫瘍が見つかり、放射線治療を受け、昨年5月には肺ガンの手術を受けて、右肺の約3分の1を摘出しています。

また、その後も同10月にリンパ節に発見された腫瘍の除去手術を受け、同11月には腸閉塞により入院し、開腹手術を受けています。

そして、今回の報道に対してネット上では、

  • 日本でも尊厳死を認めるようにしてほしい。ある程度の年齢になり、健康上の問題も多くなると余計そう思うようになるだろう。
  • 悲しすぎる。あれだけ何でも大きかった人が…年齢や病気とはいえ、悲しい…
  • 『徹子の部屋』に大橋巨泉と永六輔が出たときにかなり衰えてて気の毒に思ったけど、今はもっと酷いんだろうなぁ。
  • 集中治療室は、年齢のことも考え 大事をとって・・という理由で入れるところではないと思います。やはりそれ相応の治療が必要な状態であると考えるのが妥当。
  • かなり厳しい状態だということだな。まあ、ここまで良く頑張って耐えて来たと思うよ。正直、見るのも辛くなるので、楽に、本当に楽にして貰いたいですね。

などのコメントが寄せられています。

巨泉さんは2月4日放送の『徹子の部屋』(テレビ朝日系)に、ラジオ番組のパーソナリティーで放送作家・タレントの永六輔さん(83)とともにゲスト出演した際にも、あまりにも激ヤセして別人のような姿になっていたことから、視聴者に大きな衝撃を与え、ネット上でも大きな話題になっていたのですが、以前は80キロあった体重がこの時点で50キロまでに落ちてしまったいといい、それからさらに痩せてしまっているということは相当辛いでしょうね…。

<↓の画像は、2月4日放送の『徹子の部屋』に出演した永六輔さんと大橋巨泉さんの写真>
『徹子の部屋』出演時の永六輔と大橋巨泉

ガンの手術等によって激ヤセした大橋巨泉

<↓の画像は、2014年4月に、妻の寿々子さんとともに『徹子の部屋』に出演した際の写真>
2014年4月に妻・寿々子と共に『徹子の部屋』に出演した際の大橋巨泉の写真

<↓の画像は、2015年11月に、次女でジャズボーカリストの豊田チカさんと『徹子の部屋』に出演した際の写真>
2015年11月に、次女でジャズボーカリストの豊田チカと『徹子の部屋』に出演した際の大橋巨泉の写真

巨泉さんはここ数年で様々な病気を発症してきたものの、その後仕事に復帰し、元気そうな様子を見せてきましたが、今年2月に見せた姿は明らかに以前とは変わってしまっており、現在は意識ははっきりとしているものの、集中治療室に入っているとのことから厳しい状態なのでしょう。

ちなみに、今年1月に週刊誌『週刊ポスト』が報じていた記事では、オーストラリアに構えていた自宅を手放し、周囲には「がんとの戦いはもう終わり!」と宣言したといい、弟の哲也さんが同誌の取材に対して「本人はもう打つ手がないから“終わり”といっているのです。これ以上の手術は体力がもたない。放射線治療も3回やって、これ以上やると体が焼け焦げてしまう。オーストラリアの家を手放したのも“終活”の一環です」と話していました。

しかし、治療を制限して以降は回復傾向にあるといい、医師から許可が下りたため今後ニュージーランドに行く予定で、「向こうは夏なので散歩できるよ」と話しているとのことだったのですが、また海外に行くような体力も残っていないようで非常に残念ですね…。

これから急激に回復する可能性は低いかと思うのですが、最後まで諦めることなく、闘病を頑張ってほしいと思います。

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について